2014年05月22日

美写写真展『街角遭遇2014』5月24日から始まります3

そんなわけでかなり久々のブログUPをば。

毎年この時期恒例ですが、ワタクシも所属しております「美写」の写真展が始まります。修了展という感じで活動の成果を展示しておりますので、是非とも時間のある方は足をお運び下さい。(今年は10年間慣れ親しんだ会場から、心機一転新しい会場です。)

美写(びーちぁ)写真展
『街角遭遇2014』

期間:2014年5月24日(土)〜6月1日(日)
平日12:00〜19:30
土日11:00〜18:30
(但し、初日14:00〜/最終日〜17:00)

会場  Gallery W
〒112-0001 東京都文京区白山2丁目14-18

都営三田線/白山駅から:徒歩9分
東京メトロ丸の内線/茗荷谷駅から:徒歩13分
都営大江戸線/白山駅から:徒歩12分
(小石川植物園正門入口向かい)

「美写」詳細並びに昨年の作品はコチラをば。


ttate at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!写真 

2013年05月24日

美写写真展『街角遭遇2013』5月25日から始まります

そんなわけでかなり久々のブログUPをば。ここ一年であまりに公私ともに目まぐるしく変化が大きく、まだまだバタついておりますが、例年通りの告知をば。
(今年の東京戦は、まだアウェーにすら行けていない(汗)

毎年この時期恒例ですが、ワタクシも所属しております「美写」の写真展が始まります。修了展という感じで活動の成果を展示しておりますので、是非とも時間のある方は足をお運び下さい。

美写(びーちぁ)写真展
『街角遭遇2013』

期間:2013年5月25日(土)〜6月2日(日)
平日12:00〜19:30
土日11:00〜18:30
(但し、初日14:00〜/最終日〜17:00)

会場  ギャルリー トラン・デュ・モンド
東京都新宿区歌舞伎町2-46-5
KM新宿ビル9F
新宿駅東口より徒歩10分
新大久保駅より徒歩5分
西武新宿駅北口正面
tel:03-5273-8451(期間中のみ)

「美写」詳細並びに昨年の作品はコチラをば。
http://bichablog.blogspot.jp/

ttate at 20:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!写真 

2012年11月18日

「ACL2年連続出場ならず(涙)田んぼの球蹴りでも相変わらずチャンスに点が取れないですなあ」神戸戦@飛田給3

73c92942.jpgそんなわけでかなり久しぶりのエントリーです。9月から内勤→営業に異動し、かなりドタバタしており、挨拶回りで全国飛び回っていたこともあり、交歓会と2試合ぐらいしか観れていなかった。約2ヶ月ぶりに飛田給で観戦し、落ちそうでなかなか落ちない神戸との一戦をば。
久々すぎてユーロ寄ってグッズ買ったり(爆)トーキョー通信DVDを引換えたりして、今一つの体調もあってバクスタにて観戦。風が強いこともあって屋根があっても雨が時折吹き込んでくる状態で野球だったら雨天中止の天候だが、雨脚が強まるもキックオフに。
前半はまだピッチ内に水が溜まっておらず、ボールが普通に動いていたため、東京は積極的に右サイド仕掛けるが、神戸のラフプレーや身体を張った守りもあり決め切れない。そうこうしている内に「チャンスに点が取れないと取られる」というお決まりのパターンで神戸のサイドバックにミドルを決められ先制を許す。その後も右サイドに偏った攻撃を仕掛けていたが、左サイドバックだった北斗の動きが悪く前半途中で怪我から復帰してきた太田にスイッチ。後でMXのV観たら怪我してましたね。右サイドに寄りすぎたのも相手にとってシンプルだったかも。そしてどんどん雨脚は強まり、ハーフタイム終了時にはほぼ「田んぼ」状態に。
後半はほとんど「田んぼで蹴鞠」状態で、もはやサッカーではない。
田んぼ








