笑顔のモト--What does motivate me today?

ちょっとうれしいこと & きれいだと思う写真 plus 姉ちゃん作猫ふたコマ by Tsuyuki Miura

ゲルにゃか(笑)から熱き心へ


てまお2018.8.19
キュビズムてま、 タヒチアンたお。

ついに世界的アートになっちゃったうちのニャー様たち。


IMG_6809
 
確かにモノクロなところは同じ。


IMG_6764

文学は枕にちょーどいいんニャよ。 



IMG_6811

届いたバースデーカードを開いたら、タオちゃんびっくり!
 


これが突然流れてきたからね。


IMG_6814

誕生日プレゼントのコアラ。


IMG_6777

そういえばこんなケーキでお祝いしてもらった。


IMG_6783

食べたのはここ、神戸蘇州園。


IMG_6776

こっちは長野、姫川源流、いや暑さで源流も枯れるほど。


IMG_6635

第二言語語彙研究者仲間と久々の再会(ややオタク系?語彙研究者は男性が多い)。

真面目に学習者のことを考えてる面々と過ごした時間、かつて自分にあったことが嬉しい。





猛暑が終わり、ようやく普通の暑さになってきたのかいな?

ものすごく暑いということしか記憶に残っていないような、夏休みなんだけど。

先日、キャッシュフローを集約するべく、二つ残してあった銀行口座を一つにした。

もっと早くやってもよかったんだけど、機を逃して何年もほったらかしになっていたものを。

今や、わざわざ平日に窓口にいかずとも、ネットでほとんど事足りるようになった。

低金利政策継続中で、定期預金の金利は相変わらず年利0.01%。

久しぶりに足を運んでみると、各銀行、投資信託と定期預金の抱き合わせや、年金受け取り口座約束などで、金利上乗せ勧誘が盛んな様子だった。

といっても、投資信託はリスクがあるし、金利上乗せといってもせいぜい年利0.1%、そこから手数料も引かれ、オッ、と心惹かれるようなものはあまりなさそう。

デビッドカードも最近盛んにCMされてるけど、完全にクレジットカードと置き換えることはできないから、結局両方管理する手間が増えるだけかな。

時間と「ずく」のある人なら、細かく分散投資てして、リスクを回避し、少しでもリターンあげるべく励むのだろうけど。

管理が煩雑になることはできるだけ避けたい、要はめんどくさいことは増やしたくないのよ(笑)。

結局、使わないのがいちばん貯まる(姉談)。

まあね、いちばんかどうかわからないけど、少なくとも減らないことは間違いない。

というわけで、金融緩和政策といえど、面倒くさがりの庶民の財布の紐は締まり続けるのである。

ここ何年か、預金も目標を定めて、使わない生活にシフトしてきた。

節約、というと、なんかみみっちい響きだけど、偏見を捨て、本当に必要かそうでもないのか考えるのは、いろいろなことの意味を改めて問うことになるので、わりと面白い。

というわけで、ここ最近変わったこと。

1. 携帯通信大手キャリアから格安スマホ会社に乗り換え。周りの外国人はわりと詳しい人が多くて、聞けばやはり日本の携帯通信費は、他国と比べてべらぼうに高いようだ。いわゆる「2年縛り」が明けた4月に手続きして、翌月からほとんどタダみたいな通信費になった。あと数年もしたら大手もぐっと下がるかもしれないけれど。

2. 果物を食べなくなった。「果物は嗜好品」と姉がいうのを最初聞いたときは、そうなん?と思ったんだけど、買わなくなってみたら、別に食べなくても問題なかったのは意外だった。いちごやぶどう、桃、梨、柿、いつでも何か買っては食べていたのに(あ、バナナだけは食べます)。特にスイカを食べなかった夏というのは、文字どおり生まれて初めて。

3. 果物もそうだけど、甘いものとパンの消費がぐっと減った。どっちも迷いなく食べていたけれど、しばらく食べないでいたら、欲しなくなってきたのが不思議。あんぱんとかたい焼きとか、好物だったのに、今は興味が薄れたというか、別に食べたいと思わなくなった。

