すや亀日記 門田の耳よりひとこと

門前みそのすや亀のいろいろ、雑多なお話・新着・お得情報をお届け! お見逃しなく♪(門田のひとことも入りますのでごかんべん!)

すや亀オンラインショップはこちら
https://www.suyakame.com
オモシロ味噌製品がた〜くさん。門前みそ・大人気の門前甘酒を販売中!

昨年末来ご無沙汰しておりますが、
皆様いかがお過ごしでしょう。

巷ではインフルエンザに肺炎に、と、
いつも以上に健康に気を配らなくてはいけない事態となっております。

門田も年末年始から2月の頭にかけて、
寒さにさらされることが多く、
いつ風邪ひくかとおもって冷や々やしておりましたが、
寒さに凍えることはあっても、どういうわけか、
今のところ風邪にもインフルエンザにもかからず
毎日出勤しております。

本店の糀菌たちのおかげでしょうか。
ありがたいことです。



さて。
昨年から、新規店舗さんや
出来ているのは知っててもまだ行ったことのないお店、
いろいろなお店にお邪魔してきました。



今日は本店の近所にこの17日にオープンした、
Natural Recipes Kitchen」さんをご紹介!

FaceBookページ
https://www.facebook.com/Naturalrecipies/?epa=SEARCH_BOX



代表の久保田飛鳥さんは
ご自身の健康体験から「自然に学ぶ 先人に学ぶ」をコンセプトに、
食育のために子供向けの薬膳料理教室を開催したり、
企業さんに出張してセミナーを行ったりと、
薬膳や薬食、予防医学食への取り組み・普及に努められています。


県内企業のかんてんぱぱさんやみすず豆腐さんなどと協働で
ワークショップをされたり、
整骨トレーニングジムさんとコラボしたり、幅広く活動されているようです。



今回オープンされたのは、お惣菜屋さん。

90mlかな120mlかな?
クリアカップに詰められたお惣菜は120円から。
このほか、おにぎりだけのパックやメインおかずのパック、
お弁当は600円だそうです。

お店の中で食べることもできますし、
もちろんテイクアウトもできます。

薬膳薬食といっても、味はほかのお惣菜と変わりませんので、
手軽に気軽に食べられる、ちょっと足したいときおかずな感じ。

17日のオープン初日は早い段階で売切れ。
19日の13:00過ぎも、わずかとなっておりましたので、
気になる方は早い時間の来訪がおすすめです。



場所はすや亀本店から西へ、南県町北の信号の北東角。
長野市南長野南県町653のビル1Fです。

本年も、たくさんの皆様にご愛用いただきまして、
喜んでいただいたお声の多い中、
無事、2019年も終えられそうです。

ありがとうございました。




これから2日間、怒涛の年末作業に入ります。

*取引先の皆様*
毎度申し訳ないですが、
何かと不行き届きが出るかもしれないので、
その折には、即、お電話いただくとありがたいです。


*ご用のあった方*
同じく、速やかにお申し出いただけると助かります。
「メールしたけど返事ないよ」とか
「DMしたけど見てないでしょ」とか
「お願いしたアレどーした」とか・・・・・


*すや亀の大事なお客様方*
こちらはいつも通り、
なるべく速やかにお返事しますので、
ちょっとだけお時間くださいませ。
ちなみに、12/28〜1/6はお返事できかねます。




2020年はオリンピックにパラリンピック。
時流の変化の決定打も21年にかけてありそうな気配。

何が起きても平静に。
いつもの通りあわてず騒がず泰然自若で。
新しい年も通常運行してまいりますので、
引き続きどうぞよろしくお願いいたします!!









続きを読む

経理の仕事は、
?という事項について、
縦に掘り下げて、
なぜなにで解を見つけます。

この数字どっから来たんか。
どうしてこの数字になったんか。


でも、
モノを売る仕事で行き詰ったとき。

なんか最近売れない。
売上ぐっと落ちたどーする。


こんな時の思考方法の実践を
長野県のネットショップセミナでワークしてきました。


この場合は
思考を横方向にスライドして、
こうも行けんじゃん。
こうしたら行けんじゃん。
で、
可能性を拡げるんだよ!

