記事翻訳

95052149.1


実の娘を殺害して服役中の70代が暴力団を雇って陳情書を出した家族たちを脅迫して警察に摘発された。

釜山沙上警察署は15日にA(74)氏など12人を脅迫などの疑いで検挙、このうちB(26)氏を拘束して残り11人を不拘束立件(※書類送検)したと明らかにした。

警察によれば実の娘殺害で服役中のA氏は去年10月30日午後4時頃、息子の嫁が勤務する水営区のある学校に暴力団を送って入れ墨を見せて悪態をつくなど計13回にわたって脅迫した疑いを受けている。

A氏はまた同年9月、自分の妻が所有している建物に入店した居酒屋に未成年者を出入りさせて取り締まりで摘発されるようにするなど風俗店4ヶ所の業務を妨害した疑いも受けている。

警察は刑務所などを押収捜索してA氏らが交わした手紙370通余りと通帳の取引内訳を分析、犯行指示の内容と犯行の対価として1900万ウォンを送金した事実を確認したと警察は明らかにした。

A氏は家族たちから陳情書を提出されて重い処罰を受けたことに恨みを抱いて、このような犯行を犯したと警察は説明した。

【アンカー】
実の娘を殺害して服役中の70代男性が組織暴力団らを動員して、残った家族たちまで苦しめてきました。

家族たちが厳重な処罰を要求する陳情書を提出したことに恨みを抱いて、残った息子たちを殺してほしいと具体的な方法まで提示しました。

カン・ソラ記者です。

【レポート】
釜山のある学校前です。

組織暴力団たちが押し掛けてきて、入れ墨を見せて悪態をつくなど乱暴をはたらきます。

刑務所に収監された74歳のA氏が息子の家族を苦しめるため、息子の嫁が働く学校に組織暴力団らを送ったのです。

「A氏の前妻所有の建物です。A氏はここに入居する居酒屋に数回未成年者たちを送って取り締まりさせられる手法で前妻を苦しめてきました」。

また300通余りを超える手紙を通じて、息子たちを殺害して自分の恨みを晴らしてくれれば大きな見返りをするつもりだと約束したりもしました。

A氏は結婚生活の間に妻を暴行して、去る2012年これに抗議する娘を殺害して服役中でした。

【インタビュー】
[キム・ミョンピル/沙上警察署強力3チーム警衛「許してほしいという手紙を幾ら送っても息子たちの返答が無くて、陳情書及び処罰をもっとしてほしいとされたことのために自分が刑を沢山受けたという考えに」]

A氏は残った家族たちを苦しめた対価として組織暴力団らに1900万ウォンを送りました。

警察は脅迫などの疑いで組織暴力団のB氏を拘束して、共犯10人を立件して調査しています。

KNNカン・ソラです。


「許してほしいという手紙を幾ら送っても息子たちの返答が無くて、陳情書及び処罰をもっとしてほしいとされたことのために自分が刑を沢山受けたという考えに」

許していたら家族皆殺しにされていたかもしれない。