記事翻訳

PYH2019051711890005200_P4
烽下村を訪ねた市民たち
盧武鉉元大統領逝去10周忌を1週間控えた17日午後、市民たちが慶南金海市進永邑烽下村を訪問している。


盧武鉉元大統領逝去10周忌追悼式に5千人を超える人の波が集まると予想される中で警察が突発状況などに備えて警備態勢を強化することにした。

慶南地方警察庁は盧元大統領追悼式の当日23日、金海市進永邑烽下村の大統領墓地周辺に義務警察8個中隊などを含んで、450人ほどを配置する計画と21日明らかにした。

10周忌を迎えた今回の追悼式には参与政府(※盧武鉉政権)人士とイ・ヘチャン代表を始めとした共に民主党指導部、現職議員たち、現政府人士が集結する。

ここに現職長官、民主党所属広域自治体長の大部分、ジョージW.ブッシュ元アメリカ大統領も出席する。

市民まで含めれば、9周忌追悼式の訪問者よりも多い5千人ほどが追悼式に参加すると盧武鉉財団側は予想した。

このため、警察も過去の追悼式の時より人員を多少増やした400人ラインで配置することに決定した。

彼らは現場での円滑な通行のために交通安全・管理業務などを遂行する計画だ。

現場には突発状況などに備えて私服警察も配置する。

追悼式に野党側人士が出席した場合、物理的な摩擦の可能性もあるからだ。

実際、過去の追悼式では非盧系人士たちに向かって水洗礼が発生したり、悪口・ヤジが行き交ったりもした。

盧武鉉財団は自由韓国党のファン・ギョアン代表を含んだ野党側人士にも追悼式出席を要請した中、出席者名簿は追悼式1日前の22日に最終確定・発表する予定だ。

警察関係者は「盧元大統領10周忌追悼式に多くの方が出席する予定なので、突発状況などが発生しないように現場管理に集中する」と話した。

PYH2019051711880005200_P4
烽下村を訪ねた市民
盧武鉉元大統領逝去10周忌を1週間控えた17日午後、市民たちが慶南金海市進永邑烽下村を訪問している。


PYH2019052106280005200_P4
烽下村掲示板の悪口


盧武鉉元大統領逝去10周忌追悼式を2日控えた21日午前、慶南金海市進永邑烽下村の盧元大統領墓地の掲示板が悪意的に毀損されて、警察が捜査に乗り出した。

警察によればこの日午前7時30分頃、烽下村の貯水池に上る道脇の掲示板に『ムン罪人は監獄に、ファン代表は青瓦台に』、『賄賂を喰って自殺した』というなど嫌悪文が印刷されているのを訪問者が発見、盧武鉉財団側に申告した。

この字はあらかじめ彫ってきたのをガラスに貼り付けたものと警察は把握している。

嫌悪文を貼り付けた掲示板には元々『川の水は海を諦めません』というタイトルと共に盧元大統領が烽下村帰郷後の姿を収めた写真を見せている。

周辺の防犯カメラを警察が確認した結果、この日午前5時頃に2人が掲示板に接近して毀損するシーンがぼんやりと確認された。

嫌悪文は現場を確認した財団関係者が直ちに除去した。

警察は防犯カメラの中の人物を確認する一方、朝早くに烽下村を訪ねた者がいたのか聞き込みをしている。

盧武鉉財団は10周忌行事を控えてこのような事件が発生したことを非常に感に受け取っていることが分かった。

財団側はこの日、財団ホームページにもこのような内容を知らせて遺憾を示した。

ホームページに上げた文で財団は「21日午前に烽下村の野外展示台が毀損された状態で発見されて、該当防犯カメラで場面を確保した状態」としながら「盧武鉉大統領逝去10周忌を控えて数多くの市民が追悼の意を集めてくれているこの時に発生した今回の事件に甚だ遺憾を示す」と明らかにした。

財団は今回の事件に対して警察に捜査を依頼して、関係者は関連法律によって処理する予定と付け加えた。

AKR20190521054252052_03_i_P2
『テロ』を受けた盧武鉉掲示板



ここに現職長官、民主党所属広域自治体長の大部分、ジョージW.ブッシュ元アメリカ大統領も出席する。

ブッシュまで来るのはちょっと驚き。

日本語ニュース

詳しくはハンギョレ【ブッシュ元米大統領、盧元大統領の肖像画持って烽下村訪れる】、中央日報【「文は監獄へ、黄は青瓦台へ」 落書きテロにあった烽下村の標示板】、


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

韓国の希望盧武鉉の夢 [ 盧武鉉 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2019/5/21時点)