先日釣った12匹のタチウオ、木曜日にはほとんど貰われていきました。ここ数年、紙や嫁サマの知り合い関係で、秋のタチウオおすそ分けを楽しみにして下さっている方が少なからずいるようになり、先方には喜ばれるしこちらは有難いし、という感じです。タチウオ、釣れる時には大量に釣れる分、粗末にはしたくないものです。

で、水曜日の夜には少し前のアジをアジフライに。紙はアジ料理の中ではアジフライが一番の好物です。揚げたてにレモンを絞り、ウスターソースなんてかけてしまった日には、ごはんが進んで仕方がありません
20180815_194833490
アジフライは翌日の弁当にもin。新鮮な魚を使った料理は、普段買って食べる魚と比べ「似て非なるもの」に近い感じですね。
20180927_064031559
嫁サマ、タチウオの残りとサバを「塩麴漬け」にしていました。保存もききますし、焼くとまた違った風味が出ますね。次に食べる時が楽しみです⤴
20180927_064327977

活きている状態を釣り上げたものだからこそ、「命をいただいている」という感覚がひとしおになります。食育教育の一環として、ぜひ学校などでも「魚を釣り上げ、〆て、調理して食べる」というサイクルを授業でおこなったらよい学びになるんじゃないかな、なんて考えることがあります。

「かわいい子には釣りをさせよ」……(^^;) 紙風船でした


紙のインスタ:http://instagram.com/h_mitsu_kamihuusen


にほんブログ村