記事翻訳

AKR20190418066200054_01_i_P2
配達の食べ物を盗む手配者


「配達しようとオートバイに入れておいた食べ物が消えました」

去る4日に光州西区のあるワンルーム密集地域で食べ物を配達していたA氏はとんでもない出来事を経験した。

配達の食べ物を家の前まで持っていくためオートバイから少し降りている間、オートバイの保管箱に入れていたハンバーガーと飲み物が突然消えたのだ。

ところが、この一帯で配達オートバイに入れておいた食べ物が消えたのは今回が初めではなかった。

2018年12月から今月初めまでチキンやピザ、チョッパル(豚足)、ハンバーガー、キムチチゲ、ブデチゲなど配達オートバイにある食べ物が続けて消えていた。

窃盗犯行が繰り返されるのをこれ以上見過ごすことができなかったた警察は配達が頻繁なワンルーム村一帯を集中的に捜索し始めた。

カメラの分析を通じて容疑者を聞き込みした警察は去る5日、西区のある通りで登山服姿で徘徊していたB(46)氏を捕まえた。

B氏はホームレス生活をして腹が空いており、このような事をしたと供述した。

切ない生計型犯罪で終わるところだった『配達食べ物連続失踪事件』はB氏の身元照会の結果が出て急変した。

分かってみればB氏は性暴行事件で警察の手配を受けている犯罪容疑者だった。

光州西部警察署は直ちにB氏を検挙、窃盗の疑いで立件する一方、身柄を富平警察署に引き渡した。

警察関係者は18日「警察の追跡を逃れるために食べ物を盗んで食べて隠遁生活をしていたものと見られる」として「また別の追加犯行に繋がる前に検挙することができて良かった」と話した。





2018年12月から今月初めまでチキンやピザ、チョッパル(豚足)、ハンバーガー、キムチチゲ、ブデチゲなど配達オートバイにある食べ物が続けて消えていた。

日本だと酢味噌つけて齧りつくようなイメージだけど、韓国は出前で取れるの?