2010年04月

2010年04月25日

ガンバ大阪戦レビュー3

そんなわけで最近微妙な忙しさ継続。週末も想定以上の仕事が入ってしまった。本日帰宅後、ようやくガンバ戦をVで鑑賞。万博公園で観戦された皆様大変お疲れ様でした。
まあ戦評通りの内容でしたな。前半はかなりいい感じで京都戦よりも良かったが、決めきる時に決められなかった。そのツケが後半に回った。後半ガンバがガチャピン遠藤とルーコンを投入し、徐々に流れを手繰り寄せていく。まあネーム負けしてしまったのか、ガンバがセカンドボールを拾い始めペースを握られる。梶山、重松を投入してテコ入れするはずが、流れを変えられずにルーコンにミドルを決められ先制を許す。その後ペースを取り戻せずに、DFがさらにバタつき始めてユース上がりに初得点を献上、達也も入ったがそのまま0−2での敗戦。点が入らないと勝てませんモードですな。平山も重松もマークされてきているので、打開策がほしいですね。確かに期初の目標に対しては程遠いものの、順位はこの状況では妥当だし、本筋を変えずに何らかのシステム対応は必要ですな。なーに、去年も同じような感じだったじゃないですか。これから立て直せばまだまだ行けるはずとっつきにくい対戦相手が続きますが、早く立て直っていくことが必要ですな。昨年同様仕切り直ししてほしいですな。 

ttate at 20:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!FCTOKYO 

2010年04月24日

仕事の合間に「ポンペイ展 世界遺産 古代ローマ文明の奇跡」@横浜美術館4

そんなわけで何やらさして役回りが変わったわけではないのだが、妙に外出が増えた。昨日もそんな一日だった。社内で仕事をこなした後、新橋から湘南電車に乗る。新橋から乗ると座れないのは分かっていたが、東京駅に行く余裕がなかった。約30分近く立ちっぱなしでマイノスタルジックタウン戸塚へ。約2年ほど通学で通っていた。その頃は湘南新宿ラインもなく、品川からひたすら湘南電車のボックスシートで約2時間の旅を繰り返していた。目的は戸塚の弊社の新店であったが、その新店のビルも含めた再開発で、昔飲み歩いた一帯はほぼ跡形もなく無くなってしまっていた。学生時代から計画があり、約20年かかって完成しつつある。時代の流れにうまく乗れていないのか、東急プラザはともかくトツカーナという再開発ビルはかなり怪しい。枠だけ作って商店街の店舗を放りこんでいるだけに見え一体感がない。オールドファッションの開発手法ですな。ただビルに入れるのではなく、賑わいがないとねえ、厳しいと思いますが。それよりも「俺の戸塚を返せ!」っていう気分かも。
再度湘南電車に乗って川崎へ。湘南新宿ラインは知っていたが、いつの間にか戸塚にN’EXが止まっていてビックリ!全然速くない快速アクティも止まるようになったそうな。だったらもっと昔から止めてくれー川崎の弊社店舗でお客様の動向調査をば。途中で明らかにキャバクラの同伴出勤風のカップルがどっさりとお買い上げ。もちろん男性がお支払い。お買い上げありがとうございます。久々に良いもの観させていただきました。
閉店前に担当の新橋の売店に寄りたかったので、時間調整がてら桜木町へ移動。動く歩道を延々歩き、みなとみらいの横浜美術館へ。ポンペイ展 http://www.ntv.co.jp/pompei/ を鑑賞。普通は18時までなのだが、金曜だけは20時まで。こんな4月の20日も過ぎてコートがいるような雨の日に来る人は少なく、19時前に入ったが閑散としていてじっくりと見ることができた。火山活動で埋まってしまった都市ということもあって、2000年近く前のものが逆によく残っている感じ。びっくりしたのは、その当時から高貴な女性が使っていた化粧道具やお風呂の湯沸かしシステムとかが発掘されており、人類の知恵というか匠さを感じた。ポンペイ展観終わった後に、誘導され、美術館所蔵作品のコレクション展も観る。なかなかフレームのしっかりした所蔵作品で、なかなか良い感じ。しかも近代現代洋邦問わずという感じ。個人的にグッときたのはダリの3枚ものと彫刻。良い仕事してますなあ

