2010年05月

2010年05月31日

劇団、本谷有希子 第15回公演『甘え』@青山円形劇場5

b976e34e.jpgそんなわけで丁度千秋楽が美写の写真展開催期間とぶつかってしまったため、劇団先行の際にピンポイントでチケットを押さえていた本谷の試合をば。昨日体調優先でゆっくり寝過したこともあり、慌てて円形劇場へ。「夜這い」「小池栄子」というキーワードだけが先走っていたが、内容は「残念な人」度から言うとややマイルドな感じがするが、芝居の組み立てや人間の本質の炙り出し方はグレードアップした気が。「夜這い」が過去は肯定されていた歴史という現世ではタブーなフレームを用いつつ、タブーであろうが無かろうが、人間の本質はさして変わっていないということを炙り出していた。手法は立体的になった印象で、描き方は表情であり音といったホン以外の要素もエッジが利いて立っていた。それゆえの一層本人の極めて女性的な視点や発想がストレートに響いてくる、直接表現としてはおとなしめだが、後々ジワリと効いてくる、おもわず唸ってしまう芝居でした。来年パルコであるようなので、是非期待してしまいますな。

ttate at 19:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!お芝居 

2010年05月29日

美写写真展『街角遭遇2010』始まりました(追記あり)4

そんなわけで、風邪がなかなか治らずに仕事をドタバタしていたこともあって、あっと言う間に週末を迎え告知も出来ずに写真展が始まってしまった。
ワタクシも所属しております「美写」の写真展が本日より始まりました。 http://bi-cha.main.jp/ 毎年修了展という感じで活動の成果を展示しておりますので、是非とも時間のある方は足をお運び下さい。詳細はコチラのPDFにて。続きを読む

ttate at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!写真 

2010年05月22日

「ロスタイムの大竹の技ありの決勝点でホーム戦2勝目ですな」ナビ予選新潟戦@駒沢4

a89a36f9.JPGそんなわけで先週から風邪気味ではあったものの、とうとう4〜5年ぶりに風邪での発熱で久々に会社を病欠したりしたが、まだ本調子ではないものの、逆に屋外で発散できればと思い予定通り「俺の駒沢」へ行くことにした。駒沢は隣の区ではあるが、電車で行くには新宿→渋谷を経由しなければならず面倒くさいので、環七を南下するをチョイス。本当は拙宅近くから乗るのだが、再来週からの写真展に出品する写真のプリントでトラブルがあり、新宿のYというカメラ屋に寄ってから向かうことになった。新宿で始発の「駒沢陸橋」行きのバスで移動。10:30発だが次は11:38という田舎並みのヘッド。拙宅近くのバス停から環七を進んでいくと、徐々に青赤と思しき皆様がちらほら。昨年はなかった光景である。昨年も工事していた駒留陸橋で渋滞にはまったが、約1時間強で駒沢陸橋に到着。歩く距離は駒沢大学駅と同じ位で、コンビニで買出ししながら「駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場」に到着。メインが奥で面倒だった為、バクスタから入場。ただしいつもよりそしお入場が早かった為、あまりアドバンテージはなかった。
本日はゴール裏にて観戦。いつも一緒に観戦させて頂いています皆様有難うございます。亀田の柿ピー食べながら試合を待つ。
yone





試合前のヒロシ、記者と話すヨネ(米本)髪が伸びて分かりませんでした。その他にも代表関連のレギュレーションで何故か出場できないトク(徳永)・ナオ(石川)、ヨングン、退院したばかりのマツ(平松)GK阿部伸行と大集合。その他の出られるメンバーは全員メンバー登録という状況。展開によっては「志有人出せ!」コールをしようと思っていたのだが(笑)。
試合の方は、メンバーは変わったが前半の最後以外は東京が主導権を握り、ボールを回わせていた。しかし新潟もしっかり守っていたこともあり、決めきれずに前半終了。北斗の左サイドバックは気持ちが入っていたが微妙に空回り。公式戦初出場の高橋はフィードが巧く、若干対人に問題があったが、間違いなく合格点でした。全所属チームとの対戦となった松下は、かなり気合が入っていました。清水戦もそうであったが、はたかれないように梶山へのプレッシャーがきつく、今一つの印象。恐らく100%には程遠いでしょう。キャプテンマークののっぽさんにもビックリ(笑)。
後半は新潟の足が止まってきてかなりボールが回せたが、逆に引かれた上に決定機に決めきれず膠着状態が続く。でもここを打開したのが大竹。ロスタイムにゴールラインから切り返し、角度の無い所から相手選手が来る前にトゥキック気味に浮かせて逆サイドネットを揺らしてようやく勝ち越し。そのままタイムアップで辛うじて勝利を収めることが出来た。
終了後の挨拶は選手と万歳三唱

