2013年08月27日

柑橘類の女王様はやはりレモン。

P1060123

毎年、沢山のレモンが結実します。これも4年前、70年生の巨大な杉の木を数十本も伐採し、陽射しが一日中当たるようになったおかげです。それと鶏糞2袋に牡蠣殻石灰1袋を毎年、隣に生えている金柑と共に与えています。それだけで百個以上のレモンが収穫できるのです、やはり何事も手当てが重要ですよね。今年の冬は蜂蜜漬けや塩漬けなどの保存食を作ってみようと考えています。
Click:ようやく昨夜はじっくりと安眠、涼しい一日でした、秋はすぐそこにきているのですね。
問題は暖炉、スペインでは簡単にできたのですが、煉瓦が違うことが設置を難しくしています。麩菓子のように軽い煉瓦と耐火煉瓦や板と組み合わせてスペインでは作るのですが、日本は材木を組み合わせて家を作る国、材料が違いすぎます。耐火煉瓦だけで作るとなると、重くてモルタルだけでは屋根部分ができません。風の道さんのアドバイスのもと、L字鉄骨を組み合わせて作ることになりました。こんな苦労をしても暖炉はどうしても必要なのです、暖炉料理のために。

tsurezure_nikki at 07:24│Comments(2)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by mayolica   2013年08月27日 09:47
あこがれのレモンです。
自分の庭にこんなに美しく実ったらどんなにうれしいことでしょう!

暖炉料理いいですね。
なんとか暖炉計画を実現させてください。
2. Posted by イシイタカシ   2013年08月27日 15:02
Sra Mayolica
基本的にレモンの木はとても強いのです。柑橘類の接木の台木になるほどです。館山はうってつけの風土、かならずや結実すると思います。ただハダニには困っていますがそんなものです、ぜひ植えてみてください。
暖炉には手を焼いています。まあ、気長に取り組みます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