家族でタイ旅行を楽しむブログ

家族5人でタイ旅行~バンコク・プーケット・ピピ島 海外旅行のブログ。タイのバンコク・カンチャナブリー・アユタヤ・プーケット・ピピ島・ホアヒン・パタヤ・サメット島などを家族で旅したタイ旅行のブログです。タイ旅行の参考にしていただけると幸いです。コメントやトラックバックなどお待ちしております☆

スポンサードリンク



 
【2015年夏 タイ旅行日程】バンコク→サメット→パタヤ→バンコク
【2014年夏 タイ旅行日程】バンコク→ホアヒン→パタヤ→バンコク
【2014年春 タイ旅行日程】プーケット(タウン)→ピピ島→プーケット(カタ)
【2012年春 タイ旅行日程】バンコク(4泊5日) 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 → プーケット(1泊2日) 6日目 → ピピ島(4泊5日) 7日目 8日目 9日目 10日目 → プーケット(2泊3日) 11日目 12日目 → バンコク(2泊3日) 13日目 14日目 15日目
☆★家族5人で家族旅行 上海旅行編はこちら☆★

ブログネタ
タイ旅行記 に参加中!
image


タイのバーツと日本円の為替レートですが、

2015年8月の今は、だいたい、

1円=0.288B(バーツ)

ですね。つまり、

1B=3.47円

ですね。

3.47円は、

1÷0.288=3.47

で計算できます。

1円が0.288Bになる
ということですから、

1万円を両替所で渡すと、
2880バーツが戻ってくるということです。

現在の、為替レートは以下の通り。




※1バーツいくらか、または、
1円は何バーツかを調べたい方は、
こちらの通貨コンバータをご利用ください。続きはこちらをクリック!【タイ 1バーツは日本円でいくらか?為替レートは?】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
タイ旅行記 に参加中!
今回のタイ旅行では
またまたいろいろな発見がありました。

その中でこれはいい!
と思ったのは

空港送迎サービス付きのホテル

ですね。

ホテルが無料で空港まで送ってくれるサービスです。

無料とは言っても
宿泊費に料金が含まれているんですけどね・・
けど料金的には数百円ですからかなりお得です。

これ特に、

“個人手配の家族旅行”

する方にはとてもおすすです!

今回のタイ旅行(2015年8月)では、
あのバンコクの爆発事件があったので予定変更。

バンコク中心部を回避してパタヤで延泊、
そして空港近くに宿泊しました。


今回宿泊した空港無料送迎付きのホテル、バンコクのラートクラバン地区にある『The Great Residence Hotel』

空港の近くのホテルに泊まれば、
無料で空港まで送迎してくれるサービスがある
ホテルが多数あるから、
それも便利かな・・・

と思い宿泊しました・・・

が、いやいや・・

無料空港送迎サービス

これ、とてもいいですね〜〜。

個人手配で家族旅行するには、
とても安心!!
と思いました。
続きはこちらをクリック!【タイへの個人旅行では空港送迎のあるホテルはとても心強い】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
タイ旅行記 に参加中!
タイ旅行は例のバンコク爆発事件で中心部から離れ、
空港近くのラートクラバン近くのホテルに泊まった。

周りには何もなくて、ちょっと失敗したかな?
と思ったんだけど、
いやいや、ローカルなタイ人の雰囲気に
浸れて意外や意外!気に入りました!!

ここは観光地ではないので、
英語もあまり通じず、人が優しいんですよ。

通りがかって目が合うと気さくに挨拶したり話したり、
屋台の焼き鳥売りのおじちゃんも優しい。


1本10Bですごく美味しかった!!

歩いて大通りに行くと、
屋台やレストランもいっぱいあるし、
ソンテウが5Bと安く、
それに乗って小さな寺院にも行けるし、
なかなか良い場所です。

続きはこちらをクリック!【タイ バンコクのラートクラバン地区に宿泊 のんびりローカルな雰囲気】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

パタヤで宿泊したホテルでホテルから
スワンナプーム国際空港近くのラートクラバンのホテルまで
家族5人で1000Bでタクシーの送迎をお願いした。




これまでの旅では、
自分でタクシーを探していたんだが、
安くなっても差額が100〜200Bくらいなので
歩き回る時間や交渉の手間などを考慮すると
少し高くてもホテルにお願いしたほうが良いと思った。

