記事翻訳

202005210403_11130924139039_1
アメリカ・ワシントンD.C.近くの韓人タウンに立てられた平和の少女像の姿。


ユン・ミヒャン前正義記憶連帯(正義連)理事長が海外の『平和の少女像』建立を推進して、現地で活動中の市民団体と摩擦をもたらしていたことが伝えられた。アメリカとドイツの日本軍慰安婦関連団体の関係者たちはユン前理事長がこれら団体を無視したまま新しい団体を立ち上げて葛藤が生じたりもして、海外の少女像建立の過程でも現地市民団体と何度も対立したと主張した。

20日国民日報の取材結果を総合すれば、正義連は海外の平和の少女像建立推進の過程で現地団体と充分に論議しなかったものと見られる。議論の中心にはアメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスのグレンデールにある平和の少女像がある。2013年に立てられた『アメリカ1号少女像』だ。現地市民団体関係者によれば、この少女像が市の公共の土地に立てることができたのはアメリカ西部地域で活動してきた『慰安婦行動』(元カリフォルニア州韓米フォーラム)のお陰だった。

慰安婦行動は2007年7月に日系のマイク・ホンダ元議員と共に米下院で『日本軍慰安婦決議案』を通過させることの一助になった。決議案通過をキッカケにアメリカでの少女像設置のための共感帯と寄付金を用意することができた。

202005210403_11130924139039_2
慰安婦行動関係者のA氏ががユン・ミヒャン共に市民党国会議員当選人に2013年8月、アメリカ・グレンデール少女像除幕式以降に送ったEメールの内容。A氏は挺対協が自分たちを無視したまま現地に団体を立ち上げたことに対して釈明を要求した。


しかし、2013年7月の少女像除幕式直後にユン前理事長と慰安婦行動の葛藤が始まった。除幕式に招待されてアメリカに行ってきたユン前理事長が8月のメディアインタビューで現地市民団体の努力をキチンと紹介せずに挺対協の活動だけを強調したためだ。

慰安婦行動関係者のA氏は「インタビューで慰安婦行動の活動に言及しなかったことに対してユン前理事長に不満を示すと『称賛が疎かで申し訳ない』『韓国政府に賞を与えるようにする』というなどトンデモナイ返答だけした」として「酷い侮辱感を感じた」と話した。A氏はまた「ユン前理事長は現地活動家たちとの議論無しに挺対協傘下の支部格である『蝶集会』をアメリカに作った」として「結局は慰安婦お婆さん問題より挺対協の地位を立てるのが優先だったのか」と聞き返した。

202005210403_11130924139039_3
ユン・ミヒャン共に市民党国会議員当選者が慰安婦行動関係者に送ったEメールの一部内容。ユン当選人は慰安婦行動の名前を明らかにせず、現地団体の創設に対して誤解が無いように望むという内容を書いた後「政府に(慰安婦行動の)功績を称賛する方法に対しても問い合わせをした』『我々の称賛が疎かな点に対して申し訳ない気持ち」と書いた。


去年10月にアメリカ・バージニア州アナンデールに立てられた少女像関連の陣痛も続いている。アメリカの慰安婦関連団体の目標は少女像を公共の土地に設置することだった。しかし、正義連が支援するある団体は韓人タウンの私有地に少女像を立てたというのが彼らの主張だ。A氏は「韓人の私有地に設置すれば日本政府は神経も使わない」として「少女像を立てる意味が無い」と批判した。

ドイツでは僑民たちが建立推進委員会(建推委)を結成して2017年3月にバイエルン州ヴィーゼント市のある公園に少女像を立てた。あるドイツ人が所有していた公園に少女像を立てたのだが、数日後に彼が少女像の碑文を撤去した。日本政府の圧迫のためだった。

建推委関係者のB氏は「歴史が記録された碑文が無ければ少女像は只の『東洋の少女』の銅像に過ぎないと判断して碑文の撤去に強力に反対した」として「ところが、ユン前理事長側で『碑文だけ隠せばどうだろうか』という意見を送ってきた」とした。B氏は「正義連はドイツ少女像と何の関係も無いが、何の資格で意見を明らかにしたのか分からない」と指摘した。

正義連はこれらの主張が事実と異なると否認した。正義連関係者は「正義連は海外慰安婦団体と葛藤をもたらしたことは無い」として「ドイツ少女像の碑文撤去の過程に正義連は全く関与したことは無い」と線を引いた。国民日報はユン前理事長にも電話やメールなどで立場を尋ねたが、連絡は取れなかった。


Aさんはまた「ユン前理事長が現地活動家たちと議論無しに挺対協傘下の支部格である『蝶集会』をアメリカに作った」として「結局慰安婦お婆さん問題より挺対協の地位を立てるのが優先だったのか」と反問した。

いつもの団体が増えるヤツ。
数が多ければさらに良いとか思っているからなぁ。