記事翻訳

任天堂が自社のゲーム機スイッチの新商品として『ニンテンドーラボ』を正式発表した。

ニンテンドーラボはダンボール紙製の工作キットを組み立ててピアノ、釣り竿、バイク、ロボットなどの形状をしているコントローラー(トイコン)を作ることができて、ニンテンドースイッチ本体と直接結合して様々な体験ができる。

計5種のトイコン工作キットとスイッチ用ソフトが入った『バラエティーキット』は来る4月20日6980円で発売される。

l_2018011802000834300177021
l_2018011802000834300177022



任天堂はトイコンを自分が望む形態に飾ることができる『ニンテンドーラボ・デコセット』の販売も開始する。マスキングテープ、ステンシル、シールなどで使用者がトイコンを直接装飾することができる。発売価格は980円だ。ホイールとペダルセットなど様々な製品ラインナップが発売を待っている。

また、ラボを直接体験してみることができるラボキャンプを日本東京や大阪などの地で進行する。

ニンテンドーラボの動画が公開されると国内ゲームファンたちの呼応もやはり熱かった。

『お父さんたちがニンテンドースイッチを購入する口実ができた」「驚くべき発想だ。任天堂らしい」「ゲーム界をソニーが掌握したとしても任天堂を愛するしかない理由。本当にゲームだけを考えている会社」などの意見が続いた。

20180118145448_49

ダンボールが任天堂に出会ったら?

任天堂が18日、『ニンテンドーラボ』を全世界に公開しました。ダンボール工作とビデオゲームを結させたのです。ネチズンたちは「アイデアに鳥肌が立った」、「任天堂らしい」という反応です。

20180118144756_33
20180118144833_35
20180118145334_37
20180118145337_38

ダンボール材質のキットを直接組み立てて『トイコン』と呼ばれる特別なコントローラーを作ることができます。このトイコンにニンテンドースイッチ本体とコントローラーであるジョイコンを結合すればゲームを楽しむことができます。

百聞は一見にしかずです。任天堂がYouTubeに公開した映像を確認してください。ニンテンドーラボの魅力にすっかりハマるかもしれません。



どうだったでしょうか?『新概念オモチャ』と呼ぶに値するでしょうか?

20180118145341_42
20180118145343_43
20180118145345_44
20180118145347_45
20180118145349_46
20180118145351_47

ニンテンドーラボは二つの形態で発売されます。バラエティーキットとロボットキットです。

バラエティーキットにはRCカー、釣り竿、家、バイク、ピアノなどのトイコンが含まれて、価格は69.99ドル(75,000ウォン)。ロボットキットは着用可能なゴーグルとバックパック形態のトイコンが含まれて、79.99ドル(85,000ウォン)と言います。

20180118150807_77a16402-9c53-453f-bf6e-5fc41fc82e94 (1)

4月20日に北米地域や日本などで発売されるのですが、韓国の発売日程はまだ分からないそうです。

ネチズンたちは「全世界のお父さんたちのニンテンドースイッチ購入の理由が増えました」、「ゲームをしないが初めて欲しくなった」、「任天堂は本当に天才だ」、「アイデア大当たりだ」、「あれが可能だなんてㄷㄷㄷ」としながら、驚きのコメントを残しました。


4月20日に北米地域や日本などで発売されるのですが、韓国の発売日程はまだ分からないそうです。

韓国はやっとゼルダBOWが発売ってくらいだからなぁ。
夏頃までには出るんじゃない。