ということです。


気づいたことは、
いろんなものを知らないと拡がらないということ。
年齢関係なく頭柔らかくないと拡がらないということ。



門田の仕事は
縦と横と、振れ幅が大きいので、
常に、真ん中を維持しないといけないな〜
って反省しました。

テキストマイニング・・・

最近、NHKさんでレオナルドダヴィンチの特集番組を放映してます。

先日、知の爆発(とても懐かしい単語でした)で、
このテキストマイニングをAIに行わせて、
彼の脳内を探るっていう内容を放映してました。
うろ覚えですけど。


面白かったです。

今回の台風では、長野でも農家さんの多くが被災され、
たくさんの青果が被害にあっています。

また、被災地域の物流が止まり
スーパーなどで食料品が並ばない状況にあったり
食べられない状態になっていたりすること。

ライフラインが復旧せず
温かいものを口にすることができない方が多いこと。


何か役に立てることないかな。
と思いながら、
廃棄される様々なものの情報を目耳にするうちに、
物のあふれてるスーパーとかでは
食べ物、結構捨てられてるんだよな、
と頭をよぎったんです。


食品ロスの要因の1つ。

現在、食品業界では「3分の1ルール」と呼ばれる
製造日から賞味期限までを3等分し、
それぞれの流通段階に振分けて商品を取扱う。
というものがあります。

3か月賞味期限のものは
卸先のある場合、卸先には製造から1か月まで。
販売店には製造から2か月たったものまで。
しか渡さない。という。

(ということは、店頭に並べられるのは、
製造から2か月経過したものまで?)
その日を過ぎると、食べられるものでも
私たちの手には届かず廃棄処分になるということ。




「もったいない」の最大問題・食品ロスは、
この1/3ルールが大きな要因。


私たちが普段食品を買うお店でも、
日々このルールで、
たくさんの食品が廃棄されています。

消費期限はともかく、
賞味期限は食べられなくなる期限ではないんですが、
期限を過ぎるとお店に置かれなくなってしまうのが、
1つ課題ですね。

また、
販売店と卸業者間・卸業者とメーカー間の、
1/3ルールが厳守できない事から生じる不具合での
ペナルティや取り引き停止など、
慣例を恐れての在庫過多の解消も課題です。



消費者からメーカーまで、
賞味期限に縛られて
捨てることに慣れてしまっている現状が、
食品ロスが当たり前になってしまっているところだと思います。


我々買う側でも気をつけたいこと

何でも、何を買うか決めずにお店に行く人が7割くらいいるそうで。
そうすると、
あれ安いから買っておこうとか、不必要な、
賞味期限の短いものとかを買っちゃいやすいということで、
最終的に食べられなくて捨てちゃうとか
(食品会社にいるせいではないですけど、私ほぼ捨てません)
買う側も
食品ロスに気を付けることたくさんありますね。


そのほか、
賞味期限が短くて廃棄された食品を
たまたま欲しくて買いに行ったのに棚に無かって、
ほかのお店に行ったらいろんなものが置いてあったから
無いお店より有るお店ってことでお客さんの足が遠のく。
ということを恐れて、
常に店頭に商品を並べたい販売店の考え方・売り方も、
食品ロスをなくすのに大切なことです。

まだあるのに1/3過ぎたから廃棄して、
賞味期限の長い同じものを並べる。
とてももったいない話です。



我々消費者側も、
消費期限と賞味期限との違いを知って、
1つ1つの食品を大切に、
箱が壊れたり、ラベルが曲がってたりするものも
中身が無事ならOKという寛容な心持で、
買い物しないといけないなあと感じます。








続きを読む

先頃、仲見世店へ出かけた帰り、
自衛隊の車両が通るのを見ました。

台風被災地域から帰ってきたのかな。
と有難い気持ちで見送ったのですが、
今回の台風では日本各地で大きな被害が出ており、
消防警察自衛隊の皆さんでも
カバーしきれない箇所の多さだと思って。

