2012年08月19日

「決定機が多くてもゴールを割らねば勝てません(涙)」大宮戦@飛田給3

8b4265ef.jpgそんなわけで昨日はお盆時期最終章のホーム大宮戦、野暮用こなして飛田給へ参戦。いつも一緒に観戦させて頂いている皆さまとゴール裏で観戦。いつも有難うございます。すき家dayということで、入り口のスタッフの方からおそらくスポボラの皆さままで「すき家のユニフォーム」そのうち「ローソンデー」もあるから、という事はですよね(笑)
ようやく東京もロンドンから代表メンバーが戻り、選手がそろい始めたはずが、ヤザーが千葉へ完全移籍はじめ若手がどんどんレンタルされ、替わりにMC泣かせの「ネマニャ ヴチチェヴィッチ」選手の加入といつになく出入りが激しい。そんなネマもリザーブに入っていた。
試合前、天皇杯の返還式が、
返還式








何故かいつの間にこんなゆるキャラが
はにー







「はにー」とやらなぜ埴輪?(笑)
東京も対抗して
返還







「はにゅー」先輩が(笑)返還をば
試合のほうは、前半から東京がボールを回して、ルーカス、梶山、エジミウソンンに収まって決定的なシーンを何度も作るが決めきれず、引いてカウンター狙いの大宮の堅い守りを崩せない。相手DFに何本もシュートブロックされる始末。ピッチもボコボコだったが、シュートもボコボコでした(汗)
ハーフタイムにすき家のエプロン着けた子狸が牛丼を食べるパフォーマンス披露。牛丼ドロンパ






後半はポポに激を飛ばされたのか、開始10分までは波状攻撃での猛攻を魅せるが決めきれず、逆に警戒対象でリザーブだった相手FWノヴァコヴィッチに一発で仕留められて0−1と先制を許す。東京もネマ、千真、三田と交代カードを使うも、崖っぷちでのガブリ寄りが上手い大宮に逃げ切られて新潟に続き下位相手に痛い敗戦となった。
内容は悪くなかったが、決定機にあれだけ外せば勝てません(涙)強いてよかった点は、後から入ったネマ、三田が良かった事。ネマのボールのらい方と持ち方と三田の前からの貪欲な守備とシュートは収穫だったかと。次節広島、次々節毬戦と上位対戦で、負け続けると降格ラインが見えてくる正念場。しかもその後は「ナビ準々決勝」も間に入ってきての厳しい戦いが続くので、何とか最低限の結果を残して浮上してほしいものですな。


ttate at 18:52│Comments(0)TrackBack(0)clip!FCTOKYO 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