記事翻訳

忠北忠州市民たちで構成された『日帝強占期朝鮮殖産銀行忠州支店建物復元反対市民行動』は13日に声明を出して、「建物復元阻止のために市民運動を広げるつもりだ」と明らかにした。

この団体は「既に寿命の終えた殖産銀行の建物は撤去するべきだ」として「復元をしたり保存措置に乗り出すのは歴史や地域住民の情緒に反する措置」と強調した。

続いて「民族資本収奪の先頭に立った朝鮮殖産銀行の建物復元を決定した忠州市に徹底的な反省と認識の転換を促す」と話した。

AKR20171113088800064_01_i

忠州市は朝鮮殖産銀行忠州支店の建物が文化財庁の登録文化財登載対象に確定すると復元を推進してきた。

市は先月、文化財復元設計用役費を支援してほしいとして国費を申請した。

日帝朝鮮殖産銀行は大韓帝国末期である1918年、漢城農工銀行など6個銀行を合併して設立された機関で、東洋拓殖株式会社と共に日帝が我々の民族資本を収奪するのに重要な役割をした。

忠州城内洞の朝鮮殖産銀行の建物は1933年頃に建立されたものと推定されて、最近まで家具店として活用されてきた。

"民族資本収奪朝鮮殖産銀行建物復元反対" [聯合ニュース] 2017/11/13 13:52

既に寿命の終えた殖産銀行の建物は撤去するべきだ

どうせ反日資料館にするつもりなんだろうから、取り壊しちゃっても良くない?

登録文化財第683号 旧朝鮮殖産銀行忠州支店 - 大韓民国文化財庁


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トイザらス ファストレーン R/C ショベルカー
価格:4318円(税込、送料別) (2017/11/16時点)