記事翻訳

新種コロナウイルス感染症(コロナ19)が集団発病したクルーズ船『グランドプリンセス』号に搭乗していたバージニアの韓人3人が11日、ジョージア州の軍部隊に移送された。

このクルーズ船舶に妻と義姉の2人と一緒に搭乗していたO氏(80、フェアファックス居住)は11日、「今朝3時にアトランタ空港の隣りにある『Air Force Inn』軍人モーテルに来た」として「2週間ここに隔離されてから出られうと聞いた」と近況を伝えてきた。

この軍部隊はジョージア州ドビンズ所在の空軍基地で、0氏と妻そしてセンタービル居住の義姉などが他の乗客と共に収容された。

0氏は「まるで刑務所にいるようだが、食事も配達してくれて食べている」として「我々は全員元気だ」と話した。

一方、サンフランシスコ湾オークランド港に到着したグランドプリンセス号の乗客2400人余りのうち1407人が10日に下船を完了した。これらの中で1000人余りはアメリカ人乗客であり、200人余りはカナダ国籍者、130人余りはイギリスから来た旅行客たちだ。

クルーズ船から降りたアメリカ人乗客の大部分は軍基地に移送されて2週間の隔離生活に入って、カナダ・イギリスの乗客たちはチャーター機を利用して本国に帰った。

米政府は自国の乗客をオークランド北部のトラビス空軍基地とサンディエゴのミラマー海兵隊航空基地、テキサス・サンアントニオのラックランド合同基地、ジョージア・ドビンス所在の空軍基地に乗客たちを分散収容した。

ただし、症状が弱い20人余りの乗客はサンフランシスコ南側のモンテレー湾アジロマービーチに位置したある建物に収容されたとLAタイムズが報道した。

"刑務所にいるようです" [カナダ韓国日報] 14 Mar 2020

クルーズ船から降りたアメリカ人乗客の大部分は軍基地に移送されて2週間の隔離生活に入って、カナダ・イギリスの乗客たちはチャーター機を利用して本国に帰った。

ダイプリと違ってチャーター機早いなぁ。