ライフラインを担う皆さんもそうですが、
安心安全を確保するお仕事、
本当に頭が下がります。



と思って日々ニュースを見ていましたら、
先日は、市内近隣の飲食店の皆さんが、
被災地域へ炊き出しに出かけているという話を聞きました。


それぞれが繋がりを持って、
連絡しあいながら活動されているとのこと。

温かいものが食べたいとの声も多かったようなので、
冷え込みで心細かったりされた皆さんも、
心強さも感じていただけたのではないかと思い、
こちらもまた、頭が下がるばかりの話でした。



何ができるのかな。
とこの1週間考えておりましたが、
すや亀の今日からの秋の謝恩営業で、
この機会に子供にもっていくから
などというお話を聞くと、
ちょっとはお役に立てたのだろうか。
などとまた考えたりします。


また雨が降ってきました。

先の雨ですでに地盤も脆くなっているでしょうし、
どうぞ皆さまお気をつけて、
安全第一で、お過ごしください。






鋭意キャンペーン中(個人的に)

先月半ばから、
来るもの拒まずキャンペーンを開催しています。



というのも・・・・・

酷暑が和らいで人間が安心して外出できる気温になり、
各地でイベントごとが多く開催されるようになって、
いろんなところからお誘いがかかるのです。

この時季は、
収穫イベントやら(長野らしい)とあわせ、
各種セミナーが盛んに開催されます。

で。今年は。
なるべく、
お声がけいただいた勉強会などには参加しよう
会いましょう!話しましょう!
と言ってくださった方とは会おう話そう
という目標を掲げたという次第。




いままでは、
セミナーというと交通費や参加費、懇親会費など、
まあ、ほぼ持ち出しなので、

交通事情、お財布事情(これ一番大事)など
物理的な問題で
出席を見合わせたりすることが多かったのです。


平日休めない雰囲気問題もだんだん解消されてきて
出かけやすくなったりしたこともあり、

いつも、もったいない、機会損失だー!と思っていて。


今年は、
6日から始まった県のネットショップセミナーが
来年はないかもしれない・・・・・
という話が聞こえてきて、
いつもなら参加しない松本開催セミナーが日曜だったりしたので、
これは頑張って行かねば!と奮起したところです。


軽減税率導入によるいろんなものの変更とか
キャッシュレス還元事業開始とか
様々、新しいことが始まろうとしていましたが、
事前に打ち合わせもしたし変更もしてもらったし
参加表明も登録申請もしたし
大丈夫よねー♪♪♪
途中、代休有休入れて体力温存して♪♪♪と
と気楽に考えて
9月にスケジュールを組んだ次第です。



結果・・・・・



体力が限界。
と。

40過ぎるとなかなかなもんだなあと
改めて感じました。




9月末からの軽減税率導入狂騒曲と、
開けてみてのいろいろなパターンの出現、
対応
キャッシュレス還元事業開始の
諸連絡問合せ手続き諸々。

あわせて、うれしい話ですが、
コンサルの先生が戻ってきてくれて
(社長ありがとう♪♪♪)
ウェブ企画がまた始まったり。

うーん。
手が2本しかないのがもどかしい!



久しぶりに、コピーロボットが欲しくなりました。
売ってないかなどっかに。
続きを読む

ここ数年お気に入りのお店が、
開店2周年を迎えて、
記念パーティを行うというのでご紹介!




長野市昭和通り
Mulberry Delicatessen&Cafe>さん。





大きなお店です。
貸し切りだと、1F2F合わせて100名は入るようで、
よく、結婚式の2次会や、イベントの打ち上げ、
大人数さんの歓送迎会などで使われています。

手作りお惣菜はテイクアウトできますし。
最近はマフィンも始められて、常時6種類くらいが楽しめます。
(お惣菜も10種類はあるし、
他スイーツも5種類ほどあるので、
ものすごい品数と思います)


2010年に別の場所でカフェをやられていましたが、
一昨年夏に今の場所に移転されました。

おっきなお店に変わられて3周年目を迎える、
すごいなあと思います。


9月16日18:00〜 とのことですので、
お近くにおいでの方は真夏のぶり返しの夕涼みがてら、
おいしいピザとバーベキューを
お楽しみいただいてはいかがでしょうか。




さて。

また関係ないことを・・・
とお思いでしょうが、
ご近所で頑張っているところは
なるべく紹介して、
もっと頑張ってほしい!と思ってるので。


お向かいの「囲」さんも頑張ってますし、
数件西にあるお蕎麦屋さんも頑張っておられます。
その向かいの同い年のお兄さんのやってる飲み屋さんもね!!


