記事翻訳

C0A8CA3D0000015BC6A160090000EE8F_P4

南北の当局者が去る年末、2回にわたって平壌で北朝鮮の平昌冬季オリンピック参加問題を協議したという日本メディアの報道に対して青瓦台が訂正報道を要請した。

青瓦台関係者は19日、記者たちと会った席で「昨日、日本の某メディアが我が政府の当局者が去年2回訪朝したと報道した」として「該当報道は誤報であり、訂正報道を要請する」と明らかにした。

前日、日本の朝日新聞はソウルの情報関係の消息筋を引用して「韓国当局者が中国を経て平壌を訪問した」として「北朝鮮は協議の過程で韓米合同軍事訓練の中止を要求して、韓国政府は北側のこのような要求に応じなかった」と報道した。

また、「韓国政府が(協議の過程で)北朝鮮にオリンピック開幕前の建軍節閲兵式の規模を縮小してほしいと要請した形」としながら「韓国は北朝鮮高位級代表団の訪韓を要請して、北朝鮮はキム・ジョンウン労働党委員長の妹であるキム・ヨジョン労働党中央委第1副部長の訪韓を提案した」と付け加えた。

PYH2018021016110001300_P4
キム・ウィギョム青瓦台報道官


南北の当局者が去る年末、2回にわたって平壌で北朝鮮の平昌冬季オリンピック参加問題を協議したという日本の朝日新聞の報道に対して、青瓦台が訂正報道を要請した。

キム・ウィギョム青瓦台報道官は19日、書面でのブリーフィングで該当の報道に置いて「爪ほどの真実も含まれていない」として「一つ一つ反論するのも煩わしい状況」と批判した。

キム報道官は「南北が事前に奥の深い対話を交わしていれば、ムン・ジェイン大統領が『奇跡のように作り出された南北対話』という表現自体をしなかっただろう」と明らかにした。

続いて「北朝鮮のキム・ヨンナム常任委員長が10日に語った『40日余り前までこのようになるとは誰も考えてさえいなかった』ということも嘘になってしまう」として「初めの部分が間違っていたため、続いた記事は全て虚像の上に建てられた塔ばかり」と強調した。

キム報道官は「報道に対して『事実ではない』と明らかにして静かになると期待していたが、国内メディアがこれを引用して再び報道している」として「こうした誤報が事実として固まって、周辺国の誤解を招かないかと心配になる」と話した。

C0A8CA3C00000160E2BD903B000163EB_P4
南北平昌冬季オリンピック議論


キム報道官は「朝日新聞は我々の客人で、客人に薄情なことをしないのが我々の伝統だが仕方が無い」として「朝日新聞に強力な遺憾の意を伝えて訂正報道を要請する」と明らかにした。

キム報道官は「誤報に対する適切な措置も後に続くだろう」としながら「春の日の薄氷を歩く韓国の大統領と国民の心を察することを望む」と付け加えた。

前日、日本朝日新聞はソウルの情報関係の消息筋を引用して「韓国当局者が中国を経て平壌を訪問した」として「北朝鮮は協議の過程で韓米合同軍事訓練の中止を要求して、韓国政府は北側のこのような要求に応じなかった」と報道した。

また、「韓国政府が(協議の過程で)北朝鮮にオリンピック開幕前の建軍節閲兵式の規模を縮小してほしいと要請した形」としながら「韓国は北朝鮮高位級代表団の訪韓を要請して、北朝鮮はキム・ジョンウン労働党委員長の妹であるキム・ヨジョン労働党中央委第1副部長の訪韓を提案した」と付け加えた。


「朝日新聞は我々の客人で、客人に薄情なことをしないのが我々の伝統だが仕方が無い」として「朝日新聞に強力な遺憾の意を伝えて訂正報道を要請する」

面白いことになってきた。
 韓国と北朝鮮の両当局者が昨年秋から年末にかけ、少なくとも2回、平壌で接触した。ソウルの情報関係筋が明らかにした。韓国は基本的に北朝鮮との交流を禁じており、当局者の訪朝は異例。接触を通じ、北朝鮮は平昌(ピョンチャン)冬季五輪参加と南北対話路線を決めるに至った。米国は南北対話の行方を不安を持って注視しているという。


日本語版

詳しくは聯合ニュース【「南北が昨年平壌で接触」 朝日の報道は「誤報」=韓国大統領府】で。