果物もお菓子もパンも食べずに、じゃあ何を食べてるのかというと、春先は、近所のコープ神戸で売り出した焼き芋、で、夏になったら枝豆。家庭教師先から盆暮に届く松葉昆布をまぶしたきゅうり、切っただけのトマト。ビールは飲まないけど、お酒のアテみたいなのが美味しいと思う、変われば変わるものだ。

4. 下着を変えた。長年愛用してきたのはカルソンという形、安心感があって洋服に響かないという理由で。メーカーも多少高くてもずっと同じものを選んできた。が、あり得ないと思ってた形の、鼠蹊部の開放感が、意外にも気持ち良かった。友達から手作りの「ふんぱん」というのをもらったのが開眼のきっかけ。外からは見えない部分だけど、違う自分になったくらいの大きな変化のような気がする。

5. ブログへの執着が減った。書くのが楽しかった時期、苦しいけど書くことでなんとか保っていた時期を経て。プライバシーの一部を公にすることへの抵抗はずっとあったのだけれど、書く楽しさが勝っていた。ある意味、自分にとっては役割を終えたのかもしれない。



どれも小さなことばかりだけど、ことほど左様に、人は移り変わっていく。

変わらない部分もあるのだろうけど、いや、あまりないのかもしれない。

以前こだわっていたことが、あるとき、別にどっちでもいいかと思う。

あ、これはもう違うな、こっちの方がいいなと自分で気づいて、次へと移っていく。

自分ではまだまだ大事で、変えたいと思ってないことだって、否応なしに突然変わってしまうことだってあるのだから。

変わるのはそうそう悪いことばかりではない。

そういえば、川の流れのようにという名曲がありましたっけ。





で、関係ないけど、連鎖的に、これも聞きたくなりました。





バックのコーラスやオーケストラに、もはや新鮮さを感じる。

平成に変わり、音楽もデジタル化が進み、歌手はイヤホンして歌うのが普通になった。

マイケル・ジャクソンが This is it で、こんなものを耳に入れては歌えないと言っていたっけ。

昭和が終わり平成も終わる。

生きることは旅すること。

とりとめないけど、こんなところで。




 




 

修繕


IMG_6787

20年くらい着続けたボタンダウンシャツの襟、ぼろぼろ。

さすがに外へ着ていくことはもうできなくなってた。


IMG_6802

思い立ってプロの手を借り、この夏、見事に蘇ってきた。

あっと驚くプロの技、こんなことができるとはね。


友達に、なんでそこまでこのシャツが気に入ってるの?と聞かれたけど。

うむ、生地やサイズ感、それに硬すぎない雰囲気が、私としては完璧と思えるシャツなんだな。

そして、店に行っても、ネットで探しても、同じものはもう売られていないのさ。




IMG_6782

皮が弱り両側穴開き、使い物にならなくなったペンケースも。


IMG_6807

サイドの丸いマチをはずし、フラット形に変身させた。

通帳やパスポートなど入れるのにぴったりのポーチになったかな?


IMG_6789

ガマ口型ペンケース、長野の本屋さんで先日新調したのでね。

しましま猫アップリケ、うちのだれかさんに似てるではないの?



IMG_6792

小学校の裁縫から使ってる、18センチの裁ちばさみ。

切れ味もさることながら、中央のカシメが緩んで、とっても切りにくい。

どうしようもないまま使い続けてきたけれど、ようやく修理業者に行き当たり、先日修理に出したところ。

切れ味使い勝手、生き返ってきたら嬉しい、旧姓入りの鋏。



IMG_6796

日傘の布がホネからはずれたところくらいは、自分で修繕できる。

この傘、名古屋時代に買ったものだなあ。

何か広げると、なぜかいそいそと乗っかってくるチミがとってもじゃまなんだけど。

気が済みましたかね?




古いものを直して使う、こんなことがなぜか嬉しい年頃になったのかねえ?

上のシャツも、確か名古屋にいた頃、二人で店に行って、ああでもないこうでもないと選んで買ったんだ。

当時、ファストファッションというものがまだ存在してなかった。

着たいと思う服は、いつだって高くてなかなか手を出せない、だから一つ買うのにもよく考えて、長く着るのが当たり前。

その後20年で、グローバル化が進み、ファストファッション台頭。

ものすごく手軽に、そこそこの服が買えて、気軽に買い換えられるようになった。

当初の安かろう悪かろうが、今や品質も向上、楽しくて便利、その恩恵は享受してきたけれど。

代わりに、ものを大切にする気持ちが薄れたり、本当に好きな服を着てるのかな?ってよくわからなくなったり。

テクノロジーと同じで、便利さを享受するのはいいんだけど、それを使って幸せなのかって部分は、自分の頭でちゃんと考えないといけないのである。

「次は、襟を外して、スタンドカラーにもできますよ。」と修繕やさんに言われた。

よーし、こうなったらおばあさんになっても着続けてみようかね?

