全日本情報学習振興協会から新検定の案内がメールにて届きました。
検定名は『民法検定』(民法債権法務士認定試験)
詳細は次の通りです。

■ 第1回 【民法検定】民法債権法務士認定試験
≪試験日≫
  2018年6月10日(日)

 ≪申込締切≫
  2018年4月26日(木)

 ≪時間≫
  10:00〜12:45

 ≪実施地域≫
  札幌・仙台・新潟・金沢・東京・町田・横浜・宇都宮・群馬・埼玉・千葉
  松戸・静岡・名古屋・岐阜・津・大阪・京阪・堺・京都・奈良・神戸・岡山
  広島・高松・福岡・熊本・鹿児島・沖縄
  ※会場によっては期日前に申込受付を締め切る場合がございます。

民法はどのような資格試験においても出題の基本となります。
宅建士試験など不動産系資格でも民法はよく出題されますね。
「民法を制する者は資格試験を制す」と言っても過言ではありません。
サンプル問題は3月20日頃までにHPにupされる予定となっています。
問題数は50問程度が予想されており、制限時間は2時間30分となっています。
マークシート方式で4択・5択・6択で構成されるようです。
合格基準ですが、正答率70%以上で合格となります。
但し、問題の難易度により調整する場合があるとのことです。
受験料は税別で15,000円となっています。
学生の方は学割も使えます。
「民法」に関心をお持ちの方は挑戦してみてはいかがでしょうか。
では!

いつも応援ありがとうございます。 
にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