ttate at 16:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!お散歩 

2010年04月18日

『paris match 10th Anniversary Special Night』@ビルボードライブ東京5

9c783c83.JPGそんなわけで東京グローブ座から新宿に移動。ヤマダの新店を観た後六本木へ。ミッドタウンのビルボードへ。paris match(以下PMと略す)をビルボードで観れるとは思わなかったなあ。しかも豪華メンバーでスペシャルゲスト付き。溜まりません開演前お約束のステージ後の窓のカーテンが閉まっていく際にかかっていたのがBrand New Heaviesの「You Are the Universe」あまり洋楽は聴かないのだが、数少ない好きな1曲でグッと来ました。オープニングから「太陽の接吻」から入り、ビルボードを意識したのかいつもより聞かせる選曲。前半はスウィングできた。中盤でDEENの池森秀一さんが登場。PMがシングルをサポートしており、中々良い曲。前の日は古内東子さんだったらしい。深夜まで働いていたので取っててもいけなかったが、デビュー初期はハマっていたので見てみたかったかも。池森さんも良かったです。ラストに向けてどんどんアップテンポとなり、グルーヴな感じ。「虹のパズル」で終了。アンコールは再度池森さん登場。大ラスは勿論春だけど「SUMMER BREEZE」で夏っぽく終了。とはいえベストテイクは「Passion8 Groove」。うーん、名曲ですな

ttate at 23:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!LIVE 

『博覧會 〜世界は二人のために〜 』5

3a630e5c.jpgそんなわけで先月までは芝居観過ぎでしたが、今月はこれ1本に絞り込んだ。『博覧會 〜世界は二人のために〜 』ケラ&松たか子と迷ったが、座組みだけでこちらにした。観る前からこんな豪華メンバーの芝居は暫く観れないと思うと思う位の贅沢さで非常に楽しみにしていた。
芝居のほうは、いきなり「3軒茶屋婦人会」かというプロローグでぶちかまされぶっ飛び、池田成志さんがフツーの役過ぎて逆にソワソワ。ホンからは「美しい日本語」が紡ぎ出され、落ち着いた佇まい。といいつつもこの豪華キャスト陣からは目も話せるわけもなく、シチュエーションものでありながらストーリーがどんどん展開。観ながら「人間の機軸」にいて考えさせられた。何を基軸にしていくべきか?仕事?恋人?家族?展開の中では、その時々で異なるし、チョイスも変わる。その人間の移ろいが垣間見えるホンだったかと思う。決してハッピーエンドなお話ではないが、ある種人間らしさ溢れるお芝居でした。やっぱり千葉さんは出たかったんでしょうねえ。

ttate at 22:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!お芝居 

今更鹿島戦&京都戦レビュー3

そんなわけで先週今週バタバタしており、鹿島戦のVをようやく土曜の朝に見終わり、晩には京都戦のVを観る事に。
まず鹿島戦だが、非公開練習を含めて気迫だけはひしひしと伝わる良いゲームだったかと。前半はガンガン中盤からプレス掛けて、猫だまし的にPKを奪って先制。その後も主導権を握っていたものの、さすが鹿島に上手く跳ね返ったボールを叩き込まれて同点に。後半は鹿島が主導権を握ったものの、東京もいなしつつカウンターと善戦。何とか勝ちたかったが今までにないプレーが見れた気がします。
京都戦はレフェリーにも恵まれていなかったが、それ以前の出来だったかと。水曜にナビ予選大宮戦に勝利したものの、前2節の激戦で気が抜けたと言われても仕方がないかと。前半は完全に京都が主導権を握っていた上に、先制された場面もカバーの遅れでゴールラインを出そうなボールを拾われて至近距離から叩き込まれているし、後半はPKで追いつくまでは選手交代で主導権を手繰り寄せていたが、追いついてからはグダグダで逆転できる気がしなかった。負けないことは進歩だが、同じ引き分けでもあまりに内容が好対照なゲームでしたな。

ttate at 21:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!FCTOKYO 

アースデイ東京「子どもの人身売買 NoNoパレード」4

d9f8f01c.JPGそんなわけで本日は弊社のイベントに参加してきました。といっても参加希望を出した所、役割分担で「ビデオ」と書かれていた(笑)。まあF先生の思し召しとあらば謹んでお受けするしかない。
詳しくはHPで http://www.the-body-shop.co.jp/values/stop_traffic/stop_trafficking_01.html はじめ関連ページを観て頂くのが良いのだが、非常に根が深い上に、事件性が無い限りなかなか表面化されてこない問題と言うこともあり、知られていないのが実情です。それを知って頂くと言うことを目的に実施したのが今回のパレードで、青山から表参道に入り、アースデー会場の代々木公園まで警察の誘導の元練り歩きました。Vを撮っては先回りを繰り返し、歩道橋があれば上から撮影。久々に長い距離を走った気がしますでも最近歩き回っていたこともあり、意外と何とかなりましたVについては今後弊社で公表するものに使用されると思いますが、何となく撮ったスチルがあるので雰囲気はご覧ください。