死ぬまでこのシャツが似合う自分でいるってのも悪くない。



 

I want you back




夏休みだけど、毎週元気よく英語レッスンにやってくるはっちゃん。

What's your favorite music? と尋ねたところ、Twice! と即答。

見つけた英語歌詞の曲、と思ったらJackson 5のあの懐かしい曲ではないの。




声変わりする前のマイケルのハイトーンボイス、かわいい、でもって、やっぱり上手い。

さっそく両方見せて、いっしょに歌ってみました。

Jackson 5はもちろん初めて聞くはっちゃん、でも、小学生のマイケルの歌が抜群に上手いことはわかったようだ。

I want you back のフレーズは、音の連結(consoliadtion)と同化(assimilation)を練習するのにぴったり。

はっちゃんは、子どもの頃phonixをやってるからか、こういうセンテンスレベルのイントーネションも、わりと自然にやってのける。

日本の中学校では、発音といっても単語レベル、イントネーションなんてまったく評価されないというのが残念なんだけれど、いざ英語でコミュニケーションとなったら、ものすごく大事なんだよ。

同時に、カバーされた曲のオリジナルを聞いてみるの、文化学習として悪くないんじゃないかと思う。

韓流アイドルには興味ない私だけど、学習モティベーションのためなら、もうなんでも教材にしちゃうのである。

韓流だけ聞くより、私自身も楽しめるし(笑)。

先日の達郎にしても、こういった音楽は何十年も前に夫が教えてくれたもの。

彼がいなくなった今、どんな曲でも瞬時に検索して利用出来る、ありがたい時代になったものだ。

モティベーションもりもりで、先日英検準2級合格したはっちゃん(現在中2)。

10月には2級合格したいんだそうで、そんなに急がなくてもいいんでは?と思うのだけれど、まあ先生としては、できるだけのサポートはやってみようかね。

英語習得に、6年も8年も(小学校から始まる今や10年?)長い時間をかける必要が本当にあるの?、と常々思っている私。

2年間で2級まで達成、しかもコミュニケーション能力が伴っていたら、もう言うことないんじゃないかと思うので。


 

未来に希望を





8/8夜、台風情報のTV、何気に始まったサザンのNHKスタジオライブ。

今年、なんと結成40周年ですと、でもって、全員還暦超えたのですと。

途中ギタリストだけは替わったと思うけど、あとは創設メンバーのまま。

音楽シーンデジタル化の波、活動一時停止、桑田さんの食道がんを経て、まだまだやる気満々。

こんなにずっと続いてるバンドって、日本では他にないんじゃないだろうか?

今月新しいCDリリース、来年にはまた全国ツアーもやるらしい。

2年前の武道館ライブのTokyoビクトリー、この一体感はやはりライブならでは。

「葡萄」に収められてた曲だけど、この曲を超える東京2020応援ソングはまだ出てないと思う。

個人的には、桑田さんが大病して死の淵を見てきたからこそ、なんか共感できる。

還暦まで生きてきて、何一つ傷のない人なんて多分誰もいない。

何十年の間に、誰だって一つや二つ、あるいはもっとたくさん難局を乗り越えてきてるもんだから。

「美しい思い出もいいけれど、未来に希望を持って生きることが大事。」

「みんなの歌」紹介ソングのラストで言ってた。

その通り!ぽんと膝を打ちたくなった。

何があっても未来に希望を持って生きるには?

それは結局自分の捉え方次第なのだと思う。

どうせ生まれたからにゃ、命の限り旅を続けよう。





こちら、アニメーションが斬新な新曲、サラリーマン応援ソングってとこかな?


