記事翻訳

ベトナムのある中学生がフェイスブックに韓国のアイドルグループ防弾少年団(BTS)アンチページを作って活動して摘発されて、学校で有期停学と反省文の公開朗読などの処分を受けて議論が激しい。

8日日刊トゥオイチェーなど現地メディアによれば、ベトナム・ホーチミン市のある中学校に在学中の8年生(韓国の中学2年)Q君は去る6月27日、フェイスブックに『Anti BTS in VietNam』というページを作ってBTSとファンクラブ『アーミー(ARMY)』を侮辱する文と写真を絶えずアップした。

これを見た同じ学校の同級生と卒業生が学校側に知らせて、BTSファンと主張する者たちが学校側に抗議のメッセージを相次いで送った。

このため学校側は運営委員会を開いて去る5日、Q君に全校生徒の前で反省文を朗読するようにさせた。

また去る6日から9日まで4日間の有期停学処分を下して、残り学期の道徳の点数を削ることにした。

この学校の教頭は「Q君に対する処分はK-POPグループの名声のためではなく、若い学生を教育して保護するために下された」と話した。

しかし、このような消息が現地SNSを通じて拡散すると賛否の議論が起きて、苛酷な処罰という指摘が続いた。

Q君の父親は「子どもが悔しいと感じるかもしれない」として「処分が非常に苛酷だ」と明らかにした。

他の保護者は「この学生はわずか8年生で自分の言動がどのような結果を招くのか完璧に理解することができない若い年齢なのに、学校側の処分は過度だ」と主張した。

するとQ君が通っている中学校を管轄する教育庁は学校側に該当事案に対する報告書を提出せよと指示した。

AKR20191108092400084_01_i_P2
反省文を朗読する『アンチBTSフェイスブック』ベトナム中学生



この学校の教頭は「Q君に対する処分はK-POPグループの名声のためではなく、若い学生を教育して保護するために下された」と話した。

ANTI bts in VietNam - Home | Facebook

ふつうにページを削除させるだけじゃダメだったの?