得点の匂いが全くしない中消耗戦となり、前半得点できず先制許した付けが回ってしまい、ACL出場が消える痛い敗戦となった。
スコア








終了後








まあJ1昇格年に残留が決まってよかった反面、もっと上の順位にいてよいチームだとも思います。まだ賞金圏内は狙えるかと思うので、ガンバに印籠を渡し、仙台の勢いを止められたら良いなと思います


ttate at 19:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!FCTOKYO 

2012年08月19日

「決定機が多くてもゴールを割らねば勝てません(涙)」大宮戦@飛田給3

8b4265ef.jpgそんなわけで昨日はお盆時期最終章のホーム大宮戦、野暮用こなして飛田給へ参戦。いつも一緒に観戦させて頂いている皆さまとゴール裏で観戦。いつも有難うございます。すき家dayということで、入り口のスタッフの方からおそらくスポボラの皆さままで「すき家のユニフォーム」そのうち「ローソンデー」もあるから、という事はですよね(笑)
ようやく東京もロンドンから代表メンバーが戻り、選手がそろい始めたはずが、ヤザーが千葉へ完全移籍はじめ若手がどんどんレンタルされ、替わりにMC泣かせの「ネマニャ ヴチチェヴィッチ」選手の加入といつになく出入りが激しい。そんなネマもリザーブに入っていた。
試合前、天皇杯の返還式が、
返還式








何故かいつの間にこんなゆるキャラが
はにー







「はにー」とやらなぜ埴輪?(笑)
東京も対抗して
返還







「はにゅー」先輩が(笑)返還をば
試合のほうは、前半から東京がボールを回して、ルーカス、梶山、エジミウソンンに収まって決定的なシーンを何度も作るが決めきれず、引いてカウンター狙いの大宮の堅い守りを崩せない。相手DFに何本もシュートブロックされる始末。ピッチもボコボコだったが、シュートもボコボコでした(汗)
ハーフタイムにすき家のエプロン着けた子狸が牛丼を食べるパフォーマンス披露。牛丼ドロンパ






後半はポポに激を飛ばされたのか、開始10分までは波状攻撃での猛攻を魅せるが決めきれず、逆に警戒対象でリザーブだった相手FWノヴァコヴィッチに一発で仕留められて0−1と先制を許す。東京もネマ、千真、三田と交代カードを使うも、崖っぷちでのガブリ寄りが上手い大宮に逃げ切られて新潟に続き下位相手に痛い敗戦となった。
内容は悪くなかったが、決定機にあれだけ外せば勝てません(涙)強いてよかった点は、後から入ったネマ、三田が良かった事。ネマのボールのらい方と持ち方と三田の前からの貪欲な守備とシュートは収穫だったかと。次節広島、次々節毬戦と上位対戦で、負け続けると降格ラインが見えてくる正念場。しかもその後は「ナビ準々決勝」も間に入ってきての厳しい戦いが続くので、何とか最低限の結果を残して浮上してほしいものですな。


ttate at 18:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!FCTOKYO 

2012年08月09日

『叔母との旅』@青山円形劇場5

cfb0502d.jpgそんなわけで想定はしてが7月末から仕事が忙しくしっかりOFFが取れていない(汗)しかもロンドンオリンピック真っ盛り!体調だけは整えないと(汗)
そんな中何とか先週の木曜に午後半休をとって帰宅し、私用をこなしてから青山円形劇場へ。こどもの城の一角にあるので、相変わらずプールの塩素臭がそれなりに。今回私としては珍しく再演ものかつ、スケジュールの関係もあり初日を観ることに。前回楽前に見たのとは違い「おば様」たちがワンサカ。誰のファンなのかしら?前回とほぼ180°反対の席で印象が非常に新鮮。何せ4人の演者が入れ替わり立ち代り主役のヘンリーを演じ、さらに熟成されたと思しき芝居を展開してその世界に引き込まれる。すぐ至近の席で演出の松村さんもおられた。初演にもまして楽しめた印象でした。

ttate at 19:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!お芝居 

2012年08月02日

「分かっちゃいたけど不用意な負け方ですな」飛田給花火大会新潟戦@飛田給3

be2bd150.jpgそんなわけで公私共々色々あり、先週の土曜日久々約2ヶ月ぶりの飛田給参戦をば。そして飛田給花火大会は毎度「アウェー側」の方が観やすいという事もあり、今回初めてホームとアウェー側を入れ替えたこともあり、いつもと逆のスタンドに。案の定、いつもの様に入り、気づいて逆回りで(汗)。
青赤横丁