大竹選手のシャー

高橋選手のシャー

初々しいですな。これによりナビ予選はさらに高みに上り、3月開幕戦以来のホーム戦2勝目長かったですなとは言え飛車角落ちで清水戦と同じような展開に持ち込めたのは収穫。決定力は課題継続ですな。今後のナビ予選は観れないので、何とか予選突破して欲しいものです。


ttate at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!FCTOKYO 

オレ達の駒沢へ4

438c4703.jpg
拙宅近くのバス停から乗れるのだが、野暮用で新宿駅からに。田舎の並みに駒沢までは1時間隔こまざわ ーこまざわーオレたちーのこまざわー」


ttate at 10:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!FCTOKYO 

2010年05月16日

『live image 10』@東京国際フォーラムホールA5

b6baf9f3.jpgそんなわけで昨日はダブルヘッダーでliveimageなぞ。飛田給からやや時間的に余裕があったので、吉祥寺まででJRで有楽町へ向かった。いつの間にやら今年で10周年。初回は前職の販促担当の時に仕事で半ば立会いということで観たが、時は流れて10年ですか。それ以降は毎年観ているので皆勤賞のライヴであります。座った席の斜め前方に宮本笑里さんの父上宮本文昭さん(ライヴイマージュ初期に派手なステージ衣装が印象的だった)がいらした。
普段中盤に出てくるゴンチチからのスタート。今回は初心回帰らしくかつての名曲が中心の選曲。「放課後の音楽室」はやはり良い続いて松谷さん登場。葉加瀬さんとの「匠」秀逸。昔のサザエさんのナレーションがグルグル(笑)その後は宮本笑里さん可愛い。父上の事を話していたが、その後も来ているのを知ってか、各パートで10年のレガシーと「派手な衣装」という事で「宮本文昭」さん押し多数(笑)続いて加古さんも定番曲で「黄昏のワルツ」で葉加瀬さんとのセッション。ここで前半が終了し、後半へ。オーケストライマージュの「ニューシネマパラダイス」ギターの天野さん、ビオラの柏木さんはじめ「オケ」で括るのも勿体無い位のプレーヤーだらけだし。小松亮太さんが笑里さんとのセッション。そしてジェイク・シマブクロさん。過去に一部公演に出演していたのだが、ワタクシは初めて。なかなかイケテルが押尾さんと被っているので、今回は交互に出演なのね。羽毛田さんは「地球に乾杯」と「Rookiesのテーマ」。映画もヒットしたが、サウンドも名作ですな。最後は3年ぶりの葉加瀬さん。「エトピリカ」kara入り、いつもの通りのMC。スポンサーのヨイショもバッチリ。その辺は打ち上げで10年前に握手して頂いた際と変わらず。「エターナル」から小松亮太さんも入り初期の定番久々の「リベルタンゴ」。そしてジェイクも招き入れてラストの「情熱大陸」とフォーラム総立ちでエライ盛り上がりでアンコールへ。お約束の「My Favorite Things」。毎年だが加古さんのピアノソロでウルウルになる。確かに10年間の主体性となる素晴らしいライヴでした。

