2012年11月18日

「ACL2年連続出場ならず(涙)田んぼの球蹴りでも相変わらずチャンスに点が取れないですなあ」神戸戦@飛田給3

73c92942.jpgそんなわけでかなり久しぶりのエントリーです。9月から内勤→営業に異動し、かなりドタバタしており、挨拶回りで全国飛び回っていたこともあり、交歓会と2試合ぐらいしか観れていなかった。約2ヶ月ぶりに飛田給で観戦し、落ちそうでなかなか落ちない神戸との一戦をば。
久々すぎてユーロ寄ってグッズ買ったり(爆)トーキョー通信DVDを引換えたりして、今一つの体調もあってバクスタにて観戦。風が強いこともあって屋根があっても雨が時折吹き込んでくる状態で野球だったら雨天中止の天候だが、雨脚が強まるもキックオフに。
前半はまだピッチ内に水が溜まっておらず、ボールが普通に動いていたため、東京は積極的に右サイド仕掛けるが、神戸のラフプレーや身体を張った守りもあり決め切れない。そうこうしている内に「チャンスに点が取れないと取られる」というお決まりのパターンで神戸のサイドバックにミドルを決められ先制を許す。その後も右サイドに偏った攻撃を仕掛けていたが、左サイドバックだった北斗の動きが悪く前半途中で怪我から復帰してきた太田にスイッチ。後でMXのV観たら怪我してましたね。右サイドに寄りすぎたのも相手にとってシンプルだったかも。そしてどんどん雨脚は強まり、ハーフタイム終了時にはほぼ「田んぼ」状態に。
後半はほとんど「田んぼで蹴鞠」状態で、もはやサッカーではない。
田んぼ








得点の匂いが全くしない中消耗戦となり、前半得点できず先制許した付けが回ってしまい、ACL出場が消える痛い敗戦となった。
スコア








終了後








まあJ1昇格年に残留が決まってよかった反面、もっと上の順位にいてよいチームだとも思います。まだ賞金圏内は狙えるかと思うので、ガンバに印籠を渡し、仙台の勢いを止められたら良いなと思います


ttate at 19:22│Comments(0)TrackBack(0)clip!FCTOKYO 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