寝違えのご馳走

 食べた思い出、そして食べたものを見て。 そこへ行ってみたいと思ってもらえればと。 写真付きで簡単ですが書いております。

http://mure.web.fc2.com/

 安くて気軽にイカを食べるのなら。

福岡市博多区上川端町11-1

092-263-7775
HP

 これまで痛風の影響もあり。
居酒屋に行くのは避けていた。
でも今回東京から来られたお客さんもあり。
こちらを予約させていただき増しあt。
緊急時だったのでチェーン展開しているこちらならと思って連絡をしたらOKでした。
今年はイカが不良の中、活きたイカが食べたいというお客さんに対して用意ができるというのは嬉しいな。
20170511竹乃屋1
ただ僕はいきなり食べるわけにもいかないので。
まずは竹乃屋サラダをいただくことに。
特別なことはないサラダだけど。
こういったものも気にしないといけないのですよね。
20170511竹乃屋2
手前にあるのはゴマサバ。
これも食べたことがないということで。
一片だけ食べたけどゴマの甘みがしっかりとしたタイプで。
これはまた美味しいですね。
奥は鶏天。
鶏肉を天婦羅にという感覚が無いので。
面白いと食べてもらいました。
しっとりとした鶏肉でこれは美味いですね
塩に合う天婦羅で美味いです。
真ん中はつきだし。
キャベツでポリポリと。
20170511竹乃屋3
立派なイカが届きました。
これは綺麗なイカで大きさもかなり大きなもの。
立派だなぁ、ってため息が出ました。
甘みはちょっとわかりにくいですが。
すっきりとした美味しいイカでした。
20170511竹乃屋4
きびなごの天婦羅。
太いきびなごで立派でした。
これもしっかりとしていて美味しかったなぁ。
奥にあるのはイカの後造り。
刺身の残りのゲソや内臓、頭の部分を細かくたたいて。
作ってくれた。
これもまたいいねぇ。
香りが強いい部分が出てきて逆に楽しくなった。
それ以上の残りは塩焼きで。
贅沢な話だ。

美味しかったです。
ここはチェーン店なのに使い勝手もよく。
そこまで高くない。
また行くだろうな。
ご馳走様でした!

 オシャレなパン屋さんで居心地もいいね。

福岡市博多区須崎町6-1
092-263-3434
FB

20170510ナサン
 ビルの1Fにあるちょっと目立たないパン屋さん。
店の壁が黒板になっていてメニューがたまに更新されている。
その日のおすすめ、って感じですかね。
ちょっと小麦の香りが漂ってきていい感じですね。
これだけで間違いない気がしますよね。
20170510ナサン2
20170510ナサン3
20170510ナサン4
パンは総菜系がメインです。
でもハード系のパンも少しあるけど。
フランスパンが美味いんですよね。
香ばしい香りと小麦のしっかり感があって好き。
でも今回はイングリッシュマフィンが焼きたてだったのでそのサンドイッチを。
こちらも香ばしさと独特の食感が良かったな。
確か値段は260円だったかな。
美味しかったです。

またたまに行きたくなるパン屋さん。
パンはなくなると途中で閉店になる。
だからまたゆっくりと立ち寄ろうかな。
ご馳走様でした!

 菓子パンとコーヒーと。

福岡市西区姪浜4-8-1
092-882-6291
HP

20170509トランドール
 姪浜駅の隣くらいにあるパン屋さん。
店内でパンとコーヒーが食べれるのが嬉しい。
僕はたまに朝、ここでコーヒーを飲んでぼーっとさせてもらっている。
足が痛くなってからパンは買ってないけど、せっかくなのでご紹介。
20170509トランドール3
20170509トランドール2
20170509トランドール4
完全に菓子パンと言うか総菜パンがメイン。
少し味が強めでコーヒーにも合いますね。
1~2個でお腹いっぱいになれます。
サンドイッチはまだ食べたことがないけど、しっかり具材が詰まっている。
今回は塩パンを買ってきたのだけど。
しっかりと塩分が効いていたなぁ。