青赤横丁を通りつつ、西武ドーム同様待機列やイベントスペースを考えると。こちらのサイドの方が使い勝手がよさそうですな。
折角ゴール裏からは花火が見やすくなったものの、打ち上げ場所に一番近い当たりが逆に空くと思い、バクスタのアウェー側に至近の場所で観戦。試合前にはミニライブと称し
れお







MXの「FC東京魂」MCの土屋礼央さんのユルネバの引き語り。今更だけどやはり巧い。やはりただ者のの東京サポではないですな(笑)。
試合の方は分かっていたが、ナビ決勝Tが始まった東京と何もなく調整できている新潟との動きの差は歴然で、かつ徳永をロンドンに出している代償は大きかった。とにかく「3」が付くものが悪すぎる。セカンドボールが取れても「サード」ボールが相手に奪われるわ、相手陣内でパスを回しても「アタッキングサード」に入らないわ、しかも相手のファーストシュートで先制を許すなどなど。サポとしては「分かっちゃいるけどねえ」って展開。点の匂いがしない前半ですな。
とは言えハーフタイムは飛田給花火大会
青赤







お約束の青赤花火
後半開始からエジミウソンが入り、梶山が入ったことで少しだけ点の匂いがしてきたものの「3」が付くものは改善されず、逆に追加点を綺麗に決められてしまう。今の東京では流石にそこからひっくり返せる選手もおらず0−2で敗戦となってしまった。
終了後







まあ選手も足りないし、ナビのシードで試合が込んでいるのも分かっちゃいるが、もう少し戦略的に戦わないと夏場は厳しいですな。3日前とほぼ同じメンバーじゃ流石に前回良くても駄目でしょう。J1そんなに簡単に上手くいくわけがないので地に足を着けて欲しいですな。

追伸
どうも飛田給にチケットホルダを忘れてしまい、クラブスタッフのKさんからわざわざご連絡を頂きました。丁重な対応有難うございました。



ttate at 17:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!FCTOKYO 

2012年07月28日

『なにわバタフライN.V』@パルコ劇場5

5badf3c4.jpgそんなわけで先週の土曜日のダブルヘッダー二本目。3か月連続で「PARCOへ行くぜ!」第二弾「なにわバタフライN.V」をば。三谷幸喜さん作演出の戸田恵子さんがミヤコ蝶々さんの半生を演じる一人芝居。実は一昨年シアタートラムで観ている(コチラ)。いまだにトラムでチケットがなぜ取れたか分からない(汗)。その約3倍のキャパのPARCOに8年ぶりに戻ってきたと言うのが正しいのかな。
内容についてはほぼ前回を踏襲していたが、分かっていてもゲラゲラ笑ってしまう。若干三谷さんのチューニングが施されており、新しい部分もありましたね。2時間あっという間のステージでした。

