記事翻訳

1RVNCTWHES_2

平昌オリンピック開会式に登場した人面鳥が話題に浮かび上がった。

9日、江原道平昌郡の平昌オリンピックスタジアムで開かれた『2018平昌冬季オリンピック』開会式に『人面鳥』が登場して注目を集めた。

この日登場した人面鳥は人の顔をした鳥で、天と地を繋ぐ存在と知られている。

高句麗の德興里古墳の壁画には人面鳥二羽が描かれており、鳥の横にはそれぞれ『千秋之像』、『万歳之像』という文が書かれている。千年、万年を意味する千秋、万歳は人間の無限の長寿を祈って願う用語だ。

したがって人面鳥は千秋、万歳の無限の寿命を夢見る人間の願いが形状化された想像上の存在なわけだ。

開会式後、人面鳥は韓国だけでなく日本でもポータルサイトのリアルタイム検索語上位圏に上がって大きな話題になった。


高句麗の德興里古墳の壁画には人面鳥二羽が描かれており、鳥の横にはそれぞれ『千秋之像』、『万歳之像』という文が書かれている。

日本でもクダンとか人面の獣には不思議な力があるとされるね。
kk_0022480

德興里壁画古墳の前室西壁に描かれた瑞獣(縁起の良い動物を示す)の中で『千秋』の詳細画だ。德興里壁画古墳の前室天井には計18匹の瑞獣が表現されているが、西壁にはその中で千秋と万歳の二匹だけ描写されている。

『抱朴子』{中国の神仙方薬と不老長寿の秘法を叙述した道教の書籍で、東晋の葛洪(283∼343)が書いた}には「千秋の鳥と万歳の獣は皆人の顔に鳥の身体で寿命もその名前と同じだ」という記録がある。

C0A8CA3C0000013786A60E2A000819F7_P2
独立記念館にある高句麗舞踊塚壁画古墳の模写図

ソン・スンファン冬季オリンピック開・閉会式総監督はこの日開かれた記者会見でネチズンたちの間で話題になっている人面鳥に対して「高句麗壁画古墳からアイデアを得た」として「平和を皆で一緒に韓国の古代の姿を表現したかった」と話した。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

図説日本妖怪大鑑 (講談社+α文庫) [ 水木しげる ]
価格:905円(税込、送料無料) (2018/2/11時点)