記事翻訳

PYH2017122406380001300_P4
ソウル鍾路区の旧日本大使館前に建てられた平和の少女像

▲平昌冬季オリンピック在日本朝鮮人総連合会(総連)同胞応援団の有志たちが12日、駐韓日本大使館前に建てられた少女像を訪ねたと総連機関紙の朝鮮新報が明らかにした。

909d2f4a-d6cf-4fd9-92d2-57e516a7131c
《少女像》を訪ねた同胞有志たち

《我が同胞たちも共にいる》

総連同胞応援団の有志たちが12日朝、駐南朝鮮日本大使館前に建てられた《平和碑(少女像)》を訪ねた。

日本軍性奴隷被害者たちを慰霊して正しい歴史認識を確立するためのこの銅像は2011年、ここに建てられた。

良い時も悪い時も我が在日同胞たちがいつも共にいるということを直接伝えなければならないと、有志たちは零下10度の寒さをものともせずに応援団が宿舎を出発する前に《少女像》と出会った。

有志たちは《少女像》を撫でながら、日本の謝罪を受けるまで共に闘争することを決意した。

d86fcdb1-2bb8-4f53-a854-635b847cbc42
日本の謝罪を受けるまで共に闘争することを決意した。

彼女らの善行を見たある南側市民は《在日同胞たちの清らかな良心を見た。日本で立派に戦われることを望む》として、共に良い世界を作ろうと話した。


有志たちは《少女像》を撫でながら、日本の謝罪を受けるまで共に闘争することを決意した。

どうせ挺対協あたりの差し金なんだろう。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

戦後日本の闇を動かした「在日人脈」 (宝島sugoi文庫) [ 森功 ]
価格:699円(税込、送料無料) (2018/2/13時点)