記事翻訳

韓国が日本製空気圧伝送用バルブに賦課した反ダンピング関税関連の世界貿易機関(WTO)紛争で、韓国が一部手続き的な争点は負けたが、実体的な争点では大部分勝った。

WTO紛争解決機関(DSB)パネルは12日(現地時間)公開した報告書でダンピングによる価格効果、物量効果などの主要争点に対して、日本のパネル設置要請書が不備であるとして審理せずに却下した。

これによって韓国は反ダンピング関税を維持することができる根拠を確保した。

ただし、パネルは一部の価格効果の分析が不十分で、因果関係の立証を十分にすることができなかったとしながら、ダンピングによる因果関係の争点の一部は日本側の手を上げた。

また、韓国政府が提示した企業資料公開要約本から秘密情報を過度に削除したという手続き的な問題も日本の主張を受け入れて措置を勧告した。

DSBパネルの判定は1審に相当する手続きで、結果に不服とする国家は60日以内に上訴機関に上訴することができる。

空気圧伝送用バルブは自動車、一般機械、電子分野に使われる核心部品で、圧縮空気を利用して機械的運動を起こす空気圧システムの部品だ。

日本製空気圧伝送用バルブは韓国政府が2015年8月に今後5年間11.66~22.77%の関税賦課を決定した時、640億ウォン余りに達する国内市場の70%以上を占めていた。去年には900億ウォン相当の日本製の製品が輸入された。

日本政府は2016年7月、WTOにパネル設置を要請して韓国政府を提訴した。

AKR20180413000451088_01_i


韓国が日本製空気圧伝送用バルブに賦課した反ダンピング関税関連の世界貿易機関(WTO)紛争で、韓国が一部手続き的な争点は負けたが、実体的争点では大部分勝った。

とりあえず課税は維持できるので、実質的な勝利!