タイ旅行を楽しむブログ

家族5人でタイ旅行~バンコク・プーケット・ピピ島 海外旅行のブログ。タイのバンコク・カンチャナブリー・アユタヤ・プーケット・ピピ島・ホアヒン・パタヤ・サメット島などを家族で旅したタイ旅行のブログです。タイ旅行の参考にしていただけると幸いです。コメントやトラックバックなどお待ちしております☆

スポンサードリンク



 
【2015年夏 タイ旅行日程】バンコク→サメット→パタヤ→バンコク
【2014年夏 タイ旅行日程】バンコク→ホアヒン→パタヤ→バンコク
【2014年春 タイ旅行日程】プーケット(タウン)→ピピ島→プーケット(カタ)
【2012年春 タイ旅行日程】バンコク(4泊5日) 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 → プーケット(1泊2日) 6日目 → ピピ島(4泊5日) 7日目 8日目 9日目 10日目 → プーケット(2泊3日) 11日目 12日目 → バンコク(2泊3日) 13日目 14日目 15日目
☆★家族5人で家族旅行 上海旅行編はこちら☆★

ブログネタ
タイ旅行記 に参加中!
image


タイのバーツと日本円の為替レートですが、

2015年8月の今は、だいたい、

1円=0.288B(バーツ)

ですね。つまり、

1B=3.47円

ですね。

3.47円は、

1÷0.288=3.47

で計算できます。

1円が0.288Bになる
ということですから、

1万円を両替所で渡すと、
2880バーツが戻ってくるということです。

現在の、為替レートは以下の通り。




※1バーツいくらか、または、
1円は何バーツかを調べたい方は、
こちらの通貨コンバータをご利用ください。続きはこちらをクリック!【タイ 1バーツは日本円でいくらか?為替レートは?】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

パタヤで宿泊したホテルでホテルから
スワンナプーム国際空港近くのラートクラバンのホテルまで
家族5人で1000Bでタクシーの送迎をお願いした。




これまでの旅では、
自分でタクシーを探していたんだが、
安くなっても差額が100〜200Bくらいなので
歩き回る時間や交渉の手間などを考慮すると
少し高くてもホテルにお願いしたほうが良いと思った。

しかも、この料金はなかなか良心的だと思う。

ホテルからホテルまでだし、
ミニバンのように集合場所にスーツケースを
ゴロゴロと転がさなくてもいいから。

続きはこちらをクリック!【パタヤからスワンナプーム空港まで1000Bが相場?近くのホテルまでタクシー送迎】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

バンコクのタクシー事情 その4
渋滞の時は定額料金を請求してくる

先で書きました、
BTSチットロム駅付近の下を走る
道路でタクシーをつかまえたときですが、

プラカノン駅まで200B!

という定額料金を表示してきた
タクシーもありました。

行きに利用した時、
プラカノン駅からチットロム駅まで
約70Bだったので、
200BならBTSを使うでしょう。

つまり、渋滞のときは
うまくBTSを利用しましょう
ということですね。続きはこちらをクリック!【バンコクのタクシー事情 その4 渋滞の時は定額料金を請求してくる】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

バンコクのタクシー事情 その2
空港からバンコク市内まではカローラクラスの普通車で400B

RIMG01553

旅行前に悩んだのが、
スワンナプーム国際空港から
バンコク市内のホテルまでの“足”です。

ネットで調べると
日本人旅行者相手の旅行代理店が
リムジンを提供しています。

料金は1000Bとか1200Bなど
ですが、必ずリムジンでなければならない、
ということはありません。
ふつうのタクシーで十分です。

空港からタクシーに乗るには、
1Fの“Public Taxi”という看板を見て
エスカレーターで降りていけばオッケーです。
タクシー乗り場があって、
タクシーがたくさん止まっています。

乗り場には受付カウンターがあります。
そこでタクシーを手配してもらえば
大丈夫でしょう。

市内まで一般のタクシーを利用すれば、
リムジンで1000B払うような
無駄遣いをしなくてすみます。続きはこちらをクリック!【バンコクのタクシー事情 その2 空港からバンコク市内まではカローラクラスの普通車で400B】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

バンコクのタクシー事情 その6
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

明日は飛行機でプーケットを出発しバンコクに戻ります。そのために、空港までのタクシーを探さなければいけません。ホテルでも送迎はやってくれるけれど、料金は1000Bでした。たしか旅行代理店の料金で安いところは700~800Bくらいじゃなかったかなということで、他で探してみることにしました。

パトンt地区のナナイロード付近でタクシー送迎をしているところを探してみました。ここナナイロードはパトンビーチから歩いて20分くらいのところですが、バイクがないと不便なところです。確かにビーチの騒がしさはなく落ち着いていますが、ちょっと寂しいところでもあります。

RIMG07091
スーパーなどはちゃんとあります。

RIMG07101
ナナイロード付近のさびれたスーパー

さて、ホテル付近を暑い中、散策しました。小さな旅行代理店などが空港までの送迎の看板を出していますが、レストランなどでも出しています。これは車を持っている人が勝手に旅行客相手にやっているんだな、と感じました。

バンコクからプーケットに来た時、プーケットの空港からプーケットタウンまでのタクシー料金は400Bでしたので、だいたいこのくらいにならないかな、ということで探してみました。しかし、甘かった。続きはこちらをクリック!【パトンからプーケット国際空港までのタクシー送迎を探す(タイ旅行 12日目)】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

