記事翻訳

PYH2014123009420001300_P4
『納品非理』議論の統営艦


魚群探知機水準のソナー(音波探知機)を付けて代表的な防衛産業不正事例で知られた統営艦に新型ソナーが装着される。

13日軍関係者などによれば、防衛事業庁は今週統営艦に英国産80億ウォン台の新型ソナーを付着する予定だ。海軍は3月初めまでソナー運用を試験する。

統営艦は座礁したり沈没した船舶を曳引・引揚する3500トン級救助艦だ。

通常救助艦は船体に装着された船体固定ソナー(HMS)を利用して自ら作業位置を見付けなければならないが、統営館には不良ソナーが付着されて議論になっていた。

2014年海軍に引き渡された統営艦は水中廃棄物の回収作戦に投入された。統営艦は水中目標物を探知するために掃海艦に装着された高性能ソナーの助けを借りなければならなかった。

軍は試験運用の結果が出た後、統営艦の防産不正の余波でソナーを搭載することができなかった水上救助2番艦である光陽艦にも新型ソナーを搭載するのか決定する方針だ。


関連記事



13日軍関係者などによれば、防衛事業庁は今週統営艦に英国産80億ウォン台の新型ソナーを付着する予定だ。

イギリスといえばBAEあたり?