水泳研究室卒業・修士論文発表会流水

2010年01月25日

卒論発表会終了

bc5977c2.jpg
卒業論文発表会が終了しました。

今年の質の高い発表が多く、参加者から多くの質問が出ました。

水泳部の選手には今後の練習や
4年生時に書き上げる自身の卒業論文につなげてほしいです。

懇親会では各賞の発表
プレゼンテーション賞は
水球部の乙女君

オリジナル賞は
前主将の内海君

最優秀は
修士の島田君

でした。島田君の
「スカーリング動作の推進メカニズムに関する考察」

では、今まで多くの水泳指導書が推進力の説明に
定常状態での理論を応用して説明してきたが、
水泳の推進動作の推進メカニズムは非定常の理論を応用すべきである。として
それを見事に

粒子画像追跡法
圧力計測
動作分析

のデータから見事にスカーリング推進メカニズムを説明してくれました。
<写真は懇親会の様子>



tsuyoshi561981 at 08:18│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
水泳研究室卒業・修士論文発表会流水