記事翻訳

157052253877_20191008
573周年ハングルの日を1日控えた8日午後、ソウル世宗大路光化門広場の世宗大王像前の訓民正音序文越しに木の板に市民が付着したバラの花が「ハングルを愛して」という文を彩っている。


9日でハングルの日が573周年を迎えるが、外交部傘下の韓国国際交流財団(理事長イ・グン)が運営する国際交流基金に韓国語を海外に普及するための予算が全く策定されていないことが明らかになった。日本は同じ国際交流基金を運営しながらも、毎年560億ウォンを超える金を自国語普及のために使っている。『韓国代表公共外交機関』を標榜する財団がハングル普及、拡散には疎かだという指摘が出ている。

00503024_20191008


国会外交統一委員会のパク・ジョン共に民主党議員がこの財団から提出された資料を見れば、2017・2018年国際交流基金総額はそれぞれ1322億・2079億ウォンだが、このうち『韓国語普及』のための予算は『0ウォン』で、全く無いことが明らかになった。2019年予算でも韓国語普及のための予算は配分されていないことが伝えられた。

韓国と同じく国際交流基金を運営する日本は毎年600億ウォンに近い予算を自国語普及、拡散に使っている。日本は同期間『日本語普及』のための予算として2017年598億ウォン(総予算2130億ウォン)、2018年567億ウォン(総予算2475億ウォン)を策定して日本語拡散に積極的に乗り出している状況だ。

財団は『韓国語普及』が「文化体育観光部の所管」という立場だが、文化体育観光部の韓国語普及のための予算も他の先進国が政府または傘下機関次元で自国語普及のために使う予算水準には大きく及ばない。

パク議員が提供した資料を見れば、文化体育観光部傘下機関である世宗学堂財団は海外の韓国語普及に2017年183億ウォン、2018年181億ウォンを策定した。これさえも日本の自国語普及予算の32%に過ぎない水準だ。2018年に中国はオン・オフライン中国語学センターなど中国語教育や文化・人文・人的・知的交流のための『孔子学院』予算に3500億ウォンを配分して、フランスはフランス語講座の提供及び試験、教師養成などを主導する『アリアンスフランセーズ』事業費に2018年だけで2778億ウォンを策定した。ドイツはドイツ語講座及び教育、教師養成などのための『ゲーテインスティトゥート』予算に5307億ウォンを配分した。

パク・ジョン議員は「財団は韓国語普及に一文も使わずに『余裕資金』名目で2018年だけで811億ウォンを蓄えた」として「余裕資金を過度に蓄えずに韓国語、ハングル普及拡散に使わなければならない」と指摘した。


韓国と同じく国際交流基金を運営する日本は毎年600億ウォンに近い予算を自国語普及、拡散に使っている。

日本は約54億円で、まぁこんなもんだろうと思うけど、ドイツは約480億円も何に使っているの?