美味しいパンでした。
また食べたいな。
ってよりコーヒーを飲みながらゆっくりと居たいな。
ご馳走様でした。

 100円下げると無理が来る。

福岡市博多区大博町2-11
092-291-9322

 前回はとても美味しかった会議用弁当。
今回もこちらでお弁当を頼んでいる。
ただ、僕だけちょっと特別というか。
肉系を無くしてもらえたら助かると伝えていたので。
しかし、前回は素晴らしいと思ったのですが。
僕だけに特別ということもと言われて、値段を下げるということ。
何故だ(苦笑)!?
20170508カラフル食堂
前回より少しあっさりした感じかな。
そら450円から350円になったのだからそうなるよね。
でもそれでも。
野菜メインにしてくれている。
ちょっと柔らかめに仕上げているオクラが面白いね。
味付けの鰹節が美味く使われているなあ。
炒めた野菜もの、煮物、酢漬け。
そこに鮭とシューマイ。
かなり前回より落ち着いた感じがするけど、この値段ならありがたいと言わざるを得ないな。

ありがとうございます。
本当に感謝です。
ご馳走様でした!

 デザートもありがとう!

福岡市西区野方1-6-5
092-812-8560
HP

 久々ですね。
って、あれっ?
タッチパネルや皿が変わったんだね。
少し雰囲気も変わって不安になるね。
でもスタッフの人はちゃんと対応してくれるし。
さて料理はどうかな?
20170507スシローラーメン
鯛出汁ラーメン304円。
フライドポテト108円。
まずは子供たち用に。
フライドポテトはサクサク系の歯ごたえのあるポテトでした。
量は多くないけど、まずは悪くない。
鯛出汁ラーメンは以前よりライトになった気がする。
食べやすいけど、軽くなったなぁ。
子供たちはこの軽さが逆に良かったみたいだけど。
20170507スシロー鰹
ネギねぎ漬け鰹108円。
カツオの香りが少しする。
玉ねぎはちょっと僕の足対策かな(笑)。
でもこういったネタが108円で食べれるのはありがたいね。
20170507スシロープリン
パンナコッタ108円。
子供たちへのご褒美。
甘くて美味しいプリント認識したようだ(笑)。

相変わらず子供たちも喜ぶいいお店だと思う。
また行きたいな。
ご馳走様でした。

 普通の朝ごはんに少しだけ嬉しいものが。

熊本県山鹿市昭和町506

0968-43-4146
HP

  この日は熊本に。
親戚周りをしたのですが、親戚のうちの泊まるわけにもいかず。
また親戚のうちでご飯だけ食べているので寝泊りできればと思いこちらのホテルへ。
古びたホテルでしたが温泉が気持ちよく。
部屋はなかなか広かったので気持ちよかったです。
そして朝食。
これだけはお願いしていたので簡単にご紹介。
20170506昭和ホテル
ホテルの朝食ってなんだか安定感がありますよね。
その中で、蒸し野菜と豆腐をゴマダレで食べるとなんとなく胃が落ち着きますね。
そしてしょんしょん(おかず味噌)もご飯によく合った。
ご飯は温かくお代わり自由だし、味噌汁もお代わりが出来る。
味噌汁は特別感はなかったけど、ご飯が美味いのもいいポイントですね。