 

夏への扉


IMG_6558

たまたまなんだけど、この夏翻訳ものを何冊か読んだ。

日本文学に比べて、とにかく描写が細かく長く(村上春樹的)、行間を読むのに慣れてる人には「これいつまで続くんだろう?」と思うことがある。

あと、展開が突拍子もなくて予測できない。言語と文化の違いが明確に出てると思う。

モームの月と六ペンスは、ある画家がモチーフなんだけど、いったい誰?と探りながら読むのがとても楽しかった。

夏への扉は、1950年代に書かれたSF小説。

未来へのタイムトラベルが2001年だったりする古さ、なんだけど、びっくりするほど面白かった。

猫のピート、冬でも夏へ通じてる扉が必ず一つはあると信じてる。The door into summer.

そう、この小説を読んで、1980年代山下達郎が歌ったあの曲の意味がようやくわかったというね。

豊ちゃんと共有できないのが、ああ残念。

まあ、姉ちゃんがすぐに読んで、面白さは共有できた(けど、音楽の方は知らなかったって)。




Ride on Time、まさに青春ど真ん中(笑)。名曲です。


達郎、とくれば、連鎖的に大瀧詠一のサウンドシャワーへと続く。



A Long Vacation 恋するカレン、こちらも名曲。

古い曲は避けてたけど、どちらもカラッと明るいサウンドで湿っぽくなりえないのがマル。








 

6−7月の猫模様


猫ふたコマファンの皆様、長らくお待たせでした。

春学期中溜まってたのを一挙公開!


てまお2018.6.14


ニャン法かくれみの術編。

 
IMG_6538


カバン猫でおなじみタオちゃんが元写真だね?

おかげでいつもカバンが毛だらけなのは、まあご愛嬌。

英語レッスンにくる中学生のレッスンバッグもゆりやのトランクも既に制覇(というか犠牲)。





てまお2018.6.19

おお、これは大阪北部地震、石になった猫編。

窓際にいた2匹、ガタガタっという音に反応し、フギャッっと飛び上がっような。

てまり、空いてた窓からベランダへ飛び出し、タオは寝室へダッシュ。

おいでおいでと呼んでも、目だけこっち見て動かないてまり。

抱っこしたらカチカチに固まってた、という話をしたら描いてくれた。

絵では余裕のタオちゃん、実はもっとビビって、その日は1日毛布にもぐってたのだがね。




てまお 2018.6.23

猫だってワールドカップ編。

そうだった、ワールドカップサッカー盛り上がったんだった(もう忘れかけてる)。

授業でもネタに使わせてもらったっけな。

日付が豊ちゃんの誕生日、生きてたら58歳だったよ。



てまお2018.7.2
口を開けてうっとり?猫のフレーメン反応編。

うちのはあんまりこの手の顔はしないんだけど。

タオは、何を嗅がせてもしょっぱ顔反応。

てまりは、何を嗅がせてもナニナニナニと好奇心丸出し反応。

2匹とも、鳴き方や声の使い分けが、なかなか言語的なのであるよ。

姉の職場の同僚があんずくれたんだって、長野ならでは。




てまお2018.7.7

猫のひげ袋、流行りのスタイル編。

興奮したりすると膨らんで見える時もあるふぐふぐウィスカーパッド。

姉貴がサイドの髪ツーブロックにした時だったかな?

スポーツ選手とか、学生の間でも男女問わずよく見かけるようになった。

普通のボブスタイルでも、実は中が刈り上げとかね。

すぐに伸びてボサボサしてくるから、マメなカットが必須。

なかなかヘアカットに行けずボサボサ頭で過ごしてた私

大雨で休講になった日に、今日行かないともう行けない!といさんで出かけたら、

帰りは電車が全て止まったというおまけつきでありました。





てまお2018.7.12

猫はすっぱいのがお嫌い編。

台所でレモンをいじってると、2匹共鼻をヒクヒク。酸っぱい匂いもだめらしい。

 
IMG_6660

スーパーの地産地消コーナーで見つけた和歌山産レモン、はちみつ漬けソーダ割り。

一時期毎日のように作ってはゴクゴク、皮までむしゃむしゃ。

疲れた頭と体にしみる元気ドリンク、昔バスケの部活でよく飲んだっけな。



IMG_6596

タオがあご乗せしてるカマボコみたいなのはヌメ皮のペンケース。

実はこれ、両側に大きな穴があいてしまい、かなりまずい状態に。

20年くらい前に夫がくれたものなんだけどね。

もうそろそろ替え時かな、何しろペンがボロボロ落っこちちゃうので。





てまお2018.7.29
自分のご飯もあの子のご飯も私のもの編。

一時期、2匹のご飯事情が逆転。

いつもてまりの残り飯を漁っていたタオ、夏になってから食欲落ちた、

と思ったら、反対にてまりの食欲全開!

