2004年06月11日

PHP5のインストール

いきなりですが、備忘録としても使います(笑)

PHP5のインストールと設定

configure
・posgreなし
./configure --with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs --enable-ftp --enable-versioning --with-zlib --enable-alender --with-libxml-dir --with-zlib-dir --with-gettext --enable-mbstring --enable-sockets --with-regex --with-pear --enable-maintainer-zts --enable-memory-limit --enable-zend-multibyte

・posgreあり
./configure --with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs --enable-ftp --enable-versioning --with-zlib --enable-alender --with-libxml-dir --with-zlib-dir --with-gettext --enable-mbstring --with-pgsql --enable-sockets --with-regex --with-pear --enable-maintainer-zts --enable-memory-limit --enable-zend-multibyte

△△箸蓮
make
make install

php.ini-distをphp.iniに変更してコピー

cp php.ini-dist /usr/local/lib/php.ini

php.iniの編集
doc_root="usr/local/apache2/htdocs"
 # Apacheのドキュメントルートを指定します。
extension_dir="/usr/local/lib/php/extensions"
 # 拡張モジュール(*.so)の格納ディレクトリを指定します。
include_path=".:/usr/local/include/php:/usr/local/lib/php"
 # 各ソースからインクルードするファイルの検索先を指定します。

apacheの設定
/usr/local/apache2/conf/httpd.conf を編集
AddType application/x-httpd-php .php

(LoadModule php5_module modules/libphp5.so
はいらないらしい)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「Apache2」をRPMからソースコンパイルに変更  [ Project MultiBurst ]   2005年07月02日 14:57
「Apache2」をRPMからソースコンパイルに変更 なかなか手が出せなかった部...
2. 「Apache2」をRPMからソースコンパイルに変更  [ Project MultiBurst ]   2006年09月01日 10:14
「Apache2」をRPMからソースコンパイルに変更 なかなか手が出せなかった部分ではあったが、 ようやく意を決してチャレンジ。 もともとサーバーOSは、「Re...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
自己紹介
青島 裕

神奈川県横浜市在住。

ao

 業務系のSEをやりながら、アマチュアオーケストラや吹奏楽団にて打楽器をやりながら、コンサートスクウェアの管理者をしている。

 体と精神を健康にするため、マクロビオティックに取り組み中。牛肉の禁断症状が現れるのが悩みの種。
Ads
お気に入りBLOG
★音楽関係★
トランペット吹き茨木智博の日記
応援している音大生のBLOG

★その他★
まっちゅう
バイク好きまっちゅうのBLOG
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク