2010年06月23日

雨にぬれて咲くカモミール

2010 015

日本ではカモミール、スペイン語ではマンサニージャと呼ばれハチミツ又は砂糖を加へ、フェレイローラ村ではハーブティとして日常的に飲まれています。もともとコーヒーも紅茶もなかった昔、ヨーロッパの人々は良くハーブティを飲んでいたのです。カモミールは乾燥した6月に咲き、フェレイローラ村でも逆さまに吊るし、乾燥させハーブティにしています。消炎効果があるといわれ、風邪気味なときや眠れないときなどは良く飲まれます。今、我が家でもカモミールが咲いていますが梅雨どき、なかなかスペインのように乾燥させることは難しい、やはり地中海性気候のようなところが似合う植物のようです。でも、なんとかハーブティとして飲みたいですね。
Click:ようやく赤シソが売られるようになりました。早速6束買ってきました。今日は森さんと一緒に塩漬けされた梅のなかに加える作業をします。たぶんあの梅干色に綺麗に発色することでしょう、楽しみです。

tsurezure_nikki at 07:26│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