記事翻訳

act2si59b05s1lk62ac8
キム・ヨンチョル統一部長官候補者


キム・ヨンチョル統一部長官候補者が過去に北朝鮮が犯した挑発を『偶発的事件』と表現したことが分かった。

去る2011年にキム候補者はあるメディアとのインタビューで「北朝鮮の天安艦爆沈と延坪島砲撃事件は意図的な挑発ではなく、『偶発的事件』だった」という趣旨の発言をした。

彼は当時の南北関係の梗塞が金剛山観光客被撃事件、天安艦、延坪島挑発のせいではなく、イ・ミョンバク大統領の10・4宣言不履行のせいという意味で解釈した。

2011年は3月に起きた天安艦爆沈挑発事件と11月の延坪島砲撃挑発事件が相次いで起きて、南北関係が凍り付いていた時期だ。

194w29m07wcx4g5qu15e
天安艦


天安艦爆沈挑発事件によって無辜な海軍将兵46人が命を失って、国防戦力にも大きな損失を負った。

延坪島砲撃挑発は民間居住地域に直接的な爆撃を加えた最初の事件だ。2人の将兵が死亡して、民間に莫大な被害を与えた明白な停戦協定違反だ。

それにも関わらず北朝鮮は現在までこのような挑発に対して公式的に謝罪したことはない。むしろ天安艦爆沈に対しては「南朝鮮の保守の輩が操作した稚拙な謀略劇」と非難した。

ubyg1zt69f566n1yf863


また、延坪島島砲撃挑発事件に対しても「延坪島砲射撃戦の痛快な勝利は人民軍の不敗気性を誇示した一大事変」としながら大々的に宣伝したりもした。

キム候補者の発言に不適切だったという批判が殺到している理由だ。

一方、キム候補者は2015年に2人の若い青年の足を奪い取ったDMZ木箱地雷挑発事件を見て、自分のSNSに「心証は悪いが確実な物証は無い」と主張したりもした。

2019031502711_0


キム・ヨンチョル統一部長官候補者が去る2008年、金剛山で北朝鮮軍の銃で死亡した『パク・ワンジャさん被殺事件』に対して「早く経験するべきだった通過儀礼』と言及したことが15日確認された。

キム候補者は去る2011年に出版した本『もしも韓国史(もしもという名前で再解釈した我が歴史)』《写真》で金剛山観光再開の必要性を主張して「銃撃事件で観光客が死亡した事件・事故は早く始めても我々が経験しなければならない通過儀礼だった」とした。そして「どうせ経験しなければならない事なら、いっそ早く経験したほうがマシだった」とした。

この本はキム候補者が3人の筆陣と共にある週刊誌で回りながら連載したコラムをまとめて出したものだ。 該当の部分はキム候補者が2010年4月号に『金剛山観光が5年先に始まったなら』というタイトルのコラムに載せられた。

キム候補者はこのコラムで「金剛山観光は『接触を通じた変化』政策の象徴だ。接触初期には衝突が不可避だ」として「例えば金剛山で大韓民国万歳を呼ぶ人、脱北者の話を持ち出して抑留される人、交通事故で北朝鮮軍人が死亡して、銃撃事件で観光客が死亡する事件・事故など(がそうだ)」とした。

キム候補者は「(金剛山観光を始めるのに)振り返ってみれば、ノ・テウ政府では早すぎた」として「だがしかし、当時に金剛山観光が始まっていれば、南北関係はもう少し早く不信の渓谷から脱しただろう」とした。そして「分断の歳月を超えて平和統一の未来に行くために我々はその渓谷を通過しなければならない」とした。

同じ本でキム候補者は天安艦事件に対して「韓国が天安艦事件の北朝鮮の連携性を明らかにするに値する強力な証拠を提示することができるのか」としながら「心証は悪いが確証が無い状況は国内の政治的に有利に作用することができるが、外交的にはそうではない」とした。また前政府時に発生した北朝鮮の非武装地帯(DMZ)木箱地雷挑発に対しては北側の仕業という確実な物証が無いという趣旨の発言もした。

パク・ワンジャ事件は2008年7月11日午前、金剛山観光に乗り出した民間人パク・ワンジャ(当時53歳・女)さんが北朝鮮軍の銃撃によって死亡した事件だ。1998年に金剛山観光が始まってから観光客が北朝鮮軍の攻撃を受けたのはパクさんが初めてだった。金剛山観光はこの事件で中断された。

政府は北朝鮮に謝罪や再発防止を要求したが、北朝鮮はこれを拒否した。北朝鮮はその後、金剛山地域内の南側資産(3673億ウォン)凍結・没収(2010年)→現代峨山の観光事業独占権取り消し発表(2011年)→金剛山国際観光特区法の採択(2011年)→南側滞在人員の追放(2011年8月)など措置を取った。

2019031502711_1
キム・ヨンチョル統一部長官候補者が11日午前、ソウル鍾路区の南北会談本部人事聴聞会準備事務室に初めて出勤して取材陣の質疑に答えている。



彼は当時南北関係の梗塞が金剛山観光客襲撃事件、天安艦、延坪島挑発のためではなく、イ・ミョンバク大統領の10・4宣言不履行のせいという意味で解釈した。

ムン好みの北にズブズブな人選だけど、どうなんだろうね。
 韓国大統領府の文正仁(ムン・ジョンイン)外交・安保・統一特別補佐官は14日、金錬鉄氏について「(文大統領が)米国と関係なしに韓半島(朝鮮半島)政策を推し進める意向の表れだ」と述べた。文正仁氏は金錬鉄氏が「対北朝鮮制裁無用論」や「南北経済協力の早期再開」を主張してきたことにも言及した上で「(長官になれば)本人の主張通り仕事を進めていくだろう」「米国も何もできないはずだ」との考えも示した。これに対して野党などからは「金錬鉄氏が統一部長官に就任すれば、韓米同盟はさらに悪化するかもしれない」といった懸念の声も出ている。