2013年02月25日

暖炉での定番食材、アーキチョークとは?

P1050504

暖炉料理の定番にアーキチョークがあります。なんとも珍しい野菜ですが、辞書を引くと鬼アザミとなっています。確かにアザミの蕾のような形もしていますし、葉はまったく同じです。日本では芯のところを缶詰にしたものが売られていますが、あまり一般的ではありません。食べ方は暖炉で外側が真っ黒になるまで焼くと中側は蒸し焼きになります。花弁の一枚一枚をオリーブ油と塩をつけて、歯でしごくように食べるのです。少し青臭さとアクがありますが、その旨さは格別です。いつか日本でも食べられるようになると思いますが、要は値段です。2キロで3ユーロ、ほぼ400円弱です。だれか日本でも栽培すると良いのですが…。
Click:昨日もドイツ人夫婦の友人にご招待をうけました。奥さんはドイツのテレビ局で働いていましたが、今はプロダクションを立ち上げています。旦那さんは石油プランントの技術者として働いていましたが、いまはほとんどリタイアしています。地中海沿岸にも別荘を持ち、優雅な生活を送っています。さて、お呼ばれのメインディシュはやはり羊肉のお料理、美味しかったのですが、ダイエットはかなり遠のいてしまいました。2日続けての大食の結果はさて、何キロ体重が増えたのでしょうか?

tsurezure_nikki at 14:49│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