しかも、この料金はなかなか良心的だと思う。

ホテルからホテルまでだし、
ミニバンのように集合場所にスーツケースを
ゴロゴロと転がさなくてもいいから。

続きはこちらをクリック!【パタヤからスワンナプーム空港まで1000Bが相場?近くのホテルまでタクシー送迎】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
タイ旅行記 に参加中!
パタヤに来て今ひとつ
良いレストランというのが見つからず
いろいろ調べていたが、探してみるとリーズナブルな
ステーキ・レストランがあるようだ。

その名も『セーラー(SAILOR)』というレストラン。

なんとTボーンステーキが
150Bで食べられるというお店。

場所はホテルから遠くないソイ8沿いです。
さっそく行ってきました。

RIMG1215


席に座ると親切に案内して
人数分のメニューを渡してくれてとても親切です。

メニューを見てみましたが、
ウォーキングストリート近くのお店にあっても
お値段はかなり安い!!

続きはこちらをクリック!【パタヤの安くて美味しいステーキハウス『セーラー』に行って来た!!】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
タイ旅行記 に参加中!



バンコクの爆発事件のため、
バンコク中心部の滞在はやめて
スワンナプーム国際空港からほど近い
ラートクラバンに宿泊します。

せっかく楽しみにしていた
バンコクの寺院巡りも今回はあきらめですね。

昨年行ったから、
ま、いいかーという思いもあるけど、
もうまたワットアルンの階段を登ってみたかった。

ということで、パタヤで1泊増やしました。

続きはこちらをクリック!【バンコクの爆発事件のためパタヤのリゾートに1泊1000バーツで延泊です】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
タイ旅行記 に参加中!
サメット島からパタヤへ来て3日目です。

今日も予定は特になし。
今までの旅行は予定づくめだったので
今回はのんびりであぁいいか・・と。

ブレックファーストはホテルのレストランで
いつも通りとりました。

そして子供たちとプールで遊んだ。



リゾートには2つのプールがあるんだけど、
今日から表にあるメインのプールが工事で使えない、
ということで多くのお客さんがこちらのプールに来ていました。

子供たちはそんなのはおかまいなく
飛び込みをやっておりました。

僕は「迷惑だから控えめに」と子供に言いました。
そして、近くの欧米人のおじいちゃんに
「ソーリー」と言いました。

しかし、その方は
「ノー」と言って娘の泳ぎを
「Good Swimmming」と褒めてくれました。

しかも、そのおじいちゃんまで
飛び込んでました!

つまり、海外の人は
「他人を気にしない」
ということなんだな、と思いました。

その方はオーストラリアから中国人の奥様と来ていて
いろいろと話しました。

今度はプーケットへ行くんだそうで、
今はオフシーズンなので安いようです。

あとパタヤでの買い物で値切った話をしていました。

奥様はそういうところに厳しくて、
値切りがお上手と言っておりました。

そんな話をして・・続きはこちらをクリック!【パタヤのソイ8のステーキレストラン『セーラー』でステーキとバービア初体験と その1(タイ旅行 8日目)】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
タイ旅行記 に参加中!
2015.8.22 パタヤ

息子と5歳の娘を連れてソイ8付近へ
ステーキレストラン『セーラー』の確認をかねて散歩しました。





しかしここビアバーが多過ぎ。
一人だったら行っていたかもしれないけど
子供連れじゃ行けないね。
女の子も家族連れにゃ声かけてきません。

そんな中、ケバブの屋台を発見して、
1つ60Bで2つ買いました。
食べながら歩いて帰った。




ホテルで宿題をやりながら待っていた
ケバブ大好きの娘は喜んで食べていました。

続きはこちらをクリック!【タイのパヤタでリゾート気分を満喫?何もしないのんびりした1日を過ごした その2(タイ旅行 7日目)】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
タイ旅行記 に参加中!
タイのパヤタでリゾート気分を満喫?何もしないのんびりした1日を過ごしました。

