記事翻訳

PYH2018091712820001300_P4
明洞の実弾射撃場


7日ソウル明洞のある射撃場で実弾を盗んで逃げた日本人が約9時間ぶりに警察に捕まった。

ソウル南大門警察署はこの日午後10時15分頃、明洞ミリオレビル近くのマッサージショップが入店しているある建物に入ろうとしていた日本人A氏を緊急逮捕したと明らかにした。

警察はこの日午後1時30分頃に明洞の射撃場で実弾が紛失したという通報を受けてA氏を追跡した。

警察によれば、A氏はある中国人と一緒に射撃場を訪ねて射撃を終えた後、安全要員が銃の装填をしている間に実弾2発を盗んだ。

警察は射撃場の名簿と近くの防犯カメラを土台にA氏を追って、彼らの宿泊所を特定の末に捕まえて実弾2発を全て回収した。

警察はA氏と同行の中国人を共に護送して調査した後、身辺処理などを決定する予定だ。

彼らの人的事項や犯行の動機、共犯の可否など中間捜査の結果は8日午前中に出るものと見られる。

警察は「逮捕時点が深夜の上に通訳人が必要なだけに調査に時間が必要だ」と話した。

一方、この射撃場は今年9月16日に映画撮影スタッフのA(36)氏が自ら命を断った場所だ。


一方、この射撃場は今年9月16日に映画撮影スタッフのA(36)氏が自ら命を断った場所だ。

釜山の射撃場は日本人が事故に遭って有名だけど、ソウルにもあるんだね。
密閉された射撃場中には客1人と従業員1人が入らなければならないという規定によって、従業員が後ろに付いて入って行った。従業員が拳銃を射撃台に固定すると、ホン氏はあらかじめ準備してきた電気衝撃器(※スタンガン・テーザーガン)で従業員を攻撃した。従業員が他の者に助けを要請しようと外に走って出ている間、ホン氏が極端的な選択をしたものと明らかになった。救急隊員たちが通報を受けて出動したが、既に死亡した状態だった。

実弾射撃場では拳銃に固定装置が設置されており、銃口を標的の反対側(発射者の身体側)に向けることができない。この射撃場も安全規定によって銃口を標的の反対側に向けることができないように安全装置を設置していたことが調査された。警察関係者は「ホン氏は電気衝撃器の攻撃を受けた従業員が助けを求めに外に出ている間、テーブルに上がって身体を前に傾けた後、射撃した」と話した。

2018091701654_1
ソウル明洞の実弾射撃場に設置された銃の施錠装置