取引機能で比較

つれづれウォーク

気になったニュース全般を気ままに紹介するブログです。 ニュース全般を扱いますが、交通関係ネタは個人的な趣味なので特に力を入れています。

私鉄

ICカードの運賃1円刻み導入より運賃改定の説明が大変

ブログネタ
.気になったニュース43 に参加中!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130502-00000086-jij-bus_all
このニュースについて見解。
まず、利用者は運賃が10円刻みということを
知っているのか怪しい。
小児運賃は大人の半額ですがJRの場合は端数切り捨て
私鉄の場合は端数繰り入れとしています。


これまで運賃は全て10円刻みで行われて来ました。
おそらく、システム的に1円単位の金額は
扱えないようになっているのではないかと
考えられます。


しかし、交通系ICカードは券売機等のシステムとは
別になっているはずです。
また、電子マネーとしての利用ができるため
1円単位までの扱いが可能です。


こういう理由もあって、運賃が1円単位で扱われる
という結論に至ったのでしょう。

どのような運賃になるかはこの段階ではわかりません。
しかし、ICカードの運賃が券売機運賃より高くなることは
ないでしょう。


そもそもICカードの導入目的は何でしょうか?
改札の通過をスムーズにすることは当然ですが、
磁気券による切符の製造コスト削減も含まれている
と考えられます。


ICカードの利用者が増えれば磁気券の発行数も減って
コスト削減に一役買うのです。
これを利用者に還元しないはずがないでしょう。
ICカード利用者には数円の還元がもたらされることに
なるのではないでしょうか。


運賃に格差が出るという見方ではなく、正規運賃が
割引されるとすれば何ら問題はないでしょう。
ただ、長距離利用となればICカードではなく
磁気券による切符しか出せなくなるので割引恩恵は
受けられなくなります。


この件は、ICカードの運賃が高いとなれば問題ですが
ICカードが安いとなれば、受け入れられるでしょう。
二重運賃と騒ぐ人はそういないと思います。
利用者は損得しか気にしませんよ。
増税による運賃改定の説明が大変だと思います。

神戸三宮へ改名|阪神と阪急の区別は

ブログネタ
.気になったニュース29 に参加中!
神戸の中心である三宮。
三宮が中心ということは知りませんでした。

JRの特急スーパーはくとが神戸を通過して
三ノ宮に停車しているので三宮のほうが中心と
見ることはできます。

本題前に、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ←1クリックが励みになります!
にほんブログ村