2015.8.22 パタヤ

タイ旅行も7日目に突入。

サメット島からパタヤへ移動して、
パタヤで1回寝て2日目なんだけど、
本当に今回の計画はほとんど何も無し。

たいていどこかへ行くんだけど、
ラン島も行くつもりないし、
他のパタヤの場所の観光もせず
ホテルでのんびりです。

まずはホテルのブレックファーストです。
やはり朝食付きは楽ですね。

そのあと子供たちとプールです。
いやいや、子供はプールが好きですね〜。
みんなはしゃいでおりました。




一番下の5歳の娘などは、
サメット島から毎日水に入りっぱなしです。
パタヤの海はきれいでないし、
家族旅行ではプール付きのホテルは外せません。



続きはこちらをクリック!【タイのパヤタでリゾート気分を満喫?何もしないのんびり過ごす1日 その1(タイ旅行 7日目)】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
タイ旅行記 に参加中!
パタヤで宿泊しているリゾートから歩いて行ける
『トップスマーケット』
のフードコートへさっそく行って来た。

ここは少し前に息子と偵察ずみで、
メニューがだいたい50B台なのでお得です。

最近、パタヤの屋台では、1皿60Bとか
高めの値段設定だけどここは安心です。

ランチとかに使えるかな、
って思ってました。

さっそく今日、行ってきました。

ここはクーポン利用で、
窓口でお金を渡せばクーポンをくれます。

使わなかった場合は、
クーポンを渡せば現金が返ってきます。

うちはとりあえず、
300B分をクーポンにして、
足りなかったらまたクーポンを買って来よう
という形にしました。

さて、いろいろ種類のある中で、
私は選んだのは、このお店。

IMG_1906


メニューは

“グリーンカレーとオムレツのせご飯”

でした。

しかし、
これ今日はもう売れきれ
とのこと。

ということで、
タイ旅行に来てもあまり食べない
トムヤムクン
にしました。

“トムヤムシーフードとオムレツのせご飯”

です。




お値段は55Bです。続きはこちらをクリック!【タイ パタヤで人気のお得な「トップス マーケット」のフードコート】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
タイ旅行記 に参加中!



タイ パタヤの現地グルメ情報に
詳しいブログを集めてみました。

今、パタヤにいるんですが、
あまりグルメ情報を知らないので、
色々調べています。

そしたら詳しい方のブログがたくさんありました。

今使う!情報として
活用させていただこうと思います。

タイ パタヤの現地グルメ情報に詳しいブログのリンク集

パタヤの安くておいしいレストランたち
http://pattayacondo.blog.fc2.com/blog-entry-79.html?sp


パタヤ観光というか食べ歩き、主にフードコート巡り
http://furounisin.blog.fc2.com/blog-entry-99.html

転載させていただきます・・

1、ウォーキングストリート

ウォーキングストリート沿いに、串物屋台や、ピザ屋、ケバブ、普通の海鮮レストランがありますが、基本高い。。。

私の場合、ソイ15をよく利用、一食50バーツほど。おいしいと評判のカオマンガイ屋に、ラーメン屋台、ぶっかけご飯の屋台に、串物屋台など。

2、ビーチロード屋台
50バーツほどのパッタイ屋台に串物屋台、ケバブ屋台、いか屋台、とうもろこし屋台、虫屋台。

3、セカンドロードとサウスロードの交差点
50バーツほどのパッタイ屋台に串物屋台、いか屋台、とうもろこし屋台。

4、100バーツステーキなど
3の交差点を5分程北上した右側、店名分りませんがオープンなレストラン。100バーツほどのステーキ3種の旗が目印。タイ料理も50バーツほどから、その他料理も。(ただ南側の席はハエが多い。。。)

5、ロイヤルガーデンプラザのフードコート
海を一望でき景色は最高ですが、高い。フードコートとは感じず、ホテルのランチという感じ。

6、マイクショッピングモール
まあ庶民的なフードコートで、50バーツほどから。一軒だけ和食を取り扱っていました。

7、バービア周辺屋台群1
セカンドロード西側、ソイハニーインの向かい、串物屋台やご飯もの屋台、来ては去ってで、ちょこちょこ変わっていました。

8、セントラルフェスティバルのフードコート
50バーツから150バーツほど、タイ料理はもちろん和食に洋食、まあ一番無難なんじゃないでしょうか。

9、バービア周辺屋台群2
セントラルロードの少し南、セカンドロードからソイブッカオまでバービアが並ぶ通り、その脇に様々な屋台が来ては去ってという感じ。

10、セーラーレストラン
ビーチロードソイ8のステーキ屋、150バーツほどでTボーンステーキが食べられます。固いですが、肉食ってるという感じを得たいときに。

11、TOPSのフードコート
たぶん40バーツから50バーツほどですが、種類は多くなく選べなかったため、記憶に薄く。。。

12、アルカザール駐車場屋台群
あるのを確認したのみ、値段・営業時間分らず。。。

13、ノースビッグC南の屋台群
ノースビッグC南のソイに色々な屋台群。串物とかラーメンとか。

まだ終わりじゃないぞよ、 もうちょっとだけ続くんじゃ
なんて。。。(^_^;)

