IMG_20170918_005243
CIMG4897 (2)


 9月3日(日)かほく市高松産業文化センター大ホールで、第31回鶴彬忌川柳大会が行われ85名が参加がありました。
 この大会に先立ち、第22回鶴彬川柳大賞の入選者の発表と表彰式が行われました。今年も全国から200名を超える多数の多数の投句がありました。
 テーマは「金」ですが、金にとらわれず、今年の時勢を詠んだ句が多く入選しました。


平成 29 年度 第 22 回 鶴彬大賞 選考結果
 
【鶴彬大賞】

各辞書の忖度の字に日が当たる
          笹島 一江 (千葉県)
【優秀賞】

世界平和へヒトの頭脳はまだ未熟
          森清 泰範 (富山県)
独裁が我流で泳ぐ金魚鉢
          浜木 文代 (石川県)
共謀罪すうーと背骨抜きにくる
           今村 久栄 (石川県)
【佳作】

金の蓋しても漏れだす腐敗臭
          佐野 かんじ(千葉県)
法変えて日の丸どこへ向わせる
          樫村 すみ子(石川県)
難民の涙乾かぬ世界地図
          山本 まさる(石川県)
戦争が近いな国が嘘を吐く
          荒川 淳  (神奈川県)
 
【入選】

言動の軽さが国を騒がせる     
         森清  泰範  (富山県)
人脈も金脈もない蟻で居る      
         広瀬 茂子 (石川県)
母は今 時を忘れて生きている    
         松本 春江 (石川県)
列島に原発もある基地もある   
         三宅 保州(和歌山県)
さまざまな錬金術のある社会   
         松田 龍せん(岡山県)
戦争の後悔はもう時効です        
         有澤 嘉晃 (富山県)
金策卋間弱者に甘くない   
         加差野 静浪(岩手県)
政府みな総理の為に嘘をつく
         橋本 修  (三重県)
雑草の中に津波の碑が眠り    
         西田 忠俊 (埼玉県)
金塊の強奪サツも噛んでいる   
         大塚 徳子 (宮城県)
ヒラメから三猿になる宮仕え     
         樫村 日華 (茨城県)
守るべき人が憲法変えたがり       
         中川 晴海 (山形県)
地球との約束大国がごねる    
         笹島 一江 (千葉県)
黒塗りで会話の練習しておくか  
         木立 慈雨 (宮城県)
洗っても消えぬ星条旗の匂い      
         隅田 外男 (石川県)
大臣の言葉はすぐに取り消せる   
         岩崎 幸子 (岡山県)
原発を隠れみのにし核保有
         草野 眞理子(石川県)
憲法の権利を義務へ変える気か      
         はならん  (埼玉県)
ハートないトランプなんて使えない      
         鎌田 誠 (北海道県)
金に縁がないが気になる国のツケ     
         西澤 司郎 (大阪府)
経済が領有権を主張する     
         瀧 進   (静岡県)  
人間の驕り地球は疵だらけ
         石倉 多美子(石川県)
九条の土台を齧る黒ネズミ      
         庭のしらかば(茨城県)
忖度の闇に紛れるスキャンダル       
         佐藤 規夫 (石川県)
メダルより金の工面で前哨戦
         陸応    (石川県)
忖度が過ぎて烏合の衆にいる       
         上村 脩  (東京都)
ぬるま湯にふやけ失言おおあぐら    
         勝井 明憲 (茨城県)
是非問わずスマホに支配されている     
         岡野 満  (富山県)
塾やめて将棋クラブに通う孫       
         野口 風  (千葉県)
進化して接木の苗の結果論     
         山根 雪代 (島根県)
平成の治安維持法鶴が哭く     
         こはりつよし(奈良県)
書かせない喋らせないが加速する       
         白石 久世 (埼玉県)
貧乏を相続させる資本主義   
         原 新平 (神奈川県)
戒めも捨てて職権錆びてくる   
         金井 矩子 (兵庫県)
人間の驕り地球が狂い出す      
         穴田 圭子 (石川県)
AIが人間支配する恐怖      
         上西 啓仁 (大阪府)
建前と本音葛藤する社会     
         南 政良  (石川県)
よく我慢共に称える金婚譜        
