2013年11月22日

個展オープン前の画廊。

P1060348

オープニング以来、天気が良くお客さまが続いています。先日、旭出版から「野菜のごちそう」を出版した宮本シバニさんと旦那さんで翻訳家の貞雄さんがわざわざ信濃蓼科から車でいらっしゃいました。もう、かの地では雪が降り、気温はマイナスだといっていました。おふたりはベジタリアン、ご本もベジタリアンのレシピーですが、インターネットの販売では第一位、ベストセラー入りを果たそうとしています。そんなおふた方が表参道にある中華のお店を紹介してくださいました。勿論、すべてベジタリアンフード、驚くほど美味しい料理でした。これなら私も食べ続けられると思いましたが、やはり無理かな、羊肉は大好きだし…、でもベジタリアン料理の内容に充分納得したディナーでした。
Click:友、遠方より至る、まさしくそんな感覚で多くの友人、知人がいらしてくださっています、嬉しいものですね。近況報告をしながらお互いが健康であることを確認し、楽しい会話が続きます。ニューヨーク近代美術館でも個展をされている大学の同級生、熊井恭子さんも来訪、宮本シバニさんと初めてお会いしながら会話がはずんでいました。「五千年以来続いている男と女の立場が逆転しそうですね」などと奥深いことを次々と話されていました。半世紀ぶりにお会いしましたが、相変わらずの名言を投げかけてきました。こんな出会いも個展がもたらしているのです。

tsurezure_nikki at 07:24│Comments(2)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by mayolica   2013年11月22日 09:00
連日お疲れ様です。
個展は本当に懐かしい顔ぶれあり、新しい出会いありで楽しい交流の場ですね。
この先もお体に気を付けて頑張ってくださいね!
2. Posted by イシイタカシ   2013年11月23日 08:04
Sra Mayolica
ようやくこの日あたりから疲れが取れ始めました。といっても少しは緊張します。ホテル近くの居酒屋でシャケッコとクールダウン、お風呂にゆっくりとつかってリカバリーしています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