その三宮には数々の私鉄が乗り入れています。

関西圏の大手私鉄阪急電鉄と阪神電鉄です。

今現在、両社は阪急阪神ホールディングスの傘下
なのでひとつの会社と見ることもできます。

阪急と阪神は三宮駅を神戸三宮駅に改名すると
発表しました。

狙いは、神戸の中心地アピールだそうです。

しかし、少々疑問があります。

山陽電鉄では普通列車が阪神三宮と阪急三宮
両方の行き先の列車があります。

今は、阪急と阪神をつけて区別していますが
同じ駅名になったらどちらに行くか分からなく
なります。

当然、阪急や阪神だけの問題でなく山陽電鉄や
神戸高速鉄道も絡む話ですから折り合いはついている
と考えられますが。

分岐する高速神戸から三宮までは、
阪急方面は途中駅が花隈
阪神方面は途中駅が西元町、元町です。

三宮までの駅が異なっているので、これらの駅に
行くにはどの列車に乗るかが見極めのポイントに
なってくるでしょう。

高速神戸を発車する列車は、梅田行きがあり、
こちらも阪神梅田と阪急梅田がありますがこちらは
車両を見ればとりあえずわかります。

しかし、山陽は同じ車両を使っているので行き先以外
見分けは無理でしょう。

駅の案内をしっかり聞けばいいだけの話ですが。

どうなるか注目したいと思います。

ほこたて近鉄対決が結構熱戦で面白かった

ブログネタ
フジテレビ に参加中!
マニア対決シリーズ。

今回は近畿日本鉄道こと近鉄です。

対決はクイズの出し合い。

正直、近鉄マニアが凄すぎです。

社員も本気で来ていますね。

正直この対決はめちゃくちゃ見ていて
面白かったです。

観光を絡めた問題を社員が出してきたのは
意外なところを突いて来ました。

車両や駅には詳しくても周辺施設の観光には
疎い面がありますからね。

この問題にはアニア集団は自信なさげ。

でも、当ててしまうあたりすごい。

3問目まで互角。

正直社員も容赦ない問題出してきますね。

そして4問目でマニア軍団が間違える。

そして、社員のストレート勝ち。

今回の社員は強かった。

非公開情報とか出せば簡単に勝てるだろうけど

幅広い知識で勝負してきたという感じでした。

だから、マニア集団も社員も本当にいい勝負を
していたと思います。

地下鉄・バスの24時間運行に断固反対

ブログネタ
地下鉄・バスの24時間運行、賛成ですか? に参加中!
私は東京都民ではありませんが、公共交通機関
の話は興味深いものがあるので言及します。
都バス及び地下鉄の24時間運行には断固反対です。
理由は、採算性が期待できないところです。
利用者にしてみれば24時間動くということは
便利そうに見えるでしょうけど、それによって
働く人が必ずいます。
働く人には給料が支払われますし、深夜なら
深夜の手当だってつくでしょう。
人件費が膨大になります。
それに、深夜利用者がどれだけいるかです。
年始の初詣客を運ぶ終夜運転なら利用者も
多いですから採算は取れるかもしれませんが
毎日やったらどうでしょうか。
採算性は期待できません。
また、鉄道の安全性とは日頃の安全点検が
あってはじめて成り立つものです。
それを行うのが深夜です。
その安全性をないがしろにして深夜運転する
というのはお話になりません。
東京メトロは民営化していますが、都営バスや
都営地下鉄は東京都が管理する公共交通機関です。
もし赤字が出るようなことがあれば、税金から
赤字分の補填という話になるでしょう。
これに都民が納得するかと言う話です。
公共交通機関は基本的に複数の集合体で構成される
ものです。
特定区間だけが深夜も動いていたとしても成り立ちません。
都バスは渋谷~六本木の運用を計画しているようですが
渋谷から先はどうする?六本木から先はどうする?
そうなります。
自宅と職場が24時間運行している路線だけでよい人は
別ですが、全体から見たら微々たる数でしょう。
結局はタクシーを使うことになります。
多少タクシー代を浮かせることはできるかもしれませんが。
最後に、
今回の24時間運行はオリンピックの招致が絡んでいる点です。
これが反対を決定づけたことです。
24時間運行は東京五輪のパフォーマンスなのです。
24時間運行を招致のアピールの道具として使おうとしている点です。
利用者の利便性云々は建前で、真の目的はこれでしょう。
結局、政治が絡んでくるんですよね。
ほんとうに残念です。

副都心線効果で川越苦戦

ブログネタ
.気になったニュース43 に参加中!

東京メトロ副都心線と東急東横線の直通運転が
はじまって1ヶ月が立ちます。

新宿界隈と横浜界隈は好調に一方で苦戦を
強いられているのが埼玉県の川越市。

本題前に、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ←1クリックが励みになります!
にほんブログ村
川越市は東武東上線沿線にあります。

この直通運転では日中は1時間あたり2本の
元町・中華街~川越市の運用があります。

東急線内は特急、副都心線内は急行と各社の
最上位種別で運行されますが、東上線内は
普通列車と最下位種別になります。

東武鉄道にも事情があるのはわかりますが、
どうしてもやる気が感じられません。

この直通運転で直通をはじめた西武鉄道ですが
こちらは好調のようです。

西武鉄道が発売している西武横浜ベイサイドきっぷは
予想の倍の売上だそうです。

西武鉄道はこの直通運転にやる気を示しており
西武鉄道線内は特急に次ぐ上位種別の快速急行で
運転されています。

青春18きっぷ乗り鐵-旅の記-
こちらに面白い記事がありました。

横浜駅では埼玉県の観光協会がアピール活動をしている
ようですが、川越市がなかったそうです。

川越市自体も本当にやる気があるのかわかりません。

小江戸川越観光協会がもっとアピールするべきでは
ないかと思います。

結局は、やる気のあるなしが明暗を分けましたね。

まぁ、新宿は黙ってても人は来るのでアピールは
鉄道会社が勝手にやってくれるからいいでしょう。

副都心線効果で新宿横浜好調

ブログネタ
鉄道[電車・気動車・車窓風景・駅] に参加中!

