記事翻訳

PYH2019010918680001300_P4
電子足輪切って逃走した性犯罪前科者送還
電子足輪(位置追跡電子装置)を切断して外国に逃走した50代の性犯罪前科者が9日、仁川空港を通じて国内に送還されている。


電子足輪(位置追跡電子装置)を切断して外国に逃走した50代の性犯罪前科者と、外国にサーバーを置いてわいせつサイトを運営して海外に逃避した30代が国内に送還された。

警察庁は先立ってタイで現地警察に検挙されたA(51)氏とB(36)氏を9日午後、仁川国際空港を通じて航空便で送還された。

A氏は2002年に特殊強盗強姦など性犯罪で懲役12年の刑を宣告されて服役後、2014年に出所して7年間の電子足輪付着命令を受けた。彼は4年目の去年3月25日に電子足輪を切断してゴミ箱に捨てた後、同日午後日本に出国して、またタイに移動して逃避生活をしていた。

電子足輪付着対象者が装置を切断して外国に逃避した国内の事例はA氏が初めてだ。法務部保護観察所はA氏の出国後、関連事実を認知して警察に申告した。

法務部の申告で捜査に着手した警察は国際刑事警察機構(インターポール)に国際協力捜査を要請して、最上位の手配等級である赤色手配が発行された。その後A氏がタイに移動した事実が確認されると駐在官を通じて現地警察に被疑者検挙のための協力捜査を要請した。

A氏の所在把握に着手したタイ警察は彼がパタヤに潜伏中という情報を入手して捜索した末に去年10月13日、パタヤのあるカフェでA氏を発見、検挙に成功した。

PYH2019010918750001300_P2
海外にサーバーを置いたわいせつサイト運営者国内送還
外国にサーバーを置いてわいせつサイトを運営して海外に逃避した30代が9日、仁川空港を通じて国内に送還されている。


一緒に送還されたB氏は2016年4月からアメリカにサーバーを置いたわいせつサイトを運営して、わいせつ物約14万3千件を流布した疑いで警察の捜査網に上がった。彼は直接撮影した動画を他のわいせつサイト運営者に販売して、自分のサイトにバナー広告を載せるなどの方法で2億5千万ウォンの不当利得を得たことが調査された。

B氏は警察の捜査を逃れようと新しいわいせつサイトを開設して運営して、捜査網が狭まると去年4月25日にタイに出国して姿を隠した。警察はB氏に対してもインターポールに協力捜査を要請した。

タイ警察はB氏がバンコクのある高級コンドミニアムに滞在しているという情報を入手、去年10月7日に隠れ家を急襲して彼を検挙して、現場にあったカメラやノートパソコン、外付けハードディスク、携帯電話、現金130万バーツ(約4500万ウォン)など証拠物を押収した。韓国警察はこれら証拠資料一切を渡されて捜査に活用する方針だ。

A氏は特定犯罪者に対する保護観察及び電子装置付着などに関する法律違反の疑いでソウル瑞草警察署で、B氏は情報通信網利用促進及び情報保護などに関する法律・性暴力犯罪の処罰などに関する特例法違反の疑いで大田地方警察庁サイバー捜査隊で調査を受ける予定だ。

警察庁関係者は「韓国とタイ警察間の緊密な協力関係のおかげで被疑者を検挙して韓国に送還することができた」として「今後も外国に逃避中の被疑者をインターポールなどを通じて最後まで追跡・検挙して司法の正義を実現する」と話した。

PYH2019010918740001300_P4
海外にサーバーを置いたわいせつサイト運営者国内送還
外国にサーバーを置いてわいせつサイトを運営して海外に逃避した30代が9日、仁川空港を通じて国内に送還されている。


電子足輪を切って日本大阪に逃走した性犯罪者をタイ・パタヤで検挙】の続き

彼は4年目の去年3月25日に電子足輪を切断してゴミ箱に捨てた後、同日午後日本に出国して、またタイに移動して逃避生活をしていた。

まずはこんなヤツ出国させるなよ。