続きはこちらをクリック!【タイ パタヤの現地グルメ情報に詳しいブログのリンク集】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
タイ旅行記 に参加中!
2015.8.17 バンコクからサメット島へ

タイ旅行2日目

エカマイの東バスターミナルからサメット島へ向かう

重いスーツケースを持ちながらなんとかBTSを使ってエカマイの東バスターミナルに無事到着。中に入ったら、パタヤとかなんとか大きな声でチケット売りが叫ぶ。タイならではです。妻や子供達がそれに反応。オレはちょっと待って、探しているから、そんな声に反応するな・・と、そしたら、サメット行きをもう見つけてました(汗)。やるな。ということで、チケットを聞いたら片道にボート往復を付けて266Bでした。家族5人で子供2人分が少し安くなり1200Bちょいでした。




しかし、まずは両替しなきゃ、ってことで銀行を探した。これは僕の仕事!向こうに水色の銀行を発見して向かってみました。そこで4万円を無事両替してタイバーツ確保。やっぱり空港よりもレートが良かった。無事家族のところへ戻ったら10:30の出発だよ、とのこと。急いで23番のバス乗り場まで行ったんだけど、余裕で乗ることが出来ました。なんでもかんでも時間ピッタリの日本ではないからね。こういうところがタイのよいところです。

エカマイからバン・ペーへ

エカマイのバスターミナルからバン・ペーというサメット島に渡る港へバスで向かった。これが結構時間が長くて3時間半くらいかかった。しかも途中休憩なし。ロットゥ(ミニバン)の場合は途中休憩をとってくれるんだけどね。バスはなかったです。一旦下ろすと面倒だからかな。隣りは黒人のおっさんだったが何も話さなかった。バスの中は退屈で少々疲れた。朝はバイキングでお腹いっぱい食べたが、長時間バスに乗っていてお腹が空いてしまった。そんなこんなで港に到着。港にはオカマがいたが、まあタイでは当たり前のこと。チケットを渡して少し待ってから船に乗ってサメット島へ。約30分かかりました。船は結構揺れましたが子供たちは楽しんでいました。バンペーは海水が超汚いですね。これでサメットはきれいなんだろうか?と思ってしまいます。
続きはこちらをクリック!【バンコクのエカマイからバスでバン・ペーへ!そしてサメット島へ!!(タイ旅行2日目 その2)【パタヤ・サメット島 旅行記 その6】】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
タイ旅行記 に参加中!
夏のタイ旅行ではバンコクから近い
サメット島へ行ってこようかと計画中です。

昨年はホアヒンへ行ってすごく良かったのですが、
今年はメインのパタヤと同じ方向へということで
サメット島を目指します。

バンコクーホアヒンーパタヤ旅行記の記事はこちらより。

ホアヒンからバンコクをまたいでパタヤへ
というルートはロットゥ乗り継ぎで遠かったから・・・

(参考記事)タイのホアヒンへの観光でビーチでの乗馬が超おすすめ!

この時期、プーケットへ行くよりも
全然近くて海は荒れていないくてきれいですしね。

2014-04-13_1397359940


バンコク滞在の友人に聞いてみたら、
10年前の開発は進む前はとてものんびりしていたとのこと。

バンコクから近いのに海はとても綺麗なようです。

さて宿はどうするか・・・

海沿いのバンガローも候補に入れましたが、
波音で目覚める・・なんてすごくよく聞こえるけれど、
実はそんなに感動するほどのものでもないし、
それよりも夜遊びに行けるロケーション重視ですかね!!(´∀`*)

ちなみに島の生活はサバイバルが目的ですから贅沢はしません。

というか島に来ていること自体がリゾートなのだから、
楽しむならサバイバルでしょう。(笑)

さてメインのビーチまで歩ける街中にある
ロケーションバツグンのリーズナブルなホテルはどこか?
と思い探していたら・・・

Runa Runa the best guesthouse
http://www.samed.co.jp/index.html

という宿を見つけました。

これは、たまたまですが、
日本人の方が経営しているそうです。

フェイスブックもありました。
https://www.facebook.com/runarunaguesthouse

外観はこんな感じです。
27085827


ホテルの評価はウエブサイトで見ると
10点中6点くらいですね。
まあまあ普通です。
(7点以上なら快適だと思います)

