2014年01月24日

正面のドアが完成。

P1060541 (2)

なんともワイルドなドアですが、すべて風の道さんの手作りです。最初は西部劇に出てくるような鎧戸を手押しで入るなどと話していましたが、日本の夏は蚊や蝿、下手をすればスズメバチまで侵入してきますのでこの案は却下、無難な観音開きになりました。この家は元々廃屋期間が30年ほど、どこも傾いでいて直角というところがありません。まあ、どうにか大工さんが水平を保つようにジャッキアップして柱を入れ修正したのですが、柱が垂直ではありません、そこを騙しながら作る技はなかなかのものです。風の道さんは5月から作業開始、充分、家の性格を熟知しているので納得しながら作業してくださいます。雰囲気のある姿に変身してきます。
Click:なんだか男の隠れ家、秘密基地的な味わいがでてきました。面白いものですね、そんなつもりでリノベーションしていたわけではないのですが、結果的にそうなってくるのです。良いところは生活感の無さですか、もともとご当人も漂泊者、そんな姿が家自体に反映されているようです、自分でも納得のスタジオ宇宙号は完成間近かです、いつ飛びだすか、まあ、もうちょいです。

tsurezure_nikki at 08:38│Comments(3)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 風の道   2014年01月25日 21:35
こんばんは〜月曜日参上いたします!
2. Posted by mayolica   2014年01月26日 06:57
素敵なドアですね。
あのスタジオの雰囲気にピッタリです!
オープンエアもよかったけれど、冬は寒いし夏は虫が入るしで確かに大変ですよね。
3. Posted by イシイタカシ   2014年01月26日 08:44
Sr Kazenomichi
了解しました。月曜日は片桐先生の家に行き、二段ベッドをもってくることになっています、ご協力お願いします。
Sra Mayolica
開け放たれているのは大好きだったのですが、台風のときを経験し、塞ぐことにしました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