記事翻訳

C0A8CA3C00000164348B727200020D29_P4
殺人事件


知人を殺害した後に遺体を土・セメントと混ぜてコムトン(※ゴム桶、キムチ漬けなどに使う大型のポリ容器)に4年以上遺棄した夫婦など3人が警察に捕まった。

釜山南部警察署は殺人、死体隠匿・遺棄の疑いなどでA(28・女)さんとB(28)氏を、死体隠匿・遺棄の疑いでAさんの弟C(26)氏を拘束したと13日明らかにした。

夫婦の関係だったAさんとB氏は2014年12月、釜山南区の被害者D(当時21歳・女)さんのワンルームでDさんを暴行、殺害した疑いを受けている。

警察は「2人が凶器を利用して被害者を手当たり次第に暴行したという陳述が出た状態で、暴行の過程に対して捜査を進行している」と明らかにした。




AKR20190313021851051_01_i_P2
死体隠匿に使われたキャリアの姿


彼女らは犯行後にDさんの遺体をワンルームの中にあったスーツケース(横44cm、縦76cm、幅30cm)に入れた後、セメントを買ってきて流し込んだ。この過程でAさんの弟C氏が手助けしたことがわかった。

警察は「犯行2日後にセメントが固まったのでスーツケースを引いて自分たちが住んでいる家まで運んだと陳述した」として「その後、家の前庭のコムトンにセメントと混ざっていた遺体をスーツケースから取り出して入れて、臭いが出ないように洗剤や土も撒いた」と話した。

Aさんらは犯行1年後に他の住宅に引っ越しをして、このコムトンやスーツケースなども一緒に運んだ。

警察は犯行7ヶ月前にAさんとDさんが慶北地域のある携帯電話製造工場で出会って知り合うことになったと明らかにした。

家庭の事情が困難で家族たちと関係が疎遠になっていたDさんはAさんと知り合った後、たくさん頼ったことが分かった。Aさんの提案で2人はAさんの家族がいる釜山に下って3週程度一緒に暮らして、その後Dさんがワンルームに独立した。

Dさんの家族たちは「釜山で知り合いのお姉さんと一緒に暮らす」という最後の連絡を受けた後に消息が途絶えると、2015年12月に家出申告をした。

AKR20190313021851051_02_i_P2
死体隠匿に使われたコムトン


彼女らの犯行は5年目に明らかになった。

今年1月にB氏と離婚したAさんが知人と酒盛りをする中、自分がDさんを殺害して保管しているという事実を話して、この知人が去る8日警察に申告した。

警察は申告が受付されたAさん宅のコムトンから人間推定の遺骨が出てくると刑事担当チームを構成、3人の位置を追跡して申告40時間目に全員検挙した。

警察は「AさんがDさんと前夫の仲を疑ったことが犯行の発端になった」と話した。

警察は「現在遺骨だけ残っている状態のため、国立科学捜査研究院の検視を通じて死因を究明する計画」としながら「Dさんの遺体が保管されていた家にAさんの母親も一緒に暮らしており、Aさんの母親も死体遺棄の事実を知っていたのかも確認する計画」と説明した。


今年1月にB氏と離婚したAさんが知人と酒盛りをする中、自分がDさんを殺害して保管しているという事実を話して、この知人が去る8日警察に申告した。

宴会の場でこんな告白される知人もたまったもんじゃないよね。