記事翻訳

C0A8CA3D0000015F248D78330019ED68_P4
サムスン電子


大企業たちが来る上半期に大卒新入社員の公開採用に相次いで乗り出す中、求職者たちが最も選好する企業は売り上げ・時価総額1兆ウォンのサムスン電子と調査された。

13日求人求職マッチングプラットホームのサラムインによれば、最近求職者1092人を対象に『入社したい大企業』に対してアンケート調査をした結果、サムスン電子を挙げた回答者が全体の31.3%(複数回答)で最も多かった。

韓国電力公社(20.4%)がその後に続いて▲ヒュンダイ自動車19.1%、▲LG電子14.6%、▲ポスコ13.6%、▲韓国ガス公社11.6%、▲キア自動車11.3%、▲SKイノベーション11.1%、▲SKハイニックス10.7%、▲CJ第一製糖10.3%などが『トップ10』に入った。

去年のサード(THAAD・高高度ミサイル防御システム)報復などで実績が大きく不振だったヒュンダイ車は1年前の調査時より一階段下落して、グローバルな半導体スーパー好況のお陰で史上最高実績を上げたSKハイニックスは10位内に進入した。

これら企業に入社したい理由としては全体の62.4%が『社内福祉及び福利厚生』と答えて、▲高い年俸(55.1%)、▲会社のビジョン(33.3%)、▲自己啓発などキャリア向上が可能(31%)、▲対外評価など企業のイメージ(23.6%)などの順だった。


このほか大企業に入社するために最も必要な事に対しては『学歴』を挙げた回答者が21.2%で最も多くて、インターンなど実務経験(20.8%)と人材像の符合(17.6%)が後に続いた。

先立って就業ポータルのジョブコリアが先月上半期に新入職の就業準備する944人を対象にアンケート調査をした結果、入社志願を計画しているグループとしてはCJを挙げた回答者が43.2%(複数回答)で最も多くて、▲サムスン25.7%、▲SK 25.7%、▲LG 25.2%、▲新世界23.2%などの順だった。

AKR20180313025900003_01_i


13日求人求職マッチングプラットホームのサラムインによれば、最近求職者1092人を対象に『入社したい大企業』に対してアンケート調査をした結果、サムスン電子を挙げた回答者が全体の31.3%(複数回答)で最も多かった。

でも40~50代でリストラされて、チキン屋始めなくちゃならないんでしょ?
それまで手厚い福利厚生で資格も取って、貯金もしろって事なんだろうけどさ。