好きなタイプの朝食でした。
美味しかったです。
お風呂もいいので、また泊まってもいいな。
ご馳走様でした。

 親を驚かそうと。

福岡市西区上山門2-1-18
092-891-6040
HP

 今日は今や大人気のうどん屋さんへ。
最近は東京にも進出し、福岡のうどん屋さんとしてアピールをしてくれているようだ。
こちらは北九州にある「豊前裏打会」という「津田屋官兵衛」と言うお店がやっている会で修行をされたお店らしいです。
こちらの名物はごぼううどん。
ちなみに福岡はごぼう天うどんがポピュラーでよく食べます。
店によりいろいろ切り方を変えていたりするのですが、こちらのお店は円盤のようにしたごぼう天を乗せるタイプ。
これでも面白いのですが、今回は夜に行ったので。
そしてうちの父親を連れて行ったのですが、ごぼう天うどんは食べたことがないのでせっかくなので。
夜限定のこちらをチョイスしました。
20170504大地のうどん肉ごぼう三昧
肉ごぼう三昧780円。
20170504大地のうどんごぼう三昧
ごぼう三昧580円。
肉ごぼうとごぼうの違いは肉が加わるかの違い。
ごぼうは円盤型のささがき、もっと細かく刻んだかき揚げ、そして太いゴボウの揚げ物の3種類が乗っている。
ごぼうは火が通ると甘くほくっとした太いゴボウが美味しいのだけど。
細かく刻むとまた歯ごたえがたまらないし。
出汁につかるとこの食感の変わり方も食べてて楽しくなってきます。
ちなみにうどんの出汁は、柔らかい節系ですかね。
丸くてこれだけでも十分に満足できる。
うどんは滑らかで柔らかく、まるで羽二重餅のような独特のもちっと感がたまりません。
この食感はなかなか他では食べれないんですよね。
20170504大地のうどんかけうどん
かけうどん300円+大盛100円。
ちなみに僕はこちらをチョイス。
安いですね。
すっきりとした出汁をこちらなら楽しめる。
どうしても油が汁に溶け出してしまうのでマスキングされてしまう部分もあるので。
でもここの出汁もキレイ系で麺の滑らかさによく合ってます。

美味しいうどんをありがとうございました。
父親も喜んでいました。
また食べたいな。
ご馳走様でした!!

 やっぱりここはちゃんぽんだな。

福岡市早良区小田部2-6-23

092-851-8767
HP

 今日は父親が福岡に遊びに来ており。
ランチタイムに何が食べたいか、聞いてみるとちゃんぽんとのこと。
前回、「井手ちゃんぽん」さんに行った時もかなり気に入ってたもんな。
なんて思いながら次は「長崎亭」さんでもと思い行ってみると行列。
まぁそうだよね。
なんて思って次の手を考えていたのですが。
子供が愚図りだしたので、作戦変更。
入り易いファミレス風のこちらのお店へ。
全国にあるけど、ここの美味しさをどうせなら知ってほしいなと思うのもあり、入ってみました。
ここもかなり満員で少しだけ待つ形に。
人気だね、と父親も驚いていました。
親は普通にちゃんぽんを頼んだのですが、僕は限定のこちらをチョイス。
20170503リンガーハット和え麺
まぜ辛めん540円。
モヤシなどの野菜がたくさん乗った汁無し麺だ。
上には肉味噌が乗っていて、少し辛めだという。
そして好みでと辣油が置いてくれている。
まずは軽く混ぜて辣油をかけずに食べてみると。
あまり辛味はないですね。
野菜がたっぷりで少し味わいがぼけてしまう感じもあるものだな、なんて思いながら。
でも野菜とちゃんぽん麺はそのまま食べるとなかなか悪くないな。
なんて不思議なことを考えながら食べてました。
途中で辣油を加えると。
少し辛味が加わり引き締まるとともに重さも少し出てきて。
そのうえジャンクさも加わった感じ。
野菜が多いんで嬉しいけど少し楽しさはなかったかな。
20170503リンガーハットちゃんぽん
ちゃんぽん561円。
大盛無料と言うことでそちらをチョイスするとそのまま2倍って感じ。
凄いですね。
野菜もたっぷりだし、その野菜もなかなか美味い。
甘みも出ているし、ほどほどにジャンクさもある。
具沢山という安心感があって、食べていても楽しさがあるね。
やっぱりこちらはちゃんぽんが美味いなぁ。
20170503リンガーハット餃子
餃子280円。
この日は餃子が5個から6個にと言うことで。
カリッと焼かれた餃子もなかなか具沢山。
味付けもジャンクだけど、餃子はこれでいいと思った。
香ばしさで食べれるのもたまにはいいな。

美味しいランチとなりました。
またここはちゃんぽんをゆっくり食べたいな。
ご馳走様でした!

