記事翻訳

C0A8CA3D0000015BD240B910000224AB_P4

江原江陵で2018平昌冬季オリンピック組織委員会派遣勤務中である30代の修習(見習い、若手)事務官が死亡した状態で発見されて警察が捜査中だ。

7日、江陵警察署などによれば去る6日午後7時40分頃、江陵市内谷洞のあるワンルーム住宅1階でA(33)氏が首を吊って死亡しているのを同僚B氏が発見、警察などに通報した。

B氏は警察で「A氏と連絡が取れないというA氏家族の連絡を受けて宿舎に行ってみると死亡していた」と供述したことが伝えられた。

遺書は発見されなかったと警察は明らかにした。

死亡したA氏は去年9月から冬季オリンピック組織委に修習事務官として派遣されて勤務中だった。

警察はA氏の周辺の人々を対象に事故の経緯を調査中であり、死因究明のために剖検(解剖と検査)をする予定だ。

江源江陵市に派遣された平昌冬季オリンピック組織委員会の修習事務官が自分のワンルームで死亡した状態で発見された。

警察によれば去る6日午後7時40分頃、江陵市内谷洞のあるワンルームで平昌冬季オリンピックの修習事務官A(33)氏が死亡しているのを同僚が発見して警察に通報した。発見当時A氏は首を吊って死亡しており、遺書は発見されなかった。

警察は捜査の結果、他殺が疑われる点が無く、A氏の遺体を遺族に引き渡す予定だ。


30代の修習(見習い、若手)事務官が死亡した状態で発見されて警察が捜査中だ

事務官は5級公務員で、日本で言えば国家Ⅰ種合格のキャリア。
年齢から考えて何度も浪人してやっと受かった公務員なんだろうに…。

日本語版

詳しくは中央日報【<平昌五輪>組織委派遣の見習い事務官、宿所で遺体で発見】で。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

完全自殺マニュアル [ 鶴見済 ]
価格:1258円(税込、送料無料) (2018/1/13時点)