ttate at 12:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!お芝居 

『音楽劇リンダリンダ』@紀伊國屋サザンシアター4

970acc8a.jpgそんなわけで先週の土曜日に偶然楽前の芝居が取れて久々芝居のダブルヘッダー、しかも2本とも「再演」ものという殊更輪をかけて珍しい展開。『リンダリンッダ』は8年前に故シアターアプルにて千秋楽を最前列で観たが、その時は松岡充ファンに囲まれて観た(苦笑)。今回は年齢層もバラエティに富んでいたが、半分は松岡ファンと見た(笑)サザンシアターはこんなに芝居観てるのに多分10年ぶり位(大汗)。
内容はやはり前回とはかなり鴻上さんが手を入れており、少し演者に合わせて成熟した印象。前回のDVDを観返してみたが、フレームは変わっておらず時代に合わせた感じが。「裸にエプロン」は不変なんですね、鴻上さん(笑)でも成熟し進化していました。演者も初演と同様松岡さん、大高洋夫さん田鍋謙一郎さんはもちろん鹿殺しの丸尾丸一郎さんも巧かったし、伊礼彼方さん星野真里さん、そして高橋由美子さんも印象的でした。非常に楽しかったのですが、やはり初演の山本耕史さん、怪優北村有起哉さん、私の好きな女優さんの一人、馬渕英俚可様、SILVA姐さんの初演時のインパクトが強すぎて・・・・。やはりいい楽しいお芝居は良いですな。

ttate at 12:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!お芝居 

2012年07月01日

三谷版 「 桜の園 」@パルコ劇場5

fae0b145.jpgそんなわけで3か月連続で「PARCOへ行くぜ!」第一弾三谷版「桜の園」をば。三谷さんが初めて自分の戯曲以外を演出と言う事で、演者の顔ぶれも新鮮!芝居では良く見る面々だが、三谷作品は阿南さんとカトちゃん以外初めてと言う。昨日のソアレで観たのだが、桜の園でこんなに笑えるとは思えなかった。「原作に忠実」と言う事ではあるが、「悲劇視点」と「喜劇視点」で噛みしめ方の違いが良く分かる。最後感動的なのに「前向き」な印象を受けるあたりが新鮮。「桜の園」をブレークスルーできると別の世界が待っているという面と「桜の園」にノスタルジーを感じる面とが入り混じるのだが、どう捕えられるのかはその時代時代の流れなのでしょう。演者も申し分なく特に神野美鈴さんがコミカルで素敵でしたね。前節の方も最高でした!!

ttate at 15:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!お芝居 

2012年06月30日

「成熟度と選手層の差が出ましたな」金町ダービー柏戦@霞ヶ丘4

e059dfc0.jpgそんなわけで公私共にドタバタしていた為、かなり久しぶりの観戦で仕事上がりで霞ヶ丘へギリギリに移動。いつも一緒に観戦させて頂いている皆さまに合流させて頂く。いつも有難うございます。
平日のナイトゲームで足回りの良い霞ヶ丘という事で、2万5千越えと言う入り。前半から前からボールを奪いに行く応酬で、互いに良さを消しあう感じであったが、東京も徐々にボールが回るが、アタッキングサードの精度とゴール前の柏DFの集中力ではじき出されてしまう。均衡した時間が過ぎてこのまま0−0で押さえていれば良かったのだが、セットプレーで裏を取られて増嶋にこぼれ球を押し込まれて先制を許す。
つば九郎一派







東京ヤクルトタイアップという事で、毎度お約束のつば九郎一派と子狸が場内周回
後半は、点を取りに行くべくボールを回していくが、柏のカウンターもあり一進一退の攻防に。東京は何せ怪我人続出でいるメンバーでこなすしかない状況で、変化をつけるあるいは流れを変えられる選手を投入できない、しかも連戦中と苦しい台所事情。したがってカードを切るのも遅くなり後手後手の印象。結局そのまま0−1での敗戦となった。
ゴール裏







柏は相変わらずラフプレーが多いのは頂けないが、球際の強さは見習うべきところかと。戦術も徹底されてやり切った感があった。対して東京は、不動の梶山を欠きこれから再度ビルドアップ中。これから精度は上がってくるかと思うが、少し時間がかかるかと。柏戦だけみるとモヤっと感満載な気分になるが、逆に言うと昨年の柏は異常だが、J2上がりで約半分の試合消化して5位だったら及第点かと。まあ余りがっつかずあと20試合位あるので、チームとして成熟し戦力が戻ってくるのを待つしかないですな。

ttate at 10:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!FCTOKYO