第13回タオルソムリエ資格試験を大阪商工会議所B1・1号会議室にて受験してきました。
本日は木曜日(平日)であるにもかかわらず、多くの受験者が来ておられました。
1階のロビーでほぼ全員の方が「タオルソムリエ教本」を読んでいたので少し異様な光景でしたが…
べんちゃんが受験した会場では欠席者はほとんどいなかったと思います。
受験料もそこそこ高いですしね。
受験者の年齢層はやはり若い方が多かったように思います。
大阪は繊維の町なので、アパレル関係とか百貨店関係の方の受験者が多かったのかもしれません。
スーツ姿の方もおられました。
試験は14時〜15時30分までの90分間ですが、商工会議所開催の試験は集合時間であることが多く、実際に試験が開始されたのはその6分後でした。
試験開始から30分後〜終了10分前までは中途退出することが可能です。
以前にタオルソムリエ試験を受験された方のブログを拝見すると、皆様ほぼ100%、30分程度で中途退出されています。
べんちゃんは試験開始後60分近くの15時頃に中途退出しました。
さて、試験の手応えの方ですが、ボーダーライン上にいるものと思われます。
試験問題は解答欄と一体になっており(1〜5を手書きで解答)、当然ながら回収されますので、詳細な検証は出来ません。
ですが、5択のうち3つくらいはギャグみたいな選択肢(受験経験のある方はお分かりかと思います)が連なっており、実質2択(たまに実質3択)に絞られます。
べんちゃんは秒殺で解答し、30分くらいで解答を終えましたが、なんせ10問以上間違えたら不合格(80点以上が必要)なので、慎重にも慎重を期す必要があります。
中には後半の資料みたいなところからも出題がありましたが、そこは勘で答えざるを得ませんでした。
毎回のように出題されている「テリーモーション」は今回は出ませんでした。
旧石器時代のスイスの…(以下略)は出ましたが。
中にはそこかい!みたいな重箱の隅をつつくような問題もありました。
まあ、教本のどこかには記載されているんでしょうけど。
本日の受験にあたり、ネット上にて過去問を再現しておられるサイトを2つ発見しましたが、それらのブログにupされていた問題と比較すると今回の試験は明らかに難易度が上昇していました。
中には一般常識で解答可能な問題も2問程度ありましたが。
受験を終えた方も「難しかった」という会話が聞こえてきました。
合否発送日は9月28日(金)の予定です。
合格基準点の変動があるかどうかは分かりませんが、誤答が10問以内であることを信じて結果を待ちたいと思います。
では!

H30.9.13 大阪商工会議所
H30.9.13 大阪商工会議所 館内会合ご案内
第13回タオルソムリエ資格試験 1号会議室

いつも応援ありがとうございます。 
にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