 甘いものをあなたと。

福岡市博多区上川端町10-256

092-281-6223

川端ぜんざい1
 以前から川端商店街はよく歩いているので存在は知っていたのですが。
男一人でこのお店に入る勇気と甘い物への願望はなく。
入ることはなかったのですが、この日は博多どんたく。
家族で歩いていたのですが小さな子供たちは途中で疲れ果てる。
ということで甘いもので釣ろうとこちらを提案。
喜んで歩いてくれました(笑)。
こちらは大正時代に出来たと聞いているとても歴史あるぜんざい屋さん。
お店は屋根もなく屋外で食べる感じ。
奥ではどんだくの踊りも見れて楽しかったです。
こういった風景もご馳走なのかな。
メニューはぜんざいだけ。
券売機がありますが、数を確認するためだけな感じですね(お土産用もあったけど)。
博多ぜんざい3
お店の方がせっせと餅を焼き。
ぜんざいを作ってくれてます。
その作業がなんだか微笑ましかったな。
20170502博多ぜんざい
川端ぜんざい500円。
小さな餅が2個入ったぜんざいに沢庵が少し。
ぜんざいに塩昆布ではなく、沢庵なんだね。
なんて呟いたら周りは驚いていた。
これって関西だけ?
ぜんざいはしっかり甘いタイプだけど、小豆の粒がしっかりしていて美味しいね。
甘いものは甘く、って昔風の食べ物を思い出す。
とろりとしているので胃に落ちる満足度も高い。
餅は粘り気がしっかりとした餅で。
軽く焼かれていて香りもいいね。
水分が程よく入っているからかな。

楽しい一杯となりました。
子供たちも満足していたし。
次は暑い時期に冷やしぜんざいを食べてもらいたいな。
ご馳走様でした。

 季節のヤリイカを食べに。

福岡市博多区中呉服町3-28
092-262-1136
HP

 ゴールデンウイークと言うことで。
父親が遊びに来てくれました。
ってことで歓迎会ではないですがこちらのお店を取らさせていただきました。
20170501第八八千代丸イカ
まずは季節のヤリイカを。
今年は本当にヤリイカが取れないということで。
こちらでも少し不安でした。
綺麗な透き通る身に青じその綺麗な緑が映えますね。
身はやや甘みを感じる美味しいイカ。
ゲソをハサミで切りながら食べれるのもこのお店の特徴。
面白い食べ方ですね。
口の中で吸盤がくっつきます(笑)。
20170501第八八千代丸イサキ
魚はイサキでした。
お任せでお願いしたのですが、旬なのかな。
立派なイサキだったのでと言うことで刺身でいただきました。
磯臭いものもある、イサキですが。
こちらはそんな臭みのない美味しい白身でした。
あまり海のものに慣れていない親もこれなら安心して食べれました。
ありがたい。
20170501第八八千代丸唐揚げ
子供たちが食べれるように唐揚げなんて頼んでみました。
熱々揚げたて。
脂の少ない部分で少し強めに味付けされている。
お酒にも(ってよりビールにも)、ご飯にも合う味付けですね。
こういったものを食べるとちゃんと計算されているのがよくわかる。
良いお店ですね。
20170501第八八千代丸ぎょろっけ
こちらの名物のギョロッケ。
四国でよく食べられている気がする料理です。
魚のすり身をパン粉で上げたコロッケ風のものですが。
こちらは魚のすり身にカレー粉が入っていてちょっとジャンク気味に方向づけている。
サクッとした歯ごたえにカレー風味。
プリッとした魚の食感が面白い。
こちらもご飯でもお酒でもOK。
人気なのも納得。
20170501第八八千代丸イカ焼き
20170501第八八千代丸イカの天ぷら
イカのゲソや頭の残りは塩焼きと天婦羅に。
塩焼きにすると内臓の部分も食べれて独特の味わいが楽しめる。
天婦羅は定番。
天つゆだけでなく、カレー塩や茶塩も用意しているのが嬉しいね。
ガリガリした衣はちょっと重いけど、イカの鮮度からか硬くないのが嬉しいね。
火を通すとまたイカは甘さが強調されて味わいもしっかりとする。
改めて美味さを痛感。
20170501第八八千代丸イサキのあら汁
〆はイサキのアラであら汁。
イサキの骨やわずかに残った身をむさぼりながら。
軽い味噌の香りで〆れる一杯。
これで〆れるのがほかのお店とちょっと違うところ。
余すところなくという言葉がぴったり。

家族6人で15,000円くらい。
ありがたい話です。
ちなみにご飯とビール1杯、カルピス6杯込です(笑)。
これはまた行きたいな。
ご馳走様でした!!

このページのトップヘ