人が増えれば、
ほかのお店にも行ってみようと思うでしょうし、
人が流れるようになれば
飲食でも物販でもお店やってる人たちみんな
ああしようこうしてみようって意欲も出て活気づいて、
いいお店が増えると思うので、
何と言われようと紹介し続ける!と意気を新たに♪♪♪


モノづくり・モノうりをしている街中のみんなが、
今日も元気に、
お客さんに楽しいうれしいを提供しながら、
気持ちのよいお商売ができますように!!

夜ごはんの提供の要望がありました。
やってなくてごめんなさい。

すや亀のメニューは、
しっかり和食なので、
御飯があって野菜中心の小鉢料理があって、
味噌汁がしっかりあって。

老若男女に人気です。
門田のEC友達(30代)もよく来てくれているそうで、
ご近所のウェブ屋さんもよくおいでいただいてます。



町中のホテルによく出張で泊まるという方も、
昼はすや亀で、
夜どうしようか・・・・・っていつも思ってるそうで。



ホテルの近所にも
いくつもお料理屋さんがあるので紹介しましたが、
がっつり和食を定食形式で食べられるお店、
なかなかないかも・・・・・

やはり夜になるとお酒を飲みながらということが多いのか、
お膳の体でというお店、
聞かれたとき用に調べておかないといけないですね〜。

会計業務をこなしに夕方事務所に顔を出した帰り。

お茶のアイスが食べたくて、
近所の長喜園さん(長野県長野市西後町1580)に寄りました。

自家製のほうじ茶・抹茶を使ったソフトクリームに、
女将さんお手製のババロアや小豆、ゼリーなど、
中央通り沿いで、老若男女に人気のお茶屋甘味処。

パラパラと降る雨の中、
ソフト付きババロアに煎茶(やっぱりプロの入れるお茶はおいしい!)
をいただいていると、雨脚がちょっと強く・・・・・

店先に人影が見えたので首を伸ばすと、
雨に降られた親子連れが軒下で中を覗いてました。

笑いかけると、一瞬躊躇してましたが入店!
おちびさんはお母さんの胸で良く寝ていました。


旦那さんがお抹茶好きとのことで、
1回入ってみたかったんです〜、という話から、
街中のイベントの話や実家の里山の話など、
雑多なことどもを、とりとめなくお話ししました。


最近の村では、
若い定住者を誘致するのに1戸建ての賃貸料を割り引くけど、
子供が1人以上いる家族、など入居条件があるとか。

山の中で生活がちょっと不便なので、
引っ越し後の生活のサポートがままならず
せっかく来てくれた若い人が
また出て行ってしまって鼬ごっことか。

なかなかイベントごとがないので、
年に数回イベントがあれば人がもっと出入りするのに、
とか。



へーと思ったのが、
子供の背丈くらいの草むらにはイノシシがいる。
という話。

里山の整備に手が回らないので、
自然はいっぱいでも子供が遊ぶのに危ないんだとか。

同じく、更地後の空き地に雑草が伸びて
蜂やらが飛び交い危ないとか。

子供用の遊具も設置されているものの、
草が伸び放題で遊べないとか。

親御さんがボランティアで
山と人里の境の草刈りをしていること。

地元が好きだから
本当は実家の近くで子育てしたいんだけど、
とか。



あんこは漉し餡派だとか。
生和菓子を選ぶのが楽しいけど食べるのは旦那さん、
だとか。

最近、
おちびさんが会話らしいものができるようになって、
成長を感じるとともに
ちょっとストレスが減ったとか。



微笑ましくてちょっとほっこりしたり、
えらいな〜と思ったり。

いろんなことを感じた
楽しいひと時を過ごすことができました。




















このページのトップヘ