記事翻訳

AKR20180108126000065_01_i

仁川のある大学で20代の学生が自分の車に轢かれて死亡する事故が発生した。

8日、仁川延寿警察署によればこの日午前9時58分頃、仁川市延寿区の仁川大学工科学部の地上駐車場でA(26)氏が後進する自分のトーラス車に轢かれて、頭などを大怪我をして近くの病院に運ばれたが結局死亡した。

目撃者であるA氏の友人は警察で「A氏が運転席から降りた刹那、車が自ら後進した。A氏は後進する車を止めようとしたが倒れて、車(前輪側)の下に轢かれた」と供述した。

警察は当時、事故車両の変速機が『後進(R)』に設定されていたという目撃者の供述を元に、A氏が変速機を『駐車(P)』に設定せずに降りて被害に遭ったものと見ている。

警察関係者は「近くの防犯カメラ映像を確保して分析する一方、事故車両を道路交通公団などに検査依頼して正確な経緯を明らかにする方針」と話した。


「A氏が運転席から降りた刹那、車が自ら後進した。A氏は後進する車を止めようとしたが倒れて、車(前輪側)の下に轢かれた」

若い人での死亡事故は珍しい気がする。
トーラス (Taurus) は、フォード・モーターが製造・販売する、普通乗用車である。

日本では1988年から1999年まで輸入・販売されていた。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フラワーシフトノブ 110mm
価格:4536円(税込、送料別) (2018/1/9時点)