記事翻訳

611315110012123376_1
Joshua Cooper Ramo

平昌冬季オリンピックの中継放送の途中、『植民地近代化論』に言及した米NBC放送の解説者に対して関心が大きくなっている。

問題の人物はジョシュア・クーパー・ラモで、国際コンサルティング会社キッシンジャー協会の共同最高経営者で副会長であり、フェディックスとスターバックスの理事としても活動している。

ラモは去る9日に開かれた平昌オリンピック開会式の中継の途中、「日本は1910年から1945年まで韓国を占領して、全ての韓国人は日本の文化と技術、経済モデルが発展の過程で重要な手本になったとするだろう」と話した。この発言は韓国人に対する卑下発言として多くの者たちが非難を浴びた。

彼はなぜこのような発言をしたのだろうか?NBCはラモが『アジアの専門家』であるため、平昌冬季オリンピックの解説者として派遣したと明らかにした。ラモは中国と関連が深い。1996年に時事週刊タイムの国際エディタを引き受けた後、2002年に清華大学兼任教授を経て、ゴールドマンサックスに勤務しながら『北京コンセンサス』、『ブランドチャイナ』など、主に中国関連の著述を残した。中国に関しては良く知っているのかもしれないが、アジアの専門家と言うには不足と見られる。

ラモは最近、中央SUNDAYとのインタビューで「平昌のオリンピックの準備は歴代最高だ。韓国の20代たちと話してみれば、その才気のハツラツさにビックリさせられる。韓国はスーパーパワーだ」と言うなど、韓国に対して称賛を惜しまなかった。

彼がなぜ敢えて韓国で開かれるオリンピックで『植民地近代化論』に言及したのかは分からない。オンラインコミュニティではラモが「日本政府と企業から資金をサポートされてアメリカ内で日帝植民支配を美化して、韓国人も有難く感じているなどの主張をして関連本を発刊してきた」という主張が出ている。


問題の人物はジョシュア・クーパー・ラモで、国際コンサルティング会社キッシンジャー協会の共同最高経営者で副会長であり、フェディックスとスターバックスの理事としても活動している。

もうWikipediaにこの件が追加されてた。
これはイルボンガーと言うよりは、中国側からの視点なんじゃないかな?
In 2018, Ramo rejoins NBC Sports as a contributor and analyst for its coverage of the 2018 Winter Olympics in PyeongChang, South Korea.During the opening ceremony, Ramo made an inappropriate, false arguments about Japan and Korea, mentioning "Japan, a country which occupied Korea from 1910 to 1945. But every Korean will tell you that Japan is a cultural and technological and economic example that has been so important to their own transformation.", showing his ignorance about unresolved historical issues between two countries. Upon massive protest, mostly from Koreans and Korean Americans, NBC apologized for his 'ignorant, insensitive' comment, the day after.



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ルパン三世 ルパンVS複製人間【Blu-ray】 [ 山田康雄 ]
価格:4147円(税込、送料無料) (2018/2/11時点)