記事翻訳

C0A8CA3C0000015083E1C93D00056512_P4

韓医院で腰の治療を受けた30代女性がショック反応を見せたあと死亡した事実が一歩遅れて分かった。

8日京畿富川梧亭警察署によれば今年5月15日午後2時48分頃、富川市のある韓医院で小学校教師のA(38・女)さんがボンチム治療(蜂の針を刺す韓国の伝統医術)を受けた際、ショック反応を起こした。

Aさんは119救急隊によってソウルのある大学病院に運ばれて治療を受ける中、6月初めに死亡した。

彼女は当日、腰痛を治療するためにこの韓医院を訪ねたことが確認された。

国立科学捜査研究院の遺体解剖検査の結果、Aさんは『アナフィラキシーショック』によって死亡したものと推定された。

過敏性ショックとも呼ばれるアナフィラキシーショックは呼吸困難と血圧低下を誘発することが知られている。

Aさんの遺族は漢医院側が応急処置をキチンとせずに事故が発生したと主張した。

遺族側の訴状を受理した警察は漢医院の院長B(43)氏の業務上過失致死の疑いを調査するなど、正確な事故の経緯を捜査している。

B氏は警察で「応急処置をちゃんとした」と主張したことが伝えられた。

警察関係者は「現在、関連の捜査が引き続き進行中な状況」としながら「追加で大韓医師協会に諮問を依頼して、正確な経緯を把握する予定」と話した。


富川市のある韓医院で小学校教師のA(38・女)さんがボンチム治療(蜂の針を刺す韓国の伝統医術)を受けた際、ショック反応を起こした。

こういうのって最初に問診するとかパッチテストするとか無いのかなぁ。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大和漢 灸 やわら レギュラー(200コ入)【灸 やわら】
価格:1190円(税込、送料別) (2018/8/11時点)