2013年3月16日に東急東横線と東京メトロ
副都心線が接続して直通運転が開始されました。

1ヶ月立ちますが、明暗がわかれたそうです。

本題前に、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ←1クリックが励みになります!
にほんブログ村

直通による恩恵を一番受けたのは横浜と東京新宿
副都心界隈だということです。

東急東横線を使って渋谷に行く場合は、渋谷での
乗り換えが必須でした。

これが一部を除いて乗り換えなしで新宿まで行けるように
なったのですから東横線沿線から新宿方面へ行く人が
増えたといえるでしょう。

新宿三丁目駅では乗降客数が平日で4割増、
休日になると7割増えたとのことです。

実際、この結果を見たら増えたと言えますが、渋谷からJRを
使っていた人が副都心線を使うようになっただけかもしれません
からJRは減っているかもしれません。

それだと新宿へ行く人が本当に増えているかはわかりません。

北総線裁判、運賃高い値下げ訴訟判決へ

ブログネタ
.気になったニュース42 に参加中!
北総線(北総鉄道)は京成高砂~印旛日本医大を
運行する京成グループの私鉄です。

北総線沿線住民からは運賃が高額すぎるという
苦情は耐えることなくついには裁判沙汰にまで
発展した話です。

沿線住民の値下げ請求退けることとなりました。

本題前に、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ←1クリックが励みになります!
にほんブログ村

なぜそんなに高いのか?

これには色々理由はあると思います。

実際に、北総線の運賃は案外適正だと私は考えています。

高規格路線なので建設コストは相当かかっている
と考えられますので加算運賃はあるでしょう。

さらに、北総線には北総鉄道もありますが、
千葉ニュータウン鉄道という会社も混在しています。

この辺りがとてもややこしいのですが、加算運賃を
必要とする存在があるということです。

さらに追い打ちを掛けるのが直通運転です。

よく例になるのが印旛日本医大→品川と移動する場合。

この場合、
北総鉄道(+千葉ニュータウン鉄道)→京成電鉄
→都営地下鉄浅草線→京急電鉄
と4社局またぐことになり、それぞれ初乗り運賃が
発生しますから当然運賃は高くなります。

北総線が値下げしたらなんとかなるという話でも無いんですね。

一番早い解決策が、北総鉄道を京成が吸収してしまう
ことなんですが、まずありえないでしょう。

スカイアクセス線およびスカイライナーが絶好調な
北総線なのでいずれ運賃の値下げは行われるはずです。

それまで待つしか無いでしょう。

交通系ICカードの全国相互利用サービス問題点

ブログネタ
.気になったニュース42 に参加中!

交通系ICカード全国相互利用で利便性ばかりが
目立つのですが、問題点もいろいろあります。
その辺について知っている限り紹介します。


本題前に、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ←1クリックが励みになります!
にほんブログ村

1.エリア跨ぎができない
交通系ICカードが発行されて10年近くになりますが
いまだにこの問題は解決されていません。
例えば、東京から静岡県の沼津へ行く場合を考えます。
沼津は静岡県でも東側ですから関東からは行きやすい
観光地ですので旅行する方も多いでしょう。
東京はSuicaエリアです。
沼津はTOICAエリアです。
東京駅でSuicaを使って改札を通って、
沼津駅で下車しようとするとエラーになります。
これはSuicaエリアとTOICAエリアを跨いでいるからです。
実際に、沼津駅ではこの対応が多いように見えます。
対処方法は、東京駅から沼津駅までの運賃を現金で払い
交通系ICカードに記録されている入場記録をあとで消去
するための証明書をもらい、後で取り消しの処理を
してもらいます。


2.PitaPaがややこしい
PitaPaは他の交通系ICカードと話が違います。
PitaPa以外のカードは、先にある程度金額をチャージして
そこから利用すると残高が引かれる仕組みですが、
PitaPaは簡単に言うとクレジットカードなので、
後払いなのです。
この異なる仕組みを無理やり相互利用にするための
苦肉の策がPitaPaに「チャージ機能を搭載する」でした。
すでにJR西日本が発行するICOCAと相互利用開始のときに
この方法で解決したので、関西私鉄とJRを普段から
よく使っている人には慣れたものかもしれませんが、
知らない人は、関西私鉄のつもりで利用すると
乗れません。
あらかじめめチャージの必要があります。