ttate at 21:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2010年04月17日

「そうだ 京都、行こう」2010春4

67483ff8.JPGそんなわけで先週から本来は仕事的にはとてもバタバタでどこにもはずがない位の
状況であった。(おかげで相当先週今週とパッツンパッツンでエライ目にあっているが)いつも直前に「そうだ 京都、行こう」とばかりに、ドタバタとエクスプレス予約入れて宿は直前に押さえて出かけていたが、今回は時期も時期なので昨年からスケジュールを決めて企画していた。桜の開花が早く気にはなっていたが、今年は三寒四温どころか一日毎に寒暖が入れ替わっていたので、何とか先週末まで持ってくれた。やはり「強い気持ち」ですな。
無理やり金曜日から出発して、慈照寺(金閣)、龍安寺、仁和寺へと。桜は散り始めでギリギリ。だがJRのポスターで満開の仁和寺の御室桜は逆に3分咲きでほとんど咲いていない。夜は清水寺の特別拝観、八坂神社&
土曜日は、京都御所から慈照寺。哲学の道を抜けて南禅寺。インクラインを観た後に一澤帆布、祇園、蓮華王院(三十三間堂)。夜は二条城&まあ結局飲みっぱなし(笑)
日曜日は奈良へ避難(笑)平等院から西ノ京へ。唐招提寺、薬師寺。薬師寺で久々にお坊さんのお話を伺う。西大寺から平城京跡を散歩して京都から帰京。
なかなか来れない時期に貴重な体験が出来たのは良かったが、不注意でデジカメをはじめ久々に無くした物もまあ無事に楽しく帰京できたからよしとしよう

ttate at 12:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip! 

2010年04月05日

「個の決定力と選手層の厚さの差が出ましたな」多摩川クラシコ川崎戦@等々力3

くらしこそんなわけで昨日は久々のアウェー川崎戦。月初業務と今週の店長会議の準備で出社したが、システムトラブルもあって捗らず、早めに退社して等々力緑地に向かう。路線検索でオフィスから東横線でもスカ線でも同じくらいだったので、初物のスカ線で武蔵小杉へ。新橋から15分位(東京まで約20分)というのは確かに魅力的ですな。とはいえ工事が終わっていない為、南武線のいつもの出口までは10分ほど通路を引き回される。早速インチキ武蔵小杉駅と命名(笑)。ただし工事が終わればそんなに遠くなさそうだが。行きはバスで等々力まで移動。
14:30頃に着いたものの、まだアウェー側の待機列が解消しておらず、花見ゾーンにて並び期せず花見状態。
sakura







15分ほどで入場、と言うか酷い誘導ですな。開始約1時間前にようやくいつも観戦させて頂いている皆様と合流させて頂いた。いつも有難うございます
試合の方は、川崎がジュニーニョも憲剛もいないのもあり、水曜にアデレートでAFC戦っており、こういう場合最初はがっついて来るかと思いきやヘタレ。といいつつ東京もナビ予選疲れか今一つピリッとしない。しかも主審が一番ヘタレ
分かってはいたが期待以上に酷過ぎる内容。そんな中ある程度ボールをまわせていたので、いつ点が入ってもおかしくない展開。でも決めきれないうちに、森重がゴール前でクリアしたボールをフリーの朝青龍じゃなかった(笑)鄭大世に渡ってしまい、綺麗に打ち込まれて先制を許す。その後もボールを回し続けていたが、上手く交わされそのまま前半が終了。このときはまだ負ける気が正直しなかった。
後半に入り、逆にカウンター狙いの川崎の動きが徐々に良くなり、逆に東京がへばる格好に。追い討ちをかけるようにゴール前のセットプレーで鄭大世に壁をぶち抜かれて2点目を献上。さらに川崎は引いて守ってカウンターと言う東京としてはつらい状況に追い込まれる。ヒロシは、ヨングン・重松と想定通りのカードを切って来た。3人目は順当に行くと大竹なのだが、赤嶺の方が超攻撃的でバランスを崩すものの面白いかなと思っていた。答えは大竹をチョイス。結果論だがちょっと重松には荷が重かったのか、上手く押さえ込まれたし、大竹も早いプレスで仕事をさせてもらえず。逆にカウンターを食らいまくっていた印象。良く権田が防いでいたと思う。最後に今野がロスタイムに叩き込んで1点返すのがやっと。1-2でタイムアップ
うーん。選手交代と言うよりも、試合運びと個の決定力と層の厚さでやられた印象。憲剛がいなくてセットプレーに迫力も無かったし、怖さはいつもよりは無かった。でも鄭大世の決定力や不在の選手の代わりがしっかりと機能していた。こんなチャンス滅多に無かったのにと思うと、悔しさと疲労感が押し寄せてきました。2分8敗はブレークスルーしないといつまだ経っても優勝争いできません。ジンクスも破れたので、ホームでは是非3倍返しですな
帰りもインチキ武蔵小杉駅から湘南新宿ラインで新宿へ。乗り換えなしは確かに楽ですな。






