記事翻訳

7825243fkuty5meeby34


全世界がコロナ19ウイルスに奮闘中のなか、比較的状況が明らかでなかった北朝鮮の姿が公開された。

先月21日YouTubeチャンネル『Echo DPRK』ではコロナ19以降の北朝鮮の近況をそのまま盛り込んだ映像1本が掲載されて注目を集めている。

映像の中ではコロナ19の余波で3ヶ月の長い休みを過ごした平壌医科大学の学生たちが登校する姿が収められていた。

学生たちはマスクを着用した姿で、校門で防疫と体温をチェックするなど徹底的な防疫手続きを経ていた。

cx6183b552713d7tmy93
40w17st3s047k1056176


北朝鮮YouTuberは彼らをインタビューして、久しぶりに登校した感想と北朝鮮の防疫対処に対する考えを尋ねた。

学生たちは久しぶりに登校をして嬉しいと話して、総じて北朝鮮のコロナ19対処に肯定的な反応を見せた。

彼らは消毒と徹底的な防疫手続きを経たとして、これに対する自負心を見せたりもした。

学生たちが仕切りで分離した机で進行された授業でも全員がマスクを着用しており、時折手に消毒液を塗ったりもした。

12xcr1t6orpi99256z50
80j43ne69pekb097mprd


日本の産経新聞などによれば、現在北朝鮮は自国内の喘息・風邪の患者も隔離するほどにコロナ19対応に強力な措置を見せている。

しかし、透明で強力なコロナ19対応とは異なるように、現在まで発生した確定診断者や死亡の状況などは回避的な姿だ。

先月3日に統一部は現在、北朝鮮当局はコロナ19感染拡散の疑惑に対して確診者数0人を主張して否認していると伝えている。しかし、我が政府が公式的に把握していることとは異なり、北朝鮮では確診者が発生したが公開していないという疑惑が絶えず提起されている状況だ。

一方、最近デイリーNKは北朝鮮当局が住民たちに韓国がコロナ19を意図的に伝染させているという虚偽のウワサを流布しているという状況を把握、報道したりもした。

z2108e0887kb4o8wa94i
98z1b9939b5zc15n70um
m3y7c7buc7v135b5hj11






しかし、透明で強力なコロナ19対応とは異なるように、現在まで発生した確定診断者や死亡の状況などは回避的な姿だ。

まぁ居たとしても絶対に認めないだろうね。