ttate at 21:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!LIVE 

『勝ち切れずジンクス継続は残念だが、価値ある引き分けですな』清水戦@飛田給4

清水戦スコアそんなわけでリーグ戦中断前の一戦。首位清水との対戦だが、何せ今年はここ7・8年続いている「東京が勝てない年」。一昨年は東京がコテンパンにやられ、昨年は4勝1分と「ありがとう清水銀行」って感じだった。山形戦が良かったのと、今年こそジンクスは破っておきたいと思っていた。
自宅で仕事をしていたものの、はかどらずに終了したのがキックオフ約50分前んで慌てて支度して拙宅を飛び出す。すでに準特の飛田給臨時停車も終わっており、調布駅でキックオフ時間を迎えた。買出しとかしてゴール裏に着いたのがキックオフ20分後。前半はゴール裏で立ち見なぞ。思ったよりも清水が前からガっついてきていた印象。東京は慌てずにうまくボールを回していた。そんな中セットプレーでドフリーの平岡にヘッドで叩き込まれ先制を許す。梶山は機能していたが全快でなく、清水に何回かつぶされていたなあ。東京は辛抱強く回してチャンスを作るものの決め切れず、紙一重の差で負けている印象を持った。相手側ではFWはうまく抑え込んでいたが、小野も先制の絶妙なFKは流石だが、他はそんなに目立っていなかったかと。分かっていたが主審は相変わらずノーコンですな。
後半は清水サポの脇で着席観戦。まず何より岡崎のチャントが不快讀賣のパクリだし、しかもタオルまで振りやがって不愉快千番後半は明らかに監督のカードの切り方に明暗が分かれたと思う。清水は東京が嫌な順番に下げて行ってくれた上に、どうにもならない時間に「悪い思い出しかない」永井投入で助かった。東京はリカ、赤嶺、松下と交替し流れを変えていく。リカはノッキング気味だったが大分良くなったと思う。ヨングンはさらにフィットしてきましたね。前半のボール回しで清水がかなりグダグダになり、小野が下がったあたりから長友が息を吹き返してガンガン動き回っていた。藤本にゴール前のFKをそばで見ていたが、ビューティフルゴールを直接叩き込まれて0-2。とはいえグダグダの清水相手に主導権は握れていたので、1点入ったら変わるなあと思ったら、長友のスーパーミドルが入り1-2になってゴール裏がヒートアップ!久々の「飛田給イケイケモード」突入さらに松下の相手DFごしのミドルが決まり2-2の同点に。両ゴールとも軌道が見えましたがグレートでした。そこからがっくり来ている清水に対して逆転の猛チャージをかけるも結果として2-2でタイムアップ。「勝てない」ジンクスは継続してしまったが、首位相手に勝ち点1ゲットと引き離されなかったことは良かったかなと。やっている方向性は間違っていないので、是非ナビ予選でトライしながら連覇に向け勝ち続けてほしいですな。
清水のゴール裏はヨンセンが拍手しながらゴール前に来たものの「拍手6割ブーイング4割」というところか。流石に首位の余裕か引き分けでもとっとと横断幕はがしたり、帰ったりとかはなかったですな(苦笑)。
清水戦挨拶





いつもと違う位置での選手の挨拶。
花贈呈





ワールドカップ代表に花束贈呈。東京ゴール裏からの岡崎コール、素敵でした。岡崎選手も応えてましたね。
泰幸と佑都





ウチの5番6番。これが5番の見納めの可能性もあつと思うとちょっと複雑ですな。


ttate at 13:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!FCTOKYO 

2010年05月13日

『クロッシング』5

b8779833.jpgそんなわけでGWは仕事しながら休みつつ最後に山形遠征に行った。明けて月曜からドタバタしたものの何とか今日は久々の平日休みが取れた。といいつつ家事らしきことをそそくさとこなして銀座へ。普段はコメディがメインなのだが、今回は珍しくヒューマンものの映画なぞ。三原橋にあるシネパトスへ。いつも側は通っていたが道路の地下にこんなに古き良き感じの飲食店街があるとは知らなかった。今度ランチでもしてみよう。その一角にあるシネパトスにそそくさと入る。後でよく考えてみたら晴海通りの丁度真下なのね。かなり高い割合で親の年代の人々が多い。予告編が始まっても昼下がりと言うこともあり、がさごそとビニールの音が周りからうるさかったが、本編が始まってからは物音が一切なくなった。それぐらい引き込まれる映画だった。北朝鮮の脱北者が亡命した事件モチーフにした映画で、フィクションではあるが、恐らく北朝鮮の一般の人々の現状を、かなり忠実に描写していることは間違いない。ヒューマニティだが全くもって悲劇的なストーリー展開。ドキュメンタリーみたいな後味の悪さはストーリーと演出でカバーし上手くまとまっていると思う。『ダンサーインザダーク』も救いようがなかったが、同レベルかもしくは国家的な問題に基づく悲劇と言うことを考慮したら間違いなくコチラに軍配が上がる。いかに人が不平等であるかをまざまざと見せ付けられた気がします。韓国はともかく中国やモンゴルがよくまあ撮影許可を出した気がする。フィクションだけどリアリティに溢れており、傍若無人な独裁国家を知る上でも必見の映画かと思います。かなりお勧めです。