ttate at 21:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!FCTOKYO 

2010年04月03日

こんなに大根食べたの初めて4

f38519d9.jpgそんなわけで本日は久々に仕事ガラミのボランティアなぞ。会社の近くの特別養護老人ホームにおられる入所者の皆様とお花見車椅子介助のお手伝いをば。ランチに食べたレストランが圧巻大根の肉詰めの煮込みを頼んだら写真の通り大根が1本の半分近く入っていた。野菜不足なので嬉しいが、余りに多くて飽きてきた。こんなに大根食べたのは初めてですな。


2010年04月01日

「ちょっと前の讀賣みたいな外様ばかり並べたチームに負けなくて良かったですな」ナビ予選名古屋戦@霞ヶ丘4

7fcb8a42.JPGそんなわけで昨日恐らく今年の最初で最後の霞ヶ丘でのナイトゲームを行けるかと悩みつつ(本当は19:30開始だと余裕なのだが、当日帰る名古屋サポに合わせてか微妙な19時開始)、結局行くことにしてスケジュール調整を。週末が月初で出勤することを踏まえて(クラシコも仕事した後に参戦予定)フレックスで切り上げ、行きつけの鍼灸院へ行った後、外苑前に移動。駅には「YS」のキャップを被った少年たちがちらほら。野球と被っていることに気づき、帰りにバッティングしないか心配に。青山門から入り、子供向けのイベント会場で子狸がいたので撮影。つい最近新兵器を購入。bloggieというモバイルビデオカメラ。アカウントも取り、初ゆーちゅーぶなぞ。

チップスターを積み上げるドロンパなぞ。学生時代映画サークルで8ミリ映画撮影していたのだが、今一つ機材慣れしてませんな。そのうち良くなると思います。ご期待下さい。その後、ゴール裏にていつもご一緒に観戦させて頂いている皆様と合流させて頂く。ゴール裏に子狸がやってきて、

ナビなので「T・O・K・Y・O」を子狸があおるものの、上手く合わずに何度もやり直し(笑)その後ローラーブレードで走り去っていった。
試合の方は、外人4人(アジア枠でケネディって違う気がオセアニアは、アジアではありません)元ブラジル人2人、その他人ん家から獲得した選手多数。「生え抜きさん、いらっしゃーい」状態。ユースはそこそこ強いのにもったいないですな。去年のようなヘタレではないのは間違いなかった。前半は妙に早めにプレスを掛けてきた名古屋ペースだったが、まさに昔の讀賣のように1番から8番までホームランバッター並べて、ゴール前で決定機にボンボン宇宙開発してくれたので助かったとはいえ相変わらずの立てポン1発でケネディに先制された。惜しむらくは普段はいらんぐらい飛び出す権田が、本人も反省していたが飛び出さずに「見てしまった事」。その後後半にPKを止めたので問題は無かったのだが。
後半は少しずついなし始めてようやく東京の時間も増えてきた。そんな中、徳永→石川→のっぽさんにつながり、又抜きシュートで同点に。しかしながらセットプレーで突き放されたものの、それまでは元ブラジル人の田中選手に格の差でほぼ押さえ込まれていた重松がロスタイムにワンチャンスで決め2−2の同点。そのままタイムアップ。
抜かれまくっていたサイド含め、反省点は多々あるものの、ヒロシが言うように逆転されても、落ち着きつつビルドアップできていたのは最後の重松のゴールにつながったので○。昨年ので出しつまづいた事を考えれば、あんなオールスターのようなチームに負けなかった事も収穫。クラシコまで時間が無いので、いかに精度を上がられるかがポイントですな。あとは梶山不在の中で「いなす」「はたく」が出来るようになればOKでしょう。今年は負けない年なので、クラシコが楽しみですな。



ttate at 22:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!FCTOKYO