記事翻訳

201908131096390455_1
スターバックス・オリガミ


国内のコーヒー専門店業界1位であるスターバックスが日本産製品不買運動に参加する。

スターバックスコーヒーコリアは日本から完成品形態で輸入してきた『スターバックス・オリガミ・ベランダブレンド』と『ヴィア抹茶』などの製品に対して追加発注をしていないと13日明らかにした。

スターバックス関係者は「商品形態で輸入しているオリガミとヴィア抹茶はグローバルラインナップ商品で、製品の発注量を減らしたり、初めから暫定中止することを検討中」としながら「過去にも輸入量が微微で、現在追加発注をしていない」と話した。

スターバックス・オリガミシリーズは熱いお湯を注いで飲むことができるようにした抽出式コーヒー製品だ。ヴィア抹茶は家で手軽に『グリーンティー・ラテ』を作って飲むことができるように小包装になった製品だ。

スターバックスが発注中止まで検討したことには『オリガミ』シリーズの場合、1300店を超える店舗数と比較して1日の販売量が100~200個に過ぎないだけに、事実上ほとんど売れていないという点も共に作用したことが分かった。

一方、スターバックス関係者は製品の安全に対する一部の憂慮には「オリガミ製品は日本で作っているが、コーヒー豆など核心原材料は第3国で生産したもの」としながら「製品も問題になっている福島とその近隣13県地域と関係ない地域で生産されており、生産地証明と放射能検査を徹底的にして合格したもの」と説明した。 続いて「完成品商品の他にも製造飲料には何の日本産原材料も使われていない」として「国内の協力会社と共に材料国産化の努力を広げて、自社開発を増やして行っている」と強調した。

スターバックスは緑茶の製造原料と緑茶ティーバッグの原材料は2013年から済州産で国産化を完了したと紹介した。

3ad8e08f-8e80-421e-84ca-aa381f85ee53
スターバックス


国内のコーヒー専門店スターバックスコーヒーコリアが日本産製品の発注を事実上中断したことが分かった。

最近日本製品に対する不買運動の拡散で、スターバックスで販売中の日本産商品に対する消費者の関心が大きくなったことによるものと見られる。現在スターバックスは日本から『スターバックス・オリガミ・ベランダブレンド』と『ヴィア抹茶』などの完成品を輸入している。

スターバックス関係者は13日、聯合ニュースに「オリガミとヴィア抹茶はグローバルラインナップ商品で、製品の発注量を減らしたり、初めから暫定中止することを検討中」としながら「現在追加発注をしていない」と話した。

スターバックス・オリガミシリーズはコーヒー粉が入った紙フィルターに熱いお湯を注いで飲むことができるようにした使い捨て抽出式コーヒー製品だ。ヴィア抹茶は手軽に『グリーンティー・ラテ』を作って飲むことができるように小包装になった製品だ。

38a289a8-6f5e-4182-a4e9-644da51cb390
スターバックス・オリガミシリーズ


スターバックスが発注中止を検討した背景には販売量の不振も作用したものと見られる。オリガミシリーズの場合、1300店を超える店舗数と比較して1日の販売量が100~200個に過ぎないだけに、事実上ほとんど売れていないということだ。

一方、スターバックス関係者は製品の安全に対する一部の憂慮に対して「オリガミ製品は日本で作っているが、コーヒー豆など核心原材料は第3国で生産したもの」としながら「製品も問題になっている福島とその近隣13県地域と関係ない地域で生産されており、生産地証明と放射能検査を徹底的にして合格したもの」」と説明した。

この関係者は「完成品商品の他に製造飲料には何の日本産原・副材料も使われていない」として「国内の協力会社と共に材料国産化の努力を広げて自社開発を増やして行っている」と強調した。


国内のコーヒー専門店業界1位であるスターバックスが日本産製品不買運動に参加する。

売れなくて発注絞っているのを「不買」って言っていいのかな。