3.改札通過しか保証できない
これは私の経験の話です。
以前、私はICOCAを持っていました。
このICOCAでJR東日本がやっている
Suicaグリーン券のサービスを利用
しようとしました。
関東在住の方なら、普通列車にグリーン車が
連結されているのはお分かりかと思います。
ICOCAでSuicaグリーン券を購入しようと
しましたができませんでした。
ICOCAとSuicaの相互サービスは始まっていましたが
ここは盲点でした。
SuicaエリアでICOCAを使って改札を通ることは
できます。
しかし、それ以外のサービスが利用できるかは
別問題です。
どこまで相互利用可能かが曖昧です。
こればかり、詳細な情報が公表されていないので
実際にやってみるか問い合わせるかしなければ
わかりません。


多分今後、色々と苦情が出てくると考えられます。
交通系ICカードが1つならこのような問題はなかった
のですが、ICカードが乱立してしまったがゆえの問題です。

実際、どれだけの人がこの恩恵を受けるかわかりませんが
しっかり知識を持たないと使いにくいものではないか
と思われます。

交通系ICカードの全国相互利用サービススタート

ブログネタ
国内旅行 に参加中!

ここ数年でICカードによる乗車券が広く普及
しました。
ICカードといってもいろいろあります。

本題前に、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ←1クリックが励みになります!
にほんブログ村

2013年3月23日より相互利用開始になるICカードは
・Kitaka(JR北海道)
・PASMO(関東圏私鉄など)
・Suica(JR東日本)
・manaca(名古屋圏私鉄など)
・TOICA(JR東海)
・PiTaPa(関西圏私鉄など)
・ICOCA(JR西日本)
・はやかけん(福岡市交通局)
・nimoca(福岡圏私鉄など)
・SUGOCA(JR九州)
の10種類です。

Suicaに関しては、随分前から相互利用サービスの
拡大に力を入れていたので、ほとんどのカードと
相互利用が完了しています。

Suicaは私鉄に弱く、
大阪の私鉄を中心とするPiTaPa
名古屋の私鉄を中心とするmanaca
とは相互利用関係にありませんでしたので、
Suicaの利便性が格段に上がると言えます。

Suicaには他のカードにはないサービス
モバイルSuicaがありますから、携帯電話で
全国の大手鉄道会社に乗れてしまうように
なります。

今回相互利用になるのは、上記の10種類です。

この10種類以外にも交通系ICカードはたくさん存在
しますが、それらは一部例外を除いて相互利用
できませんので注意が必要です。

明日は、問題点など紹介します。

西武に秩父線廃止について

ブログネタ
.気になったニュース42 に参加中!
西武鉄道の秩父線の廃止話が突然浮上してきて
実際、秩父線に乗ったことがないので分からない
のですが、当然地元の反対は起こるでしょう。

本題前に、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ←1クリックが励みになります!
にほんブログ村

この話を持ちだしたのが西武鉄道の持株会社
株式会社西武ホールディングスの
主要株主である米サーベラスが提案したそうです。

鉄道事業というのはライフラインに関わる事業で
一般企業の部署閉鎖とは話が違うと思います。

それも米国のファンドが言い出した話です。

米国の鉄道事情を考えればこのような軽はずみな
発言が出るのも納得できます。

アメリカにとってはゼネラルモータースが
大事ですからね。

この話に西武鉄道のお偉いさんは否定的でないと
言うのも残念な話です。

株主は結局利益のことしか考えていないんです。

不採算なら即廃止。

あまりにも単調すぎる。

そうは言っても、長年日本の鉄道会社を見て来ましたが
JRも含めバッサリ切り捨てますからね。

鉄道事業は民間経営にすると色々問題が多いです。

だからといって、国鉄の二の舞になるのが
関の山ですから必ずしも国営がいいとも言えません。

難しい世界ですよ。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ブログランキング

PVランキング

とれまが人気ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!

ブログランキング

くる天 人気ブログランキング

  • SEOブログパーツ
  • ライブドアブログ