         谷口 修平 (兵庫県)
ハンドルが重い八十路のトラクター     
         片野 晃一 (茨城県)
黒を白美しい国この二色      
         谷口 潜風 (鳥取県)
借金丸という日本の難破船   
         笹重 耕三 (広島県)
戦争は拒否憲法がどう変わろうと      
         東野 やす子(石川県)
千兆の重みに耐える喫水線     
         長谷川すすむ(石川県)
長生きにやっぱり金が要る不安      
         樋爪 ふみ子(石川県)
忖度という日本語に紙魚がつく      
         表 よう子 (石川県)
ミサイルが玩具のように飛んでくる    
         中島 恭子 (石川県)
卓袱台に金杯残し夫逝く      
         森田 桂  (富山県)
通りゃんせいつか来た道右折して      
         内村 勘治 (石川県)
民主主義流れに沿えば刹那主義     
         齋藤 大柳 (千葉県)
改憲の噂に躍る旭日旗   
         吉川 博  (富山県)
赤紙の恐怖を孕むマイナンバー    
        よけだ ろくろう (愛媛県)
産声をもう金偏が包んでる     
         阿部 浩 (神奈川県)
水換えてもめごと消した金魚鉢     
         村田 邦正 (石川県)
赤子からお年寄りまで待機中    
         谷中 清輝 (石川県)
濁流が澄んでもわが子捜す人      
         浅川 静子 (福井県)
子守唄母は軍歌をうたわない      
         辻田 みえ子(石川県)
北風に視界が揺れる日本海        
         小林 游峰 (長野県)
学半ば遠くに霞む金字塔    
         石田 礼子 (石川県)
国会でウソを吐いたら出世した      
         江島谷 勝弘(大阪府)
一強の傲りどこまで天怒る      
         古沢 美子 (兵庫県)
無茶苦茶に悪法通す多数決       
         寺田 香林 (石川県)
天瓜粉昭和の匂い思い出す   
         細野 晃一 (岐阜県)
医者要らぬ祖父にあげたい金メダル      
         仲筋 節子 (富山県)
金で買う平和を金で見失う     
         有安 義信 (岡山県)
無党派層日本の行方鍵握る       
         新谷 和隆 (石川県)
いくつものパンドラの箱持つ総理       
         小西 都  (石川県)
骨抜きの魚が泳ぐ日本海      
         幅 茂   (愛知県)
妖怪が住む官邸の奥の院     
         戸田 富士夫(愛知県)
「道徳」はまず国会のおとなから     
         米澤 たもつ(富山県)
長年の努力格差が嘲笑う     
         小田島 六郎(埼玉県)
町興し基地拡大の補償金       
         酒見 敏子 (福岡県)
ミサイルを玩具にしている三代目      
         長谷川さち子(石川県)
核の傘破れ描けぬ子の未来     
         西本 照也 (兵庫県)
挫けない心で守る平和像       
         池永 龍生 (北海道)
共謀罪どこへ逝くのか民主主義     
         湊     (京都府)
天国も地獄も金の要る話
         細川 幸恵 (石川県)
廃炉へと背負う途方も無いお金
         山村 恵子 (石川県)
金バッジ付けると人間軽くなり
         本田 一三一(石川県)
イエスマンばかりを集め君主制
         亀田 たまき(富山県)
金力へペンの力で立ち向かう
         坂本 比呂 (福岡県)
しぼり出す年金枠で生きる知恵
         河崎 香太郎(石川県)
被爆国核廃絶をボイコット
         竹田 求  (石川県)
金儲けと無縁聞き入る蝉しぐれ
         山本 静香 (石川県)
議員にも忖度の無い通信簿
         中村 文子 (石川県)
敗戦を終戦といふ曖昧さ
         今井 啓 (富山県)
酒ゴルフ記録記憶のない政治
         稲垣 のぶ久(兵庫県)


選者

⬛福村 今日志
(石川県川柳協会顧問・蟹の目川柳主宰)
⬛伊東 志乃 
(富山県川柳協会副会長)
⬛赤池 加久 
(石川県川柳協会会計・宝達川柳会会長)
⬛遠田 亀公子
(鶴彬を顕彰する会世話人)

この四人の選者たちの合計ポイントで選びました。