記事翻訳

201811080737065b1


今年のニュージャージー本選挙では歴代で最も多くの韓人が当選した。

6日、最大の激戦地に挙げられたパラセイズパーク市議員選挙ではイ・ジョンチョル、ポール・キム民主党候補がそれぞれ2173票と2303票を獲得して、キム・ジェヨン共和党候補(1315票)などを押さえて当選の喜びを味わった。

イ・ジョンチョル、ポール・キム市議員当選者は「同伴勝利したクリス・チョン市長当選者を手助けして、ペルパクをより暮らしやすい場所にすることに最善を尽くすつもりだ」と話した。

また、別の激戦地と考えられたイングルウッドクリフス市議員選挙では民主党所属のジミー・ソン候補がランニングメイトのデボラ・サバリ(Deborah Tsabari)候補と同伴勝利した。しかし、再選に挑戦した共和党所属のパク・ミョングン候補は落選した。

現場及び郵便投票の合計でソン候補とサバリ候補はそれぞれ1177票と1185票を獲得して、パク議員(1117票)など共和党候補をリードした。しかし、共和党側は暫定投票80票余りの開票結果まで最終確認するという立場だ。

この他にリッジフィールドのデニス・シム市議員は3選に成功して、ジャニー・チョン クロスター市議員も容易く再選した。レオニアのベンジャミン・チェ、デュモンのジミー・チェ、オラデルのミリアム・ユ候補なども市議員当選の喜びを味わった。ハワース市議員に挑戦したクリスティーン・パク共和党候補は惜しくも破れた。

これで今年の本選挙で韓人市議員候補8人が当選して、歴代最も多くの数字を記録した。韓人当選者たちは全て民主党所属という共通点がある。

この日実施されたニュージャージー・バーゲン郡教育委員選挙でも韓人候補が多数当選した。

ペルパク教育委員選挙ではランニングメイトを組んだミン・ウンヨン、イ・ヒョンジン、ティモシー・ヤン候補が勝利した。一方、これらと対決したミン・ソクジュン候補は落選した。

今回の選挙結果でペルパク教育委員計9人のうち7人を韓人が引き受けることになった。ペルパクのタウン行政と学群教育を全て韓人が主導することになったのだ。

リバーエッジ教育委員選挙では計3人の韓人候補のうちシム・ギュチャン、ウン・カン候補が当選したが、イ・ホチャン候補は落選した。

この他にフォートリーのエステル・ハン・シルバー教育委員が再任に成功して、クロスターのイ・ソンミン候補とデマレストのイ・ギュソン候補もやはり教育委員当選に成功した。しかし、ロディ教育委員に挑戦したデビッド・キム候補は当選に失敗した。

韓人市議員8名当選…歴代最多 [米州韓国日報] 2018-11-08(木)

今回の選挙結果でペルパク教育委員計9人のうち7人を韓人が引き受けることになった。ペルパクのタウン行政と学群教育を全て韓人が主導することになったのだ。

これは反日教育がはかどるなぁ。