記事翻訳

AKR20190313114300051_01_i_P2
釜山海雲台区を訪問したザレ・シナンヤン米グレンデール市市長


アメリカで初めて少女像を建てたロサンゼルス(LA)北東部グレンデール市のザレ・シナンヤン市長(議長兼任)が計画していた釜山日本領事館前少女像の訪問が不発した。

13日に釜山海雲台区庁に到着したシナンヤン市長は前日、『少女像の位置が日本領事館の前で日本極右団体のテロの恐れがあり、身辺保護の次元で行かないのが良い』というグレンデール市関係者の要請が来て、これを受け入れたと明らかにした。

シナンヤン市長はこの日午前に海雲台区で友好協力都市協約式をした後、午後に東区の日本領事館前少女像を訪ねる予定だった。

昼食後に日程変更の事実を知らせたシナンヤン市長は2013年グレンデール市に少女像を建てて経験した出来事を打ち明けた。

彼は「日本政府はもちろん極右団体などから圧迫を受けて、現在も引き続き幾千通になるEメールを受けている」として「少女像を撤去せよという圧迫が今でも続いており、市議員たちにもEメールが来ている」と話した。

PYH2019031317590005100_P4
米グレンデール市市長、日帝強制動員歴史館訪問


続いて「日本政府からも余り直接的な圧迫は無かったが、間接的な別の姿で圧迫を加えているのは事実」と付け加えた。

シナンヤン市長は「少女像は歴史を正しく立てるものであり、少女像を無くして異なるものを記念するのは正しくないと思う」と強調した。

彼はまた「グレンデール市は人権侵害問題に常に先頭に立って知らせて広報している」として「日本も広島の原子爆弾被害などのような人権と関連した問題をグレンデール市に持ってくれば、これも取り上げることができる」と話した。

シナンヤン市長はこの日少女像訪問を取り消す代わりに予定より急いで南区の日帝強制動員歴史館を観覧した。

続いて海雲台区の映画の殿堂と釜山国際映画祭事務局訪問などの日程を消化する予定だ。

PYH2019031317570005100_P4
米グレンデール市市長、日帝強制動員歴史館訪問


人口20万人のグレンデール市はLA傘下88個自治市の中の1つだ。

アメリカの小都市の中の1つだが韓国人には格別な意味があり、『人権都市』としても有名な場所だ。

シナンヤン市長は既にソウルと忠北報恩にある少女像を共に訪問した。


「日本も広島の原子爆弾被害などのような人権と関連した問題をグレンデール市に持ってくれば、これも取り上げることができる」

被爆者団体にも韓国人が入り込んでいるからなぁ。
どうせ「朝鮮被爆者にもっと補償しろ」とかそんなんでしょ。