猫なりにその時々で事情が変わるのかね?

今は2匹とも同じくらい、自分のカップからモリモリ食べておるよ。



これで全部?溜め込んでしまったことをお詫び申し上げますニャ。




 

5年日記


IMG_6763

あああ、ついに成績処理が終わったのである。

って、試験は7月末にとっくに終わったていたというに、今年はずいぶんと引張ったものよ。

秋田の葬儀から戻って10日間、一体何をしておったんかね?と自問自答。

もはや、とにかく暑かったということくらいしか記憶にナシ。

いや、誕生日には友達と神戸でうな重しっかり食べたし、週2でヨガに通ってるし、家庭教師も週1ちゃんとこなしてる。

久しぶりに猫のお気に入りベッドを洗濯もしたし、ラグも洗ったし、座布団まで洗った。

まあ簡単に言うと、仕事やる気ゼロの心理状態になってしまったのだね。

今学期、途中かなりきつかった。地震と大雨で休講になって救われたほど。

ペンを握ると右手が腱鞘炎で痛い、メガネをかけないとよく見えないけど、ずっとかけてると疲れる。

教えたことが反映されてないエッセイ答案を見ると汗タラタラの拒絶反応(笑)。

秋田で過ごした3日間が結構濃くて、それも虚脱感の一因かもしれない。

理由というか言い訳はいろいろあるんだけど、ダラダラへらへらの情けない自分を自覚し、そして許してやっていたわけなのである。



月曜日、大学図書館がトイレ工事で2週間近く閉鎖されるんだったと気づき、あわてて炎天下の坂道を登って行った。

めまいがするような暑さに、思わず学内のスタバに駆け込み、アイスチャイなど飲んでソファーに沈み込みまったり。

本来の目的を果たさず帰路につきそうになる自分を叱咤激励、もろもろの用事を済ませ、再び坂道を下って帰宅。



昨日は、二十四節気の立秋を迎え、気のせいか朝の風が変わった気がした。

暦が秋になるまで採点を持ち越したことがさすがに辛くなり、一念発起、一気に採点終了。

やればできるじゃんか、なぜ今までやらなかったと再び自問自答。

いや、とにかくやり終えた結果に満足しておこう。



で、ようやく気分は本当の夏休みに突入。

テレビを点けたら、甲子園の高校野球がいつでもやってるし。

読みたい本もストックしたし、秋の授業用のDVDも借りてきた。

最近、5年日記もつけ始めた。

5月、静岡在住の大学時代の友人と大阪で再開したのだけれど、お互いの記憶では前に会ったの5、6年前の夏だったよねということだった。

が、後日、前回はなんと10年前、しかもクリスマスだったことが判明。

彼女が10年日記を付けていて、それでわかったのである。

何があったか記録だけでもあとで見ると面白いらしい。

ということで、今年の誕生日、老舗書店で10年日記ありますか?と尋ねたら、今はシーズンオフ、1月とか4月に始める人が多いらしい、なるほどね。

でも、日付を自分で入れるタイプならあるというので、10年はやめて5年のを買ってみた。

笑われるかもだけど、10年は生きてるかわかんないしなと思ったのさ。

1日分のスペースはほんの数行なので、簡単な記録だけ。

風呂上がり、扇風機の前でぼんやり涼んでいる時間に、ちょこっと書くことにした。

年齢とともに、必要のないことを忘れるペースが早くなってきたので、きっと1年後でも、あんまり覚えていないかもしれない。

ちょっとでもその日を振り返る行為というのは悪くない、目新しさもあって結構気に入ってる。




昨日読了した、サマセット・モームの月と六ペンス、思いがけずとても面白かった。

今日、原田マハの絵画作品文庫新刊2冊発見、読むのが楽しみ。

時間に追われず猫とのんびり。

暦の上では秋になっちゃったけど、充電時間の夏休み。

燃え尽きるまで働くのは、もうやめようと心に誓うのである。





IMG_6750

猫の蹴り枕、長い間お腹が破れて気になってた、ようやく縫って修理してやった。

さっそく噛み付いて遊ぶけだものタオ。


IMG_6757

2度洗い、掃除機、コロコロローラーを駆使して、ようやくふかふかになった猫ベッド。

さっそく潜っていったてまり、すぐに暑くてびろ〜ん。



image

挿し木のフィカスが3鉢旅立っていきました。

少し広々したリビングで、ねこ共々元気にしております。
 



 

