記事翻訳

AKR20180617053852055_01_i
群山の酒場で火災
17日午後9時53分頃、全北群山市蔵米洞のある遊興酒店(※風俗店)で火が出て、消防隊員が救助作業をしている。


17日午後9時53分頃、全北群山市蔵米洞のある建物1階の酒場で火が出て、3人が死亡して30人が怪我をした。

警察と消防当局によれば、18日午前1時までに確認された死傷者は計33人で死亡3人、重傷5人、軽傷25人だ。

彼らは酒場内部で火が出ると、建物の外に避難する途中で惨事に遭った。

酒場内部280㎡も全て燃えた。

負傷者の中には火傷などを負った重傷者が多数おり、死亡者はさらに増えるものと消防当局は見ている。

負傷者の大部分は群山開也島の島民であることが分かった。

火は発生1時間余り経った午後10時50分頃に全て鎮火された。

目撃者たちは「火が出る前にシンナーの臭いが強くした」として「誰かが遊興酒店の入口に火を付けた」と話した。

消防当局は酒場にスプリンクラーが設置されておらず、人命被害が増えたと明らかにした。

全北消防本部関係者は「酒場内部の消防設備は消火器3個と非常誘導灯が全てだった」として「スプリンクラーが作動していれば、人命被害は減っていただろう」と説明した。

警察は目撃者の陳述などをもとに酒場に火を付けた中年男性を追跡している。

PYH2018061800620005500_P4
群山の酒場放火容疑者
全北群山市蔵米洞のある酒場に火を付けた疑いで緊急逮捕されたイ某(55)氏が18日未明、病院で治療を受けるために群山警察署を出ている。


AKR20180618004000055_01_i
17日午後9時53分頃に全北群山市蔵米洞のある酒場で火が出て、3人が死亡して30人が怪我をして、警察と消防当局が現場で火災の鑑識をしている。


全北群山のある酒場に火を付けて33人の死傷者を出した放火容疑者が警察に捕まった。

群山警察署は18日、放火致死の疑いでイ某(55)氏を緊急逮捕して調査中だ。

警察は容疑が把握され次第、イ氏に対して逮捕状を申請する予定だ。

イ氏は前日の午後9時50分頃、群山市蔵米洞のあるライブカフェに引火性物質を撒いて火を付けた疑いを受けている。

イ氏の放火で死亡者3人、負傷者30人など計33人の死傷者が発生した。

死亡者は全て男性だ。

負傷者の大部分は群山開也島の島民であることが分かった。

PYH2018061800020005500_P4
群山遊興酒店火災
17日午後9時53分頃、全北群山市蔵米洞のある遊興酒店(※風俗店、クラブ)で火が出て数十人が怪我をして、消防当局が火災を鎮圧している。


重傷者が多数おり、死亡者はさらに増えるものと消防当局は見ている。

犯行直後に逃げたイ氏は犯行場所から500mほど離れた群山市仲洞の先輩の家に隠れていたが、この日午前1時30分頃、警察に検挙された。

犯行当時にイ氏も身体を怪我したことが分かった。

イ氏は「ツケの代金は10万ウォンだったが、酒場の主人が20万ウォンを要求した。腹が立って火を付けた」と警察に陳述したことが分かった。

警察はイ氏を相手に簡単な調査を終えた後、病院に送って治療させるようにする予定だ。

警察関係者は「容疑者も怪我をして、治療が急な状況」としながら「治療が終わり次第、事件の経緯などを具体的に追及して司法処理する方針」と話した。


「ツケの代金は10万ウォンだったが、酒場の主人が20万ウォンを要求した。腹が立って火を付けた」

現場は7080クラブという店で、70~80年代の音楽が楽しめるキャバレー、カラオケスナックみたいなものらしい。
容疑者は約1万円の支払いを巡って口論になり、わざわざ漁船から燃料を抜いて入口ドアに掛けたという話も。