タイの1バーツは日本円でいくらか?
2012年4月において、1バーツ=約2.66円です。
おおざっぱに
1バーツ=3円
と計算すれば簡単でしょうか。

(追記)
日本 円 (JPY) 3.4409
為替レートの最終更新 2013/05/21

円安が進みました。

現在の、為替レートは以下の通り。


通貨コンバータはこちらから。
続きはこちらをクリック!【1バーツは日本円で何円?為替レート】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

バンコクからプーケットへタイ航空で移動 その2 (タイ旅行 6日目)
の続き。

バンコクからプーケットの空港に到着しました。
これからプーケット・タウンのホテルまで
タクシーを手配しなければいけません。

プーケット国際空港の出口付近では、
リムジンタクシーなどタクシーサービスの
客引き歓迎があります。笑

しかし、ここで頼んだらダメ。
(ただしリムジン気分を味わいたい方は
ここで予約。日本円で決してお高くはありません。)

P20120320_1628010001
プーケットの空港を出ました。

リムジンタクシーはかなり割高なので、
空港を出て右に行ったところにある
「Taxi Meter」と書かれている
黄色い建物に行きました。

P20120320_1625440001
あったあった、タクシー乗り場!!
ネットで調べると高額なタクシーサービスばかり出てきますが、
どこでも公共のタクシー乗り場があるのです。

ちなみに、プーケットは、
「Taxi Meter」と書かれていても、
メーター制ではなく交渉制です。

そこでタクシーを手配してもらいました。
まずは、明日ピピ島へ行くフェリーに乗るために
プーケットタウンに1泊しなければなりません。

ということで、プーケットタウンのホテルまで、
タクシーはいくらになるか聞いたところ、
400Bということでした。

見ているとタクシーの運転手が
カウンターの人にお金を渡していました。
それと引き換えにお客を紹介する、
というシステムなのでしょう。

P20120320_162921000
無事、タクシーゲット。プーケットタウンのホテルに行きましょう。

この料金、僕の中では、家族5人で、
まあまあお安いだろうと思いまして、即決。
タクシーに乗り込み、プーケットの道をひた走る・・・
続きはこちらをクリック!【プーケットの空港からプーケットタウンまでのタクシー(タイ旅行 6日目)】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ついにバンコク最終日、そして、
プーケットに移動する日がやってきた!

とりあえず、旅前半のバンコクでは、
ハードなスケジュールだったけれど、
幸いにみんな無事で病気もしていない。

これは本当に、よかった。

おかぁちゃんも、子供たちも、
みんなよく頑張った!!

バンコクの日々は、

高層階で過ごした日々、
屋台のタイ料理グルメ(詳しくはこちら)、
カンチャナブリーのツアー(詳しくはこちら)、
アユタヤの世界遺産(詳しくはこちら)、
チャオプラヤー川のディナークルーズ(詳しくはこちら)、
サイアムパラゴンの水族館(詳しくはこちら)、
Back to カオサンロード(詳しくはこちら)、

などなど、十分堪能しました。

当初、思っていたよりも
内容が濃く大満足でした!!

朝、ぴえ~る一家に別れを告げて
6日間お世話になった
バイヨーク・スイートホテルを
チェックアウトしました。

さて、ここで、またトラブル発生!
(ちょっと、大袈裟ですが、笑。)

スワンナプーム国際空港へは
BTSのエアポートリンクで行ってみよう、
ということで、バイヨークが提供する
駅までの無料シャトルを使う予定でした。

昨日、フロントでタイ人の奥さんと
妻が確かめたところ、
無料シャトルは何本もあって
朝9時台のバスもあり、
それに乗ろうということでした。

無料シャトルが出るところは
バイヨーク・スカイホテルの前から
だといいます。

バイヨーク・スイート前からは出ない?

ホテル前からは発車しないことを
宿泊前に告げて欲しかったですが・・・

ということで、
私たち家族は、屋台と人ごみの中を
大きなスーツケースを転して
や~~っとのことで、たどり着きました。

これほんと、ここに書いた以上に、
とっても大変だったです。

そして、ようやくたどり着いて、
バイヨーク・スカイホテル前の
従業員らしき人に聞いたら
出発は朝10時だといいます。

え、話が違うじゃん。。

朝10時だとちょっと間に合いません。

ま、旅は何らかの聞き違いや、
急な変更ってのは、
あったりするので仕方ありません。

空港までタクシーで行くことにしました。続きはこちらをクリック!【バンコクからプーケットへタイ航空で移動(タイ旅行 6日目)】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

タイのファミリーマートで
買ったレッドブル?

これってホンモノでしょうか?



ということですが、
タイのレッドブルこそが本家本元
なんだそうです。

タイの企業を買収して今の商品を作っているそうです。



続きはこちらをクリック!【タイのレッドブルって本物?】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

家族旅行で大切な「移動の足」についての続きです。

ちなみにプーケットに関してですが、
プーケットは広いし、タクシー料金はちょっとお高いですね。

バンコク市内のタクシーのつもりで利用すると、
全く違うことがわかります。

まず、メーターと書いていながら
メーター制ではありません。

タクシーの料金表があって
乗車地点から下車地点で
だいたいの料金が決まっているようです。

たとえば、プーケットタウンで
タクシーを利用したときに、
地区内、ちょっとそこまで200Bでした。
他の地区も同様だと思います。

そうですね、バンコクだとメータータクシーで
だいたい50Bくらいの距離でしょうか。

そんな距離をプーケットでは
片道で200B、往復で400Bですから
、バンコクに比べると高すぎます。

家族5人の移動でタクシーを
頻繁に使うのは無駄な出費と感じました。
(頭の中の日本円のお方ならば、金額的には全く問題ないでしょう。)

続きはこちらをクリック!【プーケットのタクシー事情について】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