ホテルサイトのホテルって
まず写真は当てになりません。
信じていくとがっかりします。

また評価はまあ正しかったりする。
評価が悪ければ、やっぱりそれなりなんですよね。

そこでこのホテルに関するブログを
いろいろと探してみると・・・続きはこちらをクリック!【タイ サメット島の日本人経営の宿「Runa Runa the best guesthouse」をチェックしてみた】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
タイ旅行記 に参加中!
家族でピピ島滞在記(2)〜タイ プーケット・ピピ島旅行記(2014年3月から4月)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
タイ旅行記 に参加中!
家族でピピ島滞在記(1)〜タイ プーケット・ピピ島旅行記(2014年3月から4月)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

今年はやっぱり海外に行きたくなってしまったので、
プーケットとピピ島まで行ってきてしまいました。

もちろんバンコクも行きたかったんですが、
情勢が色々と落ち着いていなかったようなので、
今回はパス。
(多分、大丈夫なんだろうけど)

ということで、少し落ち着いたら、
タイ旅行記・・プーケット旅行記ピピ島旅行記
このブログで、アップしていきます。

今回の旅行もすごく楽しかったですよ〜。

IMG_0784

確かに、家族5人で行くのですから、
いつも楽しいわけではありません。

ドタバタ、ハップニング、アクシデント、
いろいろありました〜。続きはこちらをクリック!【タイ旅行ブログ 2014年3月から4月はプーケットとピピ島へ行ってきました】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

タイのピピ島への旅行の最終日は、
船をチャーターしてモンキービーチへ向かいました。

RIMG0593

ちなみにピピ島は、レオナルド・ディカプリオが
あの『タイタニック』に出演後、
100本以上のオファーを断ってまで
出演したと言われる『ザ・ビーチ』の
舞台となった島です。

ザ・ビーチ (特別編) [DVD]

運が良ければ野生の猿と出会えるという
モンキービーチですが、
何と野生の猿が現れました。

ピピ島モンキービーチで野生の猿との出会い(タイ旅行 10日目)

動画はこちらです。


続きはこちらをクリック!【タイのピピ島モンキービーチで野生の猿と出会った映像】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

タイピピ島へ行く方法は?

ピピ島へは、プーケットかクラビから、
ボートで向かいます。

この動画は、
プーケットから
ピピ島へ向かうときの様子。

家族5人はボートに乗っています。

続きはこちらをクリック!【タイピピ島への行き方は?ピピ島へ向かうボート【動画】 On the Boat for Koh Phiphi】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

バンコクのタクシー事情 その4
渋滞の時は定額料金を請求してくる

先で書きました、
BTSチットロム駅付近の下を走る
道路でタクシーをつかまえたときですが、

プラカノン駅まで200B!

という定額料金を表示してきた
タクシーもありました。

行きに利用した時、
プラカノン駅からチットロム駅まで
約70Bだったので、
200BならBTSを使うでしょう。

つまり、渋滞のときは
うまくBTSを利用しましょう
ということですね。続きはこちらをクリック!【バンコクのタクシー事情 その4 渋滞の時は定額料金を請求してくる】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

バンコクのタクシー事情 その2
空港からバンコク市内まではカローラクラスの普通車で400B

RIMG01553

旅行前に悩んだのが、
スワンナプーム国際空港から
バンコク市内のホテルまでの“足”です。

ネットで調べると
日本人旅行者相手の旅行代理店が
リムジンを提供しています。

料金は1000Bとか1200Bなど
ですが、必ずリムジンでなければならない、
ということはありません。
ふつうのタクシーで十分です。

空港からタクシーに乗るには、
1Fの“Public Taxi”という看板を見て
エスカレーターで降りていけばオッケーです。
タクシー乗り場があって、
タクシーがたくさん止まっています。

乗り場には受付カウンターがあります。
そこでタクシーを手配してもらえば
大丈夫でしょう。

市内まで一般のタクシーを利用すれば、
リムジンで1000B払うような
無駄遣いをしなくてすみます。続きはこちらをクリック!【バンコクのタクシー事情 その2 空港からバンコク市内まではカローラクラスの普通車で400B】
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