Looking forward


IMG_6720

30年世話になった秋田の母が亡くなり、4年ぶりの秋田へ。


IMG_6702

街は竿灯前夜際といったところ、賑わっていました。


IMG_6696

様々な懐かしい顔と再会を果たし、これでまた一つ区切りがつきました。



IMG_6739

そしてまた一つ歳を取りました。


IMG_6737
 
うちのビリケンさん&ジーン・シモンズも猛暑を元気に過ごしています。

今日できることを精一杯やって、あとは成るように成るのさ、

と、また過ごしていきまするよ。

前だけ見てね。





やっと止んだ


IMG_6618

丸3日間続いた土砂降り、今朝ようやく上がったような。

雨に打たれっぱなしだった挿し木、新芽がだいぶ伸びていた。

激しい降りでベランダ遊びお預けだったてまり、さっそく張り切って登場。

ご心配いただいた皆様、うちの地域は幸い難を逃れました。

でも、いつここも災害に巻き込まれてもおかしくないほどの降りで。

いざというとき猫をどうして避難させようと考えるほど。

梅雨の終わりに大雨というのは聞くけれど、ここまで降るとは。

山を越えたところにあるキャンパスは、交通機関が止まったまま木金と閉鎖、学期末にとんでもない混乱となり。

でも、体力限界が近かった私は、雨のどさくさに紛れて休息ともろもろキャッチアップ。

オンラインで、いながらにして対象学生に直接指示が出せるのがありがたい。

残りの授業や試験、もうひとがんばりできそう、気持ちも回復しました。




IMG_6628

大好きなお日様はもうちょっと先ニャよ、てまちゃん。


IMG_6601

雨でびしょびしょのバッグでもいいのニャ、カバン猫タオ。


IMG_6596

あご乗せ寝、ペンケースで進化系。 

皆様も、どうぞそれぞれの場所で、気持ちカラッとお元気で! 



 

あと半分


てまお2018.5.31

今年も雨の季節間近のふたコマにて、お久しぶりのご挨拶申し上げます。

更新がちっともされないんだけど?とご心配くださった皆様。

2匹共々つつがなく暮らしておりますのでご安心ください。

皆様も、それぞれにどうぞご自愛くださいませ。



てまお2018.5.15

傑作ふたコマもたまっております。

それぞれ、寝癖と枕寝ニャ体(二体)有り。



IMG_6345

元写真、猫っ毛すぎて、寝起きは全身寝癖なの、てまニャン。



てまお2018.5.22

続きまして、「待ち」は猫の大事なお仕事編。


IMG_6376


元写真、風呂から出たら、畳んだヨガマットにちんまり座って待つタオにゃん。



4月から、よく言えば、他に回すリソースを、少しでも仕事に集中させ、できるだけいい仕事をしようと奮闘努力中。

春休み、あんなに長く休んでいたんだし、と自分に言い聞かせつつ。 

しかし、教員の仕事、少しでもよく、と生徒の方を見れば、もうキリがない。

5月半ば、声が完全に枯れちまいました。

気持ちはあっても、もう体が言うこと聞いてくれないのかも?とふと不安になったりする。

やっぱり、仕事減らさないとだめかな?いや、でもまだ頑張れるか?と揺れる時も。

それでも、6月になり、あと半分、先が見えてきたのはありがたい。

しとしとの雨も、ぎらぎらの日差しも乗り越え、7月末までがむばりまする。



IMG_6429

猫写真あまり撮ってないですが、ピカピカのお日様で2匹いっしょのやつ。


IMG_6506
 
帽子ブロック、プラス、尻尾でキーボードもブロックのタオ。



IMG_6415

小鉄くん、お母さんのお留守番、いっしょに頑張ったね〜。


 


 


















 
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

tsuyumimikichi