11 月 3 日(火)、帝京平成大学冲永記念ホール(東京都豊島区)にて「リハビリテーショ ン・サミット 2015」が開催されました。本サミットでは、「いきいきと暮らすためのリハ ビリテーション~地域包括ケアを支えるために~」をテーマに、2 つの講演とシンポジウム が行われました。   講演Ⅰでは厚生労働省老健局長の三浦公嗣氏に「地域包括ケアとリハビリテーションの役 割」について、講演Ⅱでは公立みつぎ総合病院名誉院長・特別顧問の山口昇氏に「今後の地 域包括ケアシステムの構築にリハビリテーションはどのような役割を担い果たしていくの か」について講演がありました。 
 
シンポジウムでは、「地域包括ケアシステムにおけるリハビリテーションへの期待」をテ ーマに、リハビリテーション医学、リハビリテーション看護、セラピスト、リハビリテーシ ョン病院・施設、学識経験者、それぞれの立場から発言があり、「地域包括ケアにおい てリハビリテーションがどのように貢献すべきか」について意見交換が行われました。

CIMG9052


当センターの入り口に宣言文を掲示しています。



CIMG9053


また、他にも「長崎の凧(ハタ)」を掲示していますので、お近くを通りの際は是非お立ち寄りご覧ください。


CIMG9055


センターの入り口には案内の看板が立っています。