ttate at 19:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!CINEMA 

2010年05月10日

「 Belinda Carlisle」@BillboardLiveTOKYO4

そんなわけで金曜の夜に観ていたのだが、翌朝山形に旅立ち昨夜遅く帰京した為、本日アップします。やんごとなき月曜の会議用資料をギリギリの時間にようやくやっつけた後、オフィスを飛び出して雨の中ミッドタウンに移動。勝手知ったるビルボードへ。平日の2ndの為21:30スタート。開演約10分前にリザーブしておいた席に着く。
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=7225&shop=1
実は先月のParis Matchから毎月のビルボード3連チャンの2ヶ月目。我が家の約25年蓄積した約500枚のCD音源の中では9割が邦楽なのだが、数少ないポップスかつ初めてタワレコで学生時代に買った輸入盤がベリンダだったかと。当時邦楽は3000円(消費税なんかなし)がメインだったが、輸入盤は2000円台前半で魅力的でしたな。(今じゃ価格破壊が進んでいますが。)JR東海の新幹線のCMソング「Heaven Is A Place On Earth」で一発でハマった気がする。一度観てみたかったアーチストが来日すると言うことで、行ける確率論で金曜の2ndというチョイスでリザーブ。
マドンナと同世代ということもあり年齢層は高い上に、アングロサクソン系の来場が多い。流石に半世紀以上生きていらっしゃることもあり、ステージに登場したときの印象は「板尾の嫁(失礼)」しかしパフォーマンスはエンターティナーという感じでした。ベスト盤を聞き込んでいるワタクシとしては、8割方聞いたことのあるメロディでした。「Leave A Light On For Me」「La Luna」はじめ名曲のオンパレード。酔いしれましたアンコール待ちの間、アングロサクソンの皆様が「Ooh, baby, do you know what that's worth ? Ooh heaven is a place on earth They say in heaven love comes first We'll make heaven a place on earth Ooh heaven is a place on earth〜」って肩組みながら歌い始めるという素敵な光景。煽るというかこういうのって良いですな。サッカーのサポの皆様には理解して頂けると思いますが、こういうのって悲しいかな毛唐の文化ですな。うらやましいけど。
ベストテイクは、アンコールでさらっと歌い始めたアコースティックな「Heaven Is A Place On Earth」煽られたから歌うのでなく、私の流れの中で歌っているといういなしが利いていて痺れました。

ttate at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!LIVE 

2010年05月09日

「ワタクシが生まれた土地にて今季初の文句なしの快勝!勝ち点3を持ち帰って参りました」山形戦@んだスタ(さらに追記あり)5

b0f96ee0.JPGそんなわけで先程んだスタからで帰京しました。山形で観戦された皆様大変お疲れ様でした。本日は天童で朝を迎え、宿泊先のすぐ近くのガストで朝食。その後蔵王温泉へ移動。グワっと登っていく。露天風呂に入る。酸性で硫黄分が多い感じの温泉。人によっては良し悪しが割れるかと。県内各市町村に温泉がある山形ではチョイスが豊富だからさして問題ないかと。その後蔵王温泉からロープウェイで鳥兜山頂へ。そこからの眺めは非常に秀逸。朝日連峰から月山、鳥海山まで望める。
月山ビュー







なかんずく外気温が低かったので、すぐにロープウェイで下山。蔵王はまだ桜が散り始めながら、見ごたえがありました。
蔵王桜






その後、山形空港近くの蕎麦屋に移動。冷たい肉そばに舌鼓。 http://r.tabelog.com/yamagata/A0605/A060501/6000044/ 冷しラーメン同様出し汁で食べる蕎麦。初めてだが唸らされました。
その後は「んだスタ」へ移動し、穴子入りカレーパン買ったりしながら試合開始をまつ。んだスタは盆地らしく山々を見ながら観戦できる非常に良い立地のスタジアム。また試合前から想定外の熱い応援を繰り広げる山形サポが印象的。
試合の方は東京の方が主導権を握るものの、前半は山形の早いプレスに翻弄されていた印象だが、先発の重松が角度の無い所から叩き込んで先制した後は、久々に安心して観ていられた。さらに羽生がミドルを叩き込み2−0。すでに今期最高得点梶山がいない中でのアドバンテージは大きかった。
後半は途中から連戦の疲労からか山形のプレスが甘くなり、東京が主導権握りっぱなし。久々に城福采配が炸裂し、相手の疲れが見えた頃の梶山投入でさらにはたくことで有機的に機能した。セットプレーから今野が身体ごと押し込み3−0にし、東京が怖いと思っていた増田や長谷川を後半から投入と言うこともあり、一部パワープレー的な感じに持ち込まれそうになったものの、権田はじめ守備陣が持ちこたえて3−0で終了。久々にというか今期初めての完勝を味わえました。
「眠らない街」を背中で聞きながら車へ向かって、本当にやさしい山形サポとも交流「完敗でした」といいつつ、「いやいやまだ山形が上です」という、埼玉の田舎ものとは考えられない遠征の楽しみです。脱出にかかるものの案の定渋滞。19時頃にようやく山形北ICから高速へ入る。奇跡的に渋滞がなく、福島で10分ほど休憩した以外はセーフティかつスピーディーに駆け抜け、22時半に何とか新宿駅に到着。23時頃に拙宅に着く事ができた。想定よりも早く帰京できました。何より勝ち点3に勝るおみやげはありませんな続きを読む

ttate at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!FCTOKYO | 

スタジアムグルメ4

穴子入りカレーパン穴子入りカレーパンまあまあ


ttate at 